ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
ラジオで生演奏生放送((((;゚Д゚)))))))
旧パスポートとの戦い(>_<)
還暦記念亜州鼓魂ライブ
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
労働ビザとの戦い
布衣秋のツアー2018北京麦田フェスティバル
生楽器の新しいレコーディングのやり方
若きアレンジャーにお説教
スタジオミュージシャンのツラいお仕事
香港とイギリスで活動するバンドのボーカリスト募集!!
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2015年5月15日

中央電視台の密着取材

・・・と言っても別にワシを専門に密着しているわけではない。
寧夏が生んだロックスター(笑)老呉(LaoWu)に密着しているのである。

前々から寧夏電視台がわざわざ北京にまで来て密着取材などしてたが、
中央電視台と言うとNHKのようなもので
「ヤツもついに全国区になったんじゃのう・・・」
などと感慨に耽る間も無く、密着はワシにも執拗に及びちょっとノイローゼ気味になるまでそれは続いた(>_<)

ことの始まりは小畑なんかと寧夏に行った時
何やらカメラがずーっと密着しているので、
「ああ、いつもの寧夏電視台だな」
と思っていたら、後にそれが中央電視台であると聞く。

まあ別にどこの電視台でもいいのぢゃが、
やっぱ密着する人によってされる側の負担は大きく変わって来る・・・

担当は若い女の子。
まあ男でも女でも密着される側はそんなに変わらないのぢゃが、
その「仕事ぶり」が非常に@@なのである(ふさわしい言葉が浮かばない(>_<))

「その時一緒にプレイした外国人である渋谷有希子や小畑秀光のインタビューをするから通訳してくれ」
というのはまあいいだろう。

ワシレベルの中国語で通訳って非常に疲れるのよ・・・
でもまあ「人助け」だと思って手伝ってはあげたのだが、
密着は徐々に老呉(LaoWu)からワシの方に移り、
「ではファンキーさんにインタビューを」
ということになる。

そして
「インタビューの前にちょっと取材させて頂けませんか?」
で提示された時間が4時間!!!(◎_◎;)

さすがに「何をそんなに聞きたいの?」となった(>_<)

「どうして中国に来たのかとか、
どうやって老呉(LaoWu)と出会ったんですかとか」
いろいろ言うのだが、日本だと
著書がありますのでそれ読んでください」
で終わるのだが、うーむ・・・中国ではどうすべきか・・・

ふと見るとエンジニアの方言(FangYan)が隣でぼーっと座っている・・・

ワシはすかさず中央電視台にこう言い張った。
「ああ、そういうことなら先に彼に取材して聞いて下さい。彼は全部知ってますから」

「ちょ、ちょっと!!何てこと言うんですか!!」
と突然ワシを睨む方言(FangYan)。

ワシかて4時間喋ってそれと同じこと取材で4時間喋るなんて出来るわけないやん!!

とりあえずその場は逃げて、
「ではインタビューは次に北京にいらした時に」
ということになった。

そもそもがこの企画というのが老呉(LaoWu)たち寧夏のバンドが集まって起こそうとしているロックムーブメント「寧夏制造」の取材で、
5つのバンドをそれぞれ5つの取材班が密着取材し、
それぞれにその「キーバーソン」をも密着取材。

その老呉(LaoWu)の「キーパーソン」というのがこのワシだということだ(>_<)

5月8日、飛行機から降り立ったワシを迎えに来た方言(FangYan)が開口一番にこう言った。
「ここ数日中央電視台がうちの院子に泊まり込んでるんですよ・・・」

その時は別に「へー・・・」ぐらいしか思わなかったが、
そこからがある種「地獄」の始まりだった。

院子に着いたら既にテレビカメラが回っている。

ワシはその朝八王子を出発して、
まずスーパーあずさで一杯!!

0508sake1.jpg

東京駅で乗り換えて成田エキスプレスで一杯!!

0508sake2.jpg

成田に着いて渋谷有希子と合流して、
チェックインしていつもの寿司屋で一杯!!

0508sake3.jpg

この後に日本酒を2本飲んで、搭乗前に缶チューハイを買って機内でも一杯!!

0508sake4.jpg

もう顔ぱんぱんでテレビ出演どころの騒ぎではない(笑)

もともと着いたその日の夜には人と食事の約束があるので、
着いたらその時間まで仮眠しようと思ってたのじゃが、
寝てようと何してようとカメラはワシの部屋まで入って来てそれこそ「密着」する(>_<)

「これはたまらん!!」と早めに出ていつもの麻辣烫(MaLaTang)

0508MaLaTang.jpg

ビールにすこぶる合うのでべろんべろんで帰宅したら、
また「これでもか」とカメラが待ち構えている。

撮ってもいいから
「もう寝ます」
とばかりこてんと床に入るのだが、
「明日は何時に起きますか」
と聞くので
「いつも7時ぐらいには起きますけど・・・」
と答えると本当に7時にカメラが待ち構えている(>_<)

「仕事するから」
とパソコンに向かうと
「何の仕事してるんですか」
といちいちウルサイ(>_<)

そう言えば寧夏のホテルでもずーっと密着してワシの仕事の風景などもずーっと回していたな・・・(涙)

どうせ撮られるならロビーで仕事しても同じだろうとばかりパソコンをロビーに持ち出してコトコトやってたら、
「ファンキーさん、すみませんが部屋で仕事してて下さい」

なんで?・・・

するとしばらくして老呉(LaoWu)がやって来る。

ファンキーさん、新しい曲なんですけどいろいろ相談を・・・

カメラが回っている・・・
ヤラセか・・・(>_<)

それだけではない、翌日は
「どうしてもレコーディングの絵を撮りたいのですが、
すみませんが何かレコーディングしてくれませんか?」

ドラムを組み立ててマイクを全部立ててる方言(FangYan)・・・

「別にヤラセやったらレコーディングするフリだけでええんちゃうん!!」
ワシらの思惑は大外れ、
ブースの中で音決めからドラムを叩く絵を撮り終えた後には、
コンソールルームに入って
「今やってたやり取りをコンソール側から撮りますんで同じようにもう一度やってもらえますか」

0508MicchakuShuzai.jpg

もう方言(FangYan)も泣きそうである(笑)

翌日も胸元にマイクをつけられて、
そのままトイレに逃げ込んでウンコしてたら、
出て来たら老呉(LaoWu)と一緒にずーっとワシが出て来るのを待っていた(>_<)

うんこブリブリを聞いてのか?聞いてたのだな!!(涙)

老呉(LaoWu)とふたりの取材が終わったらワシひとりのインタビュー、
しかもたっぷり2時間!!!(>_<)

もう勘弁してくれ〜とも言えず、
ワシの他の仕事の現場にも着いて来てカメラが回る。

「ファンキーさんはいつも車で仕事に行くんですか?」
と聞くので
「車の時もあるし電車の時もあるなぁ・・・」
と答えると、
「いつもの姿を撮りたいので、では今日は途中から電車に乗って下さい」

ヤラセでわざわざ地下鉄に乗らされるワシと渋谷有希子(>_<)

雨だし機材重いし、
何よりもその「徒労感」でリハ行く前にもうへとへと(涙)

老呉(LaoWu)とのライブは当然ながらステージの上にまでカメラが上がってそれを撮る。
張張との間に立たれたらアイコンタクト取れないから大変なのよね〜(涙)

ライブ中もステージ後もカメラは回る・・・
最後に車に乗り込む時に一言。

「お世話になりました。撮影は今日までなので私たちもう帰ります」

思わずスタッフをハグする方言(FangYan)、
嬉しかったのか、嬉しかったのだな・・・(笑)

「今度は取材なしで食事でもしましょうね」
ワシも笑顔で別れた。

嬉しかったのじゃ・・・(涙)

ヤラセは多かったが、
でも考えてみれば仕事熱心なスタッフじゃ。
こっちがこれだけしんどいんだから向こうはもっとしんどかったじゃろう・・・

いつ放送なのかわからんが、
まあ放送されたらその映像はまたネットで回るだろう。

日本と同じく使われているのはほんの少しかも知れんが・・・(涙)

«新しい記事
ギャラの取りっぱぐれ(>_<)
前の記事»
ピンクフロイドみたいなバンドをやることになった・・・