ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
ファンキー末吉のクメール語教室その2(2行目チャ行と母音と足文字)
ファンキー末吉のクメール語教室その1(最初のカ行)
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
クメール語講座
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2020年9月22日

ファンキー末吉のクメール語教室その2(2行目チャ行と母音と足文字)

前回は1行目の子音「カ行」を一緒に勉強しました。

ファンキー末吉のクメール語教室その1(最初のカ行)

それでは畳み込むように今回もう1行進んでおきましょう。2行目「チャ行」です!!

ច ឆ ជ ឈ ញ

また最初の動画の2行目を見て欲しいのですが、「チョー、チョー、チョー、チョー、おんなじやん!!」という数多くのツッコミありがとう御座います!!(笑)

:チョー(無気音)とりあえずChoと表記します(A子音)
:チョー(有気音)とりあえずCHoと表記します(A子音)
:チョー(無気音)とりあえずChoと表記します(O子音)
:チョー(有気音)とりあえずCHoと表記します(O子音)
:ニョー(O子音)とりあえずNhoと表記します

もうね、文字がもうややこしい!!(>_<)
:コー(有気音)とりあえずKHoと表記します(O子音)

:チョー(有気音)とりあえずCHoと表記します(O子音)
なんてほとんど一緒やん!!
これに後ろの方ではヨーっつうのが出て来るので、その頃には確実に一回気が狂います(笑)

いやそれまでにも数回気が狂うことがあるのですが、今回は更に母音を少々勉強したいと思います。

:A子音だと「アー(aa)」O子音だと「イア(ia)」

ុំ:A子音だと「オ(ム)om」O子音だと「ウ(ム)um」
     (実際にはひとつの文字の上下に丸と棒がつきます)

ិះ:A子音だと「エッ(ヘ)eh」O子音だと「イッ(ヒ)ih」
     (同様にひとつの文字の上と右につきます)

もうね、母音はともかく、その後に子音がついてそれで終わるっつうのん何とかして欲しい(涙)

英語にはあるけど、日本語にも中国語にもこの「末尾子音」っつうのがないのね。
しかもクメール語の場合(タイ語もそうらしいけど)、最後のこの子音を発音する直前に音をそこで止めるらしいのよね!(◎_◎;)

だから当然ながら長年のシンバルの連打で耳が終わっとる私なんかには全く聞こえへんのよね(涙)

ちゃんと発音して欲しいわぁ・・・と言うてもしゃーないので、とりあえず「オ(ム)」の場合は最後の「ム」の口のまま終わる。
つまり「ム」と音を出すとその後に唇が破裂してそれで音になるわけで「オンーーー(ンはムの口で、みたいな)」と口を閉じたまま終わる・・・らしい(涙)

同様に「イッ(ヒ)」も「ヒ」は「ヒ」の母音「イ」まで発音せずに息を出すまでに留めておくみたいな・・・(涙)

ちなみにិះですが、この母音は今から出て来る

ជិះ:「チッ(ヒ)Chih」(自転車とか車とかに)乗る

以外には(今のところ)見たことがないので、まあこの単語だけ覚えておけば〜・・・(知らんけど)
というわけで順序前後してまず

ជិះ:「チッ(ヒ)Chih」(自転車とか車とかに)乗る

母音:A子音だと「アー(aa)」O子音だと「イア(ia)」は

ឆា:これはA子音についているので「アー(aa)」となって「チャー(CHaa)」炒める

ちなみに、ちなみに今まで母音のつかない子音だけで「チョー(有気音)CHo」と「オー(o)」という母音が自動的についていたわけで、ちゃんと別の子音がつく場合はこの「オー(o)」はつかずにその母音、この場合は「アー(aa)」となって「チャー(CHaa)」になるわけです。

同様に次にいきましょう。

ជាこれはO子音についているので「イア(ia)」となって「チア(Chia)」これはよく出て来る「This is a pen」の「is」ですな

そして前回のカ行に戻って

コー(無気音)とりあえずKoと表記します(A子音)に


ុំ


がくっついたら、これはA子音なので「オ(ム)om」となり、

កុំ:「コ(ム)Kom」〜するな!!英語で言うDon'tですな


最後にひとついきましょう!!これが難しい(涙)


ខ្ញុំ


これねぇ〜前回のカ行
コー(有気音)とりあえずKHoと表記します(A子音)らしいというのはわかる!

ុំ:A子音だと「オ(ム)om」O子音だと「ウ(ム)um」だろうというのもわかる!!

でもその間のニョロっとしたのは何やねん!!!
・・・っつうのが実はクメール語のまた面白い(難しいところ)の「足文字」!!!

実はクメール語って頭に子音が2つついたりするのね。
複合子音っつうかダブル子音っつうか・・・

それを表すのに左右に子音を並べるんじゃなく、「足文字」にして上下に並べるのね。

全ての子音(厳密にはひとつを除くなんだけど)にはそれぞれそれが変化した足文字っつうのがあり、今まで勉強した10個の子音の下にそれを足文字にしたものを並べると次のようになります。


ក្ក ខ្ខ គ្គ ឈ្ឈ ង្ង

ច្ច ឆ្ឆ ជ្ជ ឈ្ឈ ញ្ញ


ここまでだと10個の子音の足文字を更にもう10個覚えればいいのだけれども、
子音は全部で33個あり、ひとつを除いて全部の足文字を覚えるとなるとそこで一回気が狂うので、
ここでは足文字に変化した文字が出て来た時に、それが何の足文字かを覚えていくことにしましょう・・・
(私は全部覚えようとして気が狂って、今ではよく使う足文字しか覚えておらず、忘れてるのが出て来たらその都度覚え直している)

はい、というわけで初めて出て来たこの足文字は

:ニョー(O子音)とりあえずNhoと表記します

の足文字なんですねぇ〜

学校の先生(英語で教わっていたので厳密に正しいかどうかわからんが)二つの子音がこうやって並んだ時には、上の子音は30%、足文字は70%ぐらいの力(割合?何じゃ?)で発音するらしく、この

コー(有気音)とりあえずKHoと表記します(A子音)

の下に

:ニョー(O子音)とりあえずNhoと表記します

がついた場合、KHoよりもNhoの方を強く発音するわけですなぁ。

ちなみに前述の通り母音「オー(o)」はつきませんので、

は子音のみ「ク(のウの音まで出さない)KH」と
の「Nh」(ニュみたいな)に母音

それにុំがくっついて、さてこれは「オ(ム)om」なのか「ウ(ム)um」なのか・・・

原則として(ここに例外がいっぱいあるので言語っつうのは難しいわけですが)、これは上の方の文字に影響されるらしく、

がA子音なので「オ(ム)om」と発音するんですな!(◎_◎;)

つまり子音のみ「ク(のウの音まで出さない)KH」+「Nh」(ニョみたいな)+母音「オ(ム)om」で


ខ្ញុំ:「クニョム(KHnyom)」


・・・「私」っつう意味・・・っつうか一番使うだろうこの単語が一番難しいやん!!!(笑)

ところがここまで覚えると下記の単語はもう全部読めるはずなのよねぇ〜・・・これがこの教材の凄いところ!!


ជិះ:「チッ(ヒ)Chih」(自転車とか車とかに)乗る

ឆា:「チャー(CHaa)」炒める

កុំ:「コ(ム)(Kom)」〜するな!!英語で言うDon't

ចង:「チョーンg(Choong)」(紐などを)結ぶ(ジョーンに聞こえる)

Don'tចង់:「チョンg(Chong)」想う、英語で言うWant(ジョンに聞こえる)


ちょっと難しくなりますが、

ឆ្ងាញ់: 「チガン(CHnganh)」美味しい

そしてこんな例文ももう読めるようになるのよ〜


កង់ខ្ញុំ: 私の自転車


ខ្ញុំជាជាងកង់: 私は自転車メカニック


ខ្ញុំចង់ជិះកង់: 私は自転車に乗りたい


កុំជិះកង់ខ្ញុំ: 私の自転車に乗るな!!


はい、この頃まで私は「クメール語って面白いな」と思ってました。
ところが次の授業でダ行になった時、2行と3つの母音でこれだけの例文を作っている教科書、
更に5つの子音と3つの母音が増えたら順列組み合わせで幾つの新出単語や覚えなければならない例文が出て来るでしょう(涙)

さあ、ここまででちょっと「面白いなぁ」と思ったあなた!!地獄に片足突っ込んでます(笑)
共に地獄を味わいましょう〜・・・しゃーないなぁ〜・・・


もし「役に立ったぞ」とか「おもろかったぞ」とか思って頂けましたら、こちらより投げ銭を放り込んで頂けるとありがたいです。
学費の足しにしますm(_ _)m

Ofuse:https://ofuse.me/#users/19097
PayPal:https://paypal.me/FunkySueyoshi
振り込み:みずほ銀行荏原(エバラ)支店
店番号216普通預金1432060
末吉覚スエヨシサトル


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:00:15 | 固定リンク

2020年9月11日

ファンキー末吉のクメール語教室その1(最初のカ行)

カンボジアに来てコロナで足止めされてここで暮らしている。
せっかくだからと3ヶ月学校に通って読み書きはなんとか出来るようになったがまだちゃんと喋れない。

こんな私が人様に教えようとなどというレベルでは全くないのであるが、
中国語と違って、クメール語はネットにその学習のノウハウとか体験談とかがほとんど載ってない(>_<)

これはいち学習者としてネットに残しておかねばと思い立ち、「一緒に学習しましょう」のレベルで、自分なりの学習法を残していこうと思い立った次第であります。

もし「役に立ったぞ」とか「おもろかったぞ」とか喜んで頂けましたら、
下の方に投げ銭のアドレスを置いておきますのでおいくらでも放り込んで頂けると学費の足しになりますm(_ _)m

それではとにかく難解とされてるこのクメール文字を見てゆきましょう!!!

「なんじゃこれは?!」と大勢の方のツッコミを感じております(笑)

まあ「文字」だと思わず、自分とカンボジア人としか通じない「暗号」だと思って、楽しみながら覚えてゆきましょう〜
ではまず子音の1行目、カ行(K)

ក ខ គ ឃ ង

これこそ「なんじゃこれは?!!」とまたツッコミの嵐を感じますが、
上記の埋め込み映像を見てもらえるとわかるように、
「コー、コー、コー、コー・・・」全部一緒やん!!!(笑)

私ら日本人には全部一緒に聞こえますが、これが実は全部違う(らしい)・・・

クメール語は、中国語のピンインと呼ばれるアルファベット表記のような体系立った「これしかない!」という表記法がなく、学習本によって全部表記のやり方が違っている状況なので、ここでは私なりのアルファベット表記とカタカナでなんとなく表記させて頂きます。

:コー(無気音)とりあえずKoと表記します(A子音)
:コー(有気音)とりあえずKHoと表記します(A子音)
:コー(無気音)とりあえずKoと表記します(O子音)
:コー(有気音)とりあえずKHoと表記します(O子音)
:ンゴー(O子音)とりあえずNGoと表記します

以下数行は並び方と、それぞれの有気音無気音、A子音O子音の組み合わせは同じ。
5つ目だけちょっと関係のないのがそれぞれ加わってきます。


それではまず有気音と無気音の違い・・・

これは中国語学習者ならピンと来ると思いますが、
マンガなんかで「ポクはチュコクチンあるよ」みたいな変な発音を見かけたことはありませんでしたか?
中国語には基本濁点の音はなく、「ポ」の無気音を「Bo」というピンインで表してるだけなんですね。
だから中国人の言う「ボ」が、有気音無気音の区別のない日本人には「ポ」と聞こえちゃったんですねぇ・・・

つまり、同じ「コ」という発音を言う時に、息を吐き出さずに言う「コ」と、息を思いっきり吐き出して言う「コ」があるということです。

今はなき李香蘭こと山口淑子さん、私は取材の仕事で彼女のご自宅まで伺ったことがあるのですが、彼女の自叙伝「李香蘭私の半生」は私の人生を変えた本のひとつです。

中に書かれている李香蘭のお父さま、これが本当に中国を愛して、日本人に中国語を教えて暮らしてらっしゃったのですが、日本軍がこの橋を爆破して日中戦争に突入したと言われる盧溝橋事件が起こった時に、
「日本軍のバカ野郎が!!中国語も喋れないくせに!!」
とつぶやく場面があるんですねぇ。

当時日本がアジアブームに沸いていて、中国のアーティストを日本でデビューさせる会社も多くなってた頃ですが、色んな欧米のアーティストと違ってどこか低く見ているところが見えて来る度に、
「〇〇のバカ野郎が!!中国語も喋れないくせに!!」
と私も言いたい、言えるような立場になりたいと思って中国語学習を始めたんです。

話がそれましたが、その李香蘭こと山口淑子さんは、若かりし頃このお父さまに徹底的に中国語を仕込まれるわけですな・・・

本の中にはこの有気音と無気音の話が出て来ます。
この本の中では「七(チーの有気音)」と「鶏(チーの無気音)」を例に出しているのですが、
鼻の頭に紙切れつけて口の前にぶら下げて、紙が揺れるように発音するのが有気音、紙が揺れないように発音するのが無気音!!

ただ、中国語の場合は「鶏(チーの無気音)」のピンインは「Ji」、つまり乱暴に「ジー」と発音しても通じるので、私もこのカ行を最初のうちは
ゴー、コー」と発音してました。
最初のうち、先生もこれを正さなかったので全部これで通せるのかなと思ったら、
ダ行とタ行になって「ダ」と「タ」は違う文字やん(>_<)となって最初から改める羽目に陥ったのでした・・・

というわけで、ここではこのように解説します。

コーの無気音(口の前に垂らした紙が揺れない)
コーの有気音(口の前に垂らした紙が揺れる)

さてそしてクメール語の難しいところに「A子音」と「O子音」というのがあります。

このをそのまま「あまり口を大きく開けずに発音」するのが

「O子音」

人によっては「音の呑み込んでお腹の奥の方から発音するんです」と教えてくれた方もいるが、
実のところ、私自身はこのふたつの発音の区別はあまりわかっておらんのですわ(>_<)

だからとりあえずふりがなはA子音もO子音も全く同じものを振ってはおりますが、
この二つが決定的に違うのは、母音がついた時にその母音の発音が全く違って来るのです。

例えば後で出て来る「」という母音は、A子音についた時には「ア」と発音するし、O子音についた時には「イア」と発音する。
もうね、ややこしくってしゃーないですが、上記のように単体で発音することは(今のところ)あまりないので(ホンマか?)とりあえず簡単にこのように表記しておきます。

さて5つ目のですが、基本的には中国語の末尾子音である「ng』と同じであると(今のところ)解釈しております。
「音(Yin)」と「英(Ying)」の違いのアレですな。

ところがこれも奥が深いと言うか、私も30年中国語を使って暮らしてて、「英(Ying)」の発音がどうして「ヨン」に聞こえるのかが最近やっとその理由がわかった!(◎_◎;)
「イ」と発音すると舌も前の方にあり、音は歯茎のところから出ているけど、「Yi」から問題の「ng」まで行くのに、「ン」の音を呑み込むっつうか、舌が下に下がって音が一瞬のうちに喉の奥の方に飲み込まれて「ング」っとなる時に何やら「ヨン」みたいな音が聞こえて来るのね。
(これ北京人だけ?)

まあこれが末尾についただけでもこれだけややっこしいのに、これが頭について更に母音が後に続くとこれが全くどう発音していいやらわからない(>_<)
とりあえず「」がついたら「NGa」かぁ・・・ほな「ンガー」みたいに乱暴に発音してゆくのだが、母音によっては「ノー」に聞こえるのがあったり、まあ全くカタカナで表現出来る発音ではなくなるわけですな(涙)

幸いながら、私が勉強して来た初級編ではまだそこまで死にそうな発音は(そんなに)ないので、とりあえずこのままの方式で説明を続けさせて頂きます。

私が学校で習ったこの教材のいいところは、こうして覚えた文字だけで例文を作ってくれる。
つまり「よく使う言葉」ではなく、「習った文字だけを使う」という教材なんですな。

だから私は今だに喋れないわけですが、文字を勉強するには非常にいい教材なのではないかと思っております。

この章では3つの単語が出て来ます。

:首
コー(無気音)とりあえずKoと表記します(A子音)

កង:ブレスレット
コーンg(無気音)とりあえずKoongと表記します(A子音)ゴーンに聞こえる

កង់:自転車
コンg(無気音)とりあえずKongと表記します(A子音)ゴンに聞こえる

「首」なんて単語もなかなか使わんけど後でまた出て来ます。
「自転車」も滅多に使わんけど後でちょっと出て来たかな・・・
「ブレスレット」に至ってはこれ以降一度も出て来ん(笑)

まあここでキモとなるのはの上に「」がついて、それだけで読み方も意味も変わって来る!(◎_◎;)

これはもしクメール語が中国語ぐらいメジャーな言語で、色んな人が学習秘話なんかをアップすると必ず書くであろう、クメール語のひとつの大事なポイントです。
「់」を「バントック(Bantoc)បន្តក់」と言って、これがつくと前の音を短く発音する。

・・・と言うより、クメール語は母音にも短く発音する母音もあり、(現在経験した範囲でしか言えませんが)長く発音する方が少ないように感じる。

だから、កង់よりはកងの方が「要注意」と考えた方がいいと思われます。
(現状での私が感じた「コツ」です)

それでは第一回はとりあえずここまで。
間髪置かずに第二弾「チャ行」に行きます!!

この2行と母音を3つ覚えただけで色んな例文が出来るのよねぇ・・・

ここまでは面白かった!!その後は徐々に地獄の様相を醸し出して来るのだが・・・(涙)・・・次回に続く・・・


もし「役に立ったぞ」とか「おもろかったぞ」とか喜んで頂けましたら、こちらより投げ銭を放り込んで頂けるとありがたいですm(_ _)m

Ofuse:https://ofuse.me/#users/19097
PayPal:https://paypal.me/FunkySueyoshi
振り込み:みずほ銀行荏原(エバラ)支店
店番号216普通預金1432060
末吉覚スエヨシサトル


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:07:59 | 固定リンク

内地に位置するプノンペンに島が?!(◎_◎;)

海好きである。
加山雄三の次に海が似合うのはこのファンキー末吉だと自負している・・・(笑)

世界で一番祝日の多い国、ここカンボジアは今「プチュンバン」という、いわゆる「お盆」の時期である。

この15日間に先祖様の魂が自由に行き来することができると言うが、別にこちらにご先祖様がいないワシには全く関係がない・・・

祝日としては今年は9月16日~18日(水~金)が休みとなると言うが、
年がら年中休みであるみたいなワシには全く関係がない・・・

ただ、両親が仕事で預かってくれるところに困っているお子さんをお預かりしているのだが、会社が休みだとそれも休みになる。

国内に感染者がいないとされているカンボジア人はわさわさと国内旅行に出かけるのであるが、
「ロック界の加山雄三」としては行くとしたらやはり海のあるところに行きたい・・・

よく行くシアヌークビルの離島もいいが、やっぱ私としては手付かずの観光地「ケップ」が好きである。

前回思い立った時には、ベトナムでコロナの第二波が来て、国境を接しているこの辺りには行くことが出来なくなっていたが、今はそれも収まってどうやらバスも出ているらしい・・・

いつも使っているバックパッカー安宿を調べてみるとなんと満室!(◎_◎;)

いや、宿の問題だけではない、全国からカンボジア人がここに集結するとなると、地下鉄等の公共交通機関のないここでは大渋滞が発生するのだ(>_<)

あきらめていたところ、何やらここプノンペンにも「島」があるらしい・・・!(◎_◎;)

見ての通り、プノンペンはカンボジアの内陸に位置する。

しかしそこにはトンレサップ湖から流れて来るトンレサップ河、
そしてメコン河がこの辺りで合流するのだが、
そのメコン河の方にダッチ島という「島」(というより中洲?)があるらしい・・・!(◎_◎;)

そんな話をオスカーに行ってしていたら・・・

「私、この辺の生まれだから詳しいわよ」
つい先日、「お金がなくてモノが食べれなくてひもじいの」と連絡して来たあの美女である・・・(ワシの左隣)

クメール語学習再開に向けて、ではメシ食わせてやるから毎日レッスンしろ!!ということになっていたのだが、
この女・・・いかんせん腹が減ってる時しか連絡して来ん(>_<)

腹が減ってない時にはメッセ送っても返事もしよらん(笑)

まあこの日はオスカーに出勤してたのでビールを奢ってあげて(レディースドリンク3.7ドルのうち1.5ドルが彼女たちの収入になる)その話になったわけである。

それならばメシ食わすから案内してくれということになって翌日バイク2台でダッチ島に渡る・・・

そう、この島には至るところからフェリーが出ているのだ・・・
料金1000リエル!!(約30円!!安い!(◎_◎;))

見れば大体の乗客は常連さんなのか定期券を持っているのか顔パスで、
新顔のワシらだけが金を払っているようである(笑)

メコン河!!

フェリーは5分か10分、あっと言う間に着いてしまうのだが、そこから彼女についてバイクで進むと・・・



そうそうこの島では絹の生産が盛んで「シルクアイランド」と呼ばれているという噂は聞いた・・・

1ドルの入場料を払って入ると、そこでは蚕から糸を取って実際に織物を織っていた・・・



中には絹製品を売っている売店もある・・・

まあ別にワシは「観光」をしたいわけではない!!
「ほら、ワシのルックス見てみぃ〜どっから見ても海の男やろ!!」
一生懸命拙い英語でコミュニケーションを取る!!
(これをクメール語でやらんからいつまで経っても喋れんのやな(>_<))

納得したのかしないのか、彼女が連れて行ってくれたところが最北端の「Koh Dach Beach Resort」!!

おお、「Beach」と言えばワシのためにあるような言葉ではないか!!!!

ところが「Resort」とは名ばかりで、砂浜に掘建て小屋みたいなんがずらっと並んでいるのみ(笑)




現地の人はこの泥水で平気で泳いでるし〜!(◎_◎;)









小魚みたいなんを獲ってる人も・・・

まあ泥水ではあるけど汚水ではないようである・・・
なんかメコン河で泳いでて傷口から寄生虫が入ったというブログ記事もあったような気がするが・・・

泳ぐし!!(笑)

美女はワシと違って長ズボンとセーター(なんでや?こっちの人はこの季節にはもう冬装束になる!(◎_◎;))なので食事を頼む(笑)

ワシは水の中からビールを頂く!!

美女は食い終わったらさっさと帰ってしまい(笑)ワシはせっかくなので昼寝!!


いや、外国人誰もおらんけど、地元の人が喜んで宴会してるこの施設・・・ええかも・・・

というわけで、祝日にはお子さん預けてるご家庭連れてここに来るのもええかな・・・そしたら家族で泊まれるような宿泊施設ないかな・・・

とバイクに飛び乗って探しに行く・・・と、そしたら突然の大雨!!!
(写真なし・・・っつうかこっちの雨は凄すぎてそれが出来る余裕はない)

売店でペラペラの雨合羽を1000リエル(約30円)で買って、とりあえず船着場目指して走る・・・

もう豪雨で目も開けてられないほど・・・
・・・っつうことは目が開いてないのでバイクごと田んぼに突っ込む!!(>_<)

カンボジア人は親切やなぁ・・・豪雨の中走って来たバイクのおっちゃんが、ワシのバイクを引き上げるのを手伝ってくれる(涙)

そして気がつくとここは売店の前だったようで、売店のおっちゃんもずぶ濡れになりながら手伝ってくれる(号泣)

おっちゃん身振り手振りで「雨がやむまで中で雨宿りして行きなよ」とバイクを中まで運んでくれる(涙)

もう雨合羽もズタズタ、バイクはかろうじて動くようだが、足に擦り傷がいっぱい(>_<)

消毒してもどうせまた雨に濡れるんだからと、おっちゃんからミネラルウォーター1000リエル(約30円)で買って、とりあえず傷口だけざっと水洗いしとく・・・

おばちゃんも出て来て、バイクのミラーに布を被せてくれる!(◎_◎;)
こっちでは車体は濡れてもミラーだけは守るのか?・・・

とりあえずそのままぼーっと雨が上がるのを待つ・・・

なんかねぇ・・・雨が降る・・・何も出来ん・・・待つ・・・
みたいな悠久の時が流れるこの感じ・・・

思えば最初に中国に行った時にこんな感じやった・・・
日本であくせく働いて、中国に来たらそこには悠久の時が流れる・・・みたいな・・・

ところが中国の高度成長、ロックバブルと共にそれが全く変わってしまった・・・
今ではここカンボジアが自分にとって昔の中国みたいになってんのやなぁ・・・と妙な感慨にふける・・・

雨も小ぶりになったのでフェリー桟橋へ向かふ・・・

・・・ってか桟橋っつうかちょっと河っぺりを削っただけのところにフェリーがやって来る・・・

こちらの人は別にずぶ濡れになっても気にしない・・・
合羽を着ている方が珍しいみたいな状況でフェリーに乗り込む・・・

見ればトゥクトゥクがぬかるみにハマったのを船員や乗客みんなで助けている・・・
のどかやなぁ・・・

時刻表なんかないし、出発時間が決まってるわけでもない。
トゥクトゥクがぬかるみにハマったら船降りて助けるし、
「早よ出港せんかい!!急いでんねん!!」と怒る人もいない・・・

まあ急いだところでこの雨ではどうせ何にも出来んし・・・

思えば中国も昔はそうやった。
あの「身内以外は死んでも気にせん」みたいな中国人が、
トローリーバスが壊れて動かんようになったら、「没办法(しゃーないなぁ〜)」とばかり乗客みんなでそれを押すのを見て感激したことがある。

今では中国人、そんなことするやろか・・・

そして日本人、自主警察の人々やマスクしない運動の人や、みんながみんないがみ合って、こんな素朴な「助け合い」なんてもう滅多に見ることないんとちゃうんやろか・・・

まあ車がぬかるみに入ったりトローリーバスが壊れて動けなくなること自体がないけど(笑)

岸に着いて、またバイクで30分、家に着いて傷口消毒して、ついでに美人女将がいる小料理屋「縁」で焼酎のボトルを入れて体内もアルコール消毒・・・

初めて頼んだスコッチエッグ(卵をメンチカツで包んで揚げたもの)が美味かった〜

よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:07:59 | 固定リンク

2020年9月 6日

続・続・カンボジアFunkyスタジオ計画

前回までの話はこちら

ドラムセットが北京から送られて来た!!

いや〜デカい!!重い!!

ホテルのトランクルームを借りて置かせて頂いてたのだが、
ずーっとそのままだと倉庫代がかさんで仕方がない。
取り敢えずスタジオ予定地に運び込むぞ!!!

・・・というわけで土井さんと連絡を取る。

「ファンキーはん、雨季やろ、あそこなぁ〜雨漏りがひどくてあかんわ」
って湿気はドラムセットには大敵!(>_<)
雨漏りの修理、天井の張り替えからやらないかんな〜と途方に暮れてホルモンを召す・・・

コロナで閉店してたこのホルモン屋「虎二郎」が開店したと聞いてやって来たのよ〜
・・・ってよう考えたらここがカンボジアFunkyスタジオ計画の原点やん!!(◎_◎;)

「上の部屋、まだ空いてますか?」
オーナーの浦さんに恐る恐る聞いてみる・・・

「ああ、若い衆がひとり住んでるけどなぁ〜かまへんで!!追い出すし」

・・・って追い出さんでもよろし((((;゚Д゚)))))))、しばらくの間ドラムを置かせてもらえたらそれでええんです!!

というわけで運送屋を雇ってドラムセットを運び込んだ!!




若い衆カンタ君はお出かけ中だったが、部屋をちゃんと片付けてくれている・・・

それより何より、ナニこの隣の部屋!!

なんとカンタ君の部屋との間の壁には窓があり(今は塞いでるけど)、これってレコーディングブースとコンソールルームの間に窓があるのと同じやん!!

つまり片方にドラム置いて、もう片方に録音機材を置けば完璧に「スタジオ」になる間取りなのだ!(◎_◎;)

しかも、カンタ君の部屋は窓と言うかベランダもあり日当たりがいいが、
日当たりがいいということは音も筒抜けということで、
この隣の部屋には窓がないので、ドラムという大音量の楽器を鳴らすには防音的に最高である!!

これ、スタジオにしてくれ言うてるようなもんとちゃうん!!!

とりあえずお礼の意味も兼ねて打ち上げ!!

手伝ってくれたデクノボウ君には、
「これ内臓、カンボジアにもあるやろ、こっちのカルビの方が高いやろ、お前は高い方の肉食え!!ワシは内臓でええからな!!」
と言いくるめて、ワシはカルビの倍の値段をするホルモンばかりを食う!(笑)



浦さんがとって置きのシマチョウを出してくれた!!(◎_◎;)


「これは試食ということでお代は頂きません、サービスです」
ってサービスしてくれたら飲むしかないやろ〜!!!

それにしてもこの店は相変わらずポスターが面白い(笑)



玄関のキャッチコピーも面白い(笑)

陽の高いうちからベロンベロンになって、浦さんに聞いてみた・・・
「あそこホンマに家賃80ドルでええんですか?」

「いや、家賃なんか要りませんわ!!若いうちからバンドやってて、自分ちに楽器鳴らせる環境があるだけで嬉しいですから」

ってタダ?!!!(◎_◎;)

いや、でも出入りは必ず店ん中通らないかんからなぁ〜
ホルモン大王の異名を取るこのワシがホルモン横目で見ながら素通りするわけにはいかんやろ・・・

実際この日だけで家賃ぶんぐらいの売り上げ落としとるし(笑)

でも本当にここがカンボジアFunkyスタジオになったとしたら、
歴代北京の、そして日本のFunkyスタジオの歴史の中で初めて「ホルモン食いながらレコーディング出来るスタジオ」になるぞ!!\(^o^)/

凄いなぁ・・・次は北京から届いた録音機材を運び込んでみよう(笑)




よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:11:24 | 固定リンク

2020年9月 4日

クメール語学習再開!!

3ヶ月かかって初級の本を一冊終え、忙しくなったので学校を後にした私だが、またヒマになって来たので再開!!
・・・と言っても、もう毎朝5時に起きて一日8時間予習復習に費やす時間はない(>_<)
あの学校は「週一」とか「隔日」とかの履修が出来ないのだ・・・

あと、何とか中国語とクメール語をリンクさせたい!!
つまり中国語インターフェースとしてクメール語を学びたいのだ・・・

というわけで探して来ました!!中国語でクメール語を教えてる先生!!

美人!!しかも日本語も達者!(◎_◎;)

昨日面談に行って来たが、お試し授業で、
「我找他来这儿了、クメール語で何と言いますか?(実際は質問も中国語)」
に対して私は「ជួប」という単語を使って答えたところ、
「それだと"见"!この場合は"រក"を使います」
ってこの単語どっかで見たなぁ・・・そうか"Find"か・・・
「I find him」とか使うことないし、ってか「探しに来た」とは日本語ではあんまし言わん。
つまり英語でクメール語を勉強している限りこの「រក」という単語は脳内に定着することはないのだ!(◎_◎;)

目からうんこ、いやいや目から鱗である・・・

来週から週一でお願いすることになって記念撮影!!

「我很丑了(私ブサイクだから)」と最初写真を嫌がっていたが、いやいや相当の美人ですぞ!!

美人やからやっぱキツいのかなぁ・・・いや中国人の血が入ってる時点でキツくないわけないやろ・・・何せ中国人女性は世界一キツい生物(涙)・・・(当社比)

そしてもうひとり、「お金がなくて何も食べれなくてひもじいの」と言って駆け込んで来た(うちは駆け込み寺かっ!(笑))クメール美女!!

これはこれでまた美人なのだが時間を全く守らん!!(>_<)
しかしまあタカシとかと違って英語が達者じゃないのが助かる・・・

彼女には「毎日メシ食わすから、とにかくこの本(終了した初級の教材)の1ページ目から最後までやり直す!!」

つまり既に学習したこの本の中の600の単語のうち、忘れてる400を掘り起こして来てそれを中国語とリンクさせる!!
それを彼女と実践で喋って定着させる!!
という作業である・・・

そう、外国で暮らしてると、(私の場合)喋ろうとした時にまず中国語が出て来て、それを押し戻して英語を喋るのよねぇ〜
つまり英語とリンクしている限りクメール語はその次になる。

ちなみに日本語とリンクすると中国語を押し殺して日本語に直してからクメール語になるからやはり1テンポ遅れる。
(中国語はもう日本語を介さずに出て来るのよ)

つまり600の単語が全て中国語とリンクすれば、もうすぐに喋るようになるはずじゃぞ!!

無謀だがここで宣言しよう!!
ワシは今月中にクメール語が喋れるようになる!!

まあ思い起こせば中国語も、(独学ではあったが)半年ぐらいでカタコト喋れて通訳ナシで渡航してたもんなぁ・・・

まあ要は頭の中でシノプスが繋がればいいのじゃ!!
繋がれシノプス!!

月末のご報告をお楽しみに〜


ブログ村バナー

よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:10:29 | 固定リンク

2020年9月 1日

高級リゾート地からの無一文での脱出劇

前回の続き・・・

まあ無一文でもカードが使えれば何とかなる。
せめてATMがあれば現金を引き出せる。

どちらも無理でもまあ隣町まで行ってお金を下ろせば・・・ってまたタクシーチャーターして3時間かけてシアヌークビルまで戻るしかない・・・ってか金がないんやからタクシーもチャーター出来んがな(>_<)

ATMのないロン島やロンサラム島では「Cash Back」という看板をよく見かける。
これは店などでカードで買い物をする感じで、店がカードに金額を入金し、品物でなく現金を渡すという商売である。

コンビニかどっかの店でこれをやってる可能性もある・・・
まあホテルでいても何も解決にはならんので、とりあえず外に出て新しい何かと出会うしかない・・・

ところが外に出てみて、そしてGoogle マップで検索してみて愕然となる・・・

この辺・・・車がないと何も出来んやん(>_<)

そりゃそうだ。貧乏バックパック旅でこのにやって来るのなんかワシぐらいなもんで、基本的にこの大リゾート地には中国人の「金持ち」しか来ないのだ・・・(涙)

とりあえずメシでも食ってそこでカード使って、
「ちょっと多めに料金上乗せしてその分現金でCashBackしてくれんか〜」
と頼むしかない!!

それにはまず「外に出る」しかないのだ!!
外に出るには「車」が必要なのだ!!

「バイクとか自転車とか貸してくれるサービスはおまへんか?」
と中国語の流暢なフロントのお姉ちゃんに相談してみる・・・

「おまへん!!(中国語で)」とキッパリ(>_<)

ほなトゥクトゥクでも・・・ってこのリゾート地にトゥクトゥクがおるわけないわな・・・
「ほなタクシー呼んで下さい」

「タクシーもおまへん!!(中国語で)」とキッパリ(>_<)

どないしまんねん(号泣)

ほんまに泣いてたらお姉さんがいいことを教えてくれる。
「ゴルフの電気自動車なら1時間25ドルでチャーター出来ますよ」

動いたらゴルフでも卓球でも何でもええわ!!それ!!!!

って25ドルもないのだが、「支払いはホテルに戻って来た時に」ということなのでこれは「博打」である。

向かいのカジノはコロナのため閉まっているが、パチンコも勝ったことない私でも人生の博打ならもう既に何度も大博打を打っているではないか!!!

電気自動車が来るのを待つ間、お姉ちゃんと雑談をする・・・

「プールはありまっか?バーはありまっか?」
特に目を引いたのがこのフライヤーである・・・

ビール〜スナック〜シーフード〜美女・・・「美女」ってあーた!!(笑)

「ほんまに美女なんかおりまんの?」
お姉ちゃんに聞いてみるが、クスッと笑っておしまい。
その笑顔が全てを物語っている。

「あんさんなぁ〜こんな辺鄙なとこやで、美女なんかおるわけおまへんがな(笑)」
ってな感じであろう・・・

ところが電気自動車が来てみてびっくり!!


こりゃまたどう見ても美人べっぴんさん!!
プノンペンでも見かけんぐらいの絶世の美人ではあるまいか!!!!

もうね、ええわ!!・・・ワシここで暮らすし(笑)

とりあえず1km先のレストランに行ってもらうがそこは閉店中(>_<)

どうやらこの辺は高級なハーバーなのであろう。
金持ちはワシのような苦労をせずに、自分の船でここに乗りつければシアヌークビルやロン島からすぐにここまで来れてしまう・・・



この浜辺はもっと開発されて将来きっと中国人専用ビーチとなるのであろう・・・

そして至るところで見かけるこんな看板のように、
ここら辺一帯はこんな中国人のための一大都市が出来上がるのだろう・・・


ところがここは現在ではまだ開発途中なのでコンビニすらない!!
現地のカンボジア人っつうか人が全くおらんやないの!!(>_<)

何はともあれレストランを探すのじゃ!!
そしてそこでカードを使って食事をするのじゃ!!

って開いているレストランは隣のカジノの向かいのレストランだけ!!

カジノ・・・閉まっている・・・

とりあえずそこで電気自動車を降りて、入り口のおばちゃんに中国語でまくし立ててみる・・・
「UnionPayは使えまっか?カードは使えまっか?!!」

おばちゃんは無表情で首を横に振る・・・(>_<)

ちょっと聞いてみる・・・
「おばちゃん中国人?」

首を縦に振るおばちゃんを見て思い立った!!

キャッシュレスが進んでいる中国ではよく見る光景・・・
それはどうしても現金でしか支払えない場合(もう数少ないが役所等で)、
「すんまへん、WeChatで同額振り込みますんでその額を現金で私にくれまへんか・・・」

もうこれしかない!!

そのためにはこちらで生まれ育った中国人ではダメで、
どうしても中国、しかも香港や台湾ではなく中国大陸(変な言い方)から来た中国人で、中国のWeChatで中国の銀行と紐付けされてなければならない。

「おばちゃん中国のどこから来ましたん?」
とりあえず世間話から始める。

「そうでっか〜武漢でっか〜コロナでは大変でしたなぁ・・・」
から始まって、何とかWeChatも中国の銀行口座も持っていることを突き止めた!!

「ほなメシでも食うていきますわ〜」

ファンキー末吉流としては「まずメシを食う」のである!!
金ならないのである!!
おばちゃんにWeChatで振り込んで、その額をおばちゃんがドルでくれて、それで支払うしか選択肢がないのである!!

いやでもおばちゃんはそれをするしかないのである(笑)・・・

メニューはやはり中国語のみ!!
クメール語どころか英語もない(笑)

値段は少々割高ではあるが、中国の高級レストランではこんなもんであろう・・・

とりあえず久しぶりに中華を食いながら切り出す。
「おばちゃん、ワシ現金ないねん。ちょっとWeChatに振り込むからドルで返してもらえまへんか〜」

おばちゃんも基本それしか選択肢がないのだから渋々承知する(笑)

ところがそこで思い出した!!ワシのWeChatには残高がもうないのだ!(◎_◎;)
焦らず慌てずビールを飲み干して考える・・・

「そうじゃ!!勝山に日本円を送って、WeChatに人民元を振り込んでもらおう・・・」

運よく昨日、8月31日は印税の振り込み日・・・Runnerの印税が少しは入っているかも知れない・・・

「久しぶりでんなぁ〜元気でっか?」

元気なわけはなかった・・・上海の居酒屋勝がいきなり立ち退きになって今移転でてんてこまいらしいのだ!(◎_◎;)

「そりゃ大変でんなぁ・・・ほな大変ついでに(笑)」
というわけで無理言って中国元をWeChatに送ってもらう・・・

「おばちゃん〜WeChat繋がってくれる〜?お金送るし〜」

ドルで200ドルと言うと人民元で1360元ぐらいだが、
「おばちゃん〜ちょっと多めに1500元送るわ〜それで200ドルちょーだい〜」

この非常事態である。1割ぐらいの手数料は支払った方が物事がスムーズに行く。
まあ20ドルと言えば大好きな「重庆辣子鸡」をもう一品追加したと思えば良い。

快諾してくれたおばちゃんにWeChatで1500元を送金するのだが・・・

え?海外でおる外国人のワシからは送金出来んですと??!(◎_◎;)

待て待て・・・まだ何か方法があるはずじゃ・・・

そうじゃ!!
「おばちゃん〜中国の銀行口座持ってる?そこにワシの銀行から振り込むわ〜」

WeChatと中国の銀行口座とは紐付けされていて、勝山からWeChatに振り込んでもらった人民元を、そのまま自分の銀行口座に移し替えて、その銀行口座からモバイルアプリでおばちゃんに送金すれば良い!!

モバイルアプリから初めての人に送金する場合は中国のSIMにメッセージが届いて、そこに書かれている番号を打ち込まなければならないのでSIMを取り替える。

ここで中国のSIMを持ってなかったりすると万事休すであるが、さすがどこかに出かける時はいつもパスポートから何から全部持ち歩いてるのよ〜(笑)

SIMを入れ替えて、受け取った番号打ち込んで無事送金〜・・・と思ったら!(◎_◎;)

「回線に異常があるためしばらくお待ち下さい」ってこれが最後の方法論なんですけど〜(涙)

見ればこの「銀行口座番号に送金」の他に「電話番号に送金」っつうのもある!!
やってみようではないか・・・っつうかやって見る以外に選択肢はない(笑)

送れた!!しかしおばちゃんのところでまたSMSを受け取って色々せねばならんが、今度はおばちゃんの方にショートメッセージが届かない(>_<)

この頃になるとおばちゃん、もう
「この人ほんまにお金送ってくれるんやろか、何じゃかんじゃ言うてタダ食いする気とちゃうやろか」
と思いかけてるのであろう、表情がだんだん変わって来る・・・

いや、その気は全くないのだが、ことと次第によっちゃぁそれをせねばならん事態に陥るやも知れん・・・(>_<)

しゃーないのでダメ元で元の銀行口座方式を試してみる・・・

電話番号方式で、既に1500元引き出されていて、先方が受け取らないと戻って来る方式なので、残があともう1500元ないと銀行口座に振り込めないことになるが、勝山に余分に送ってもらってて助かった〜・・・

送金!!!

そしたら今度は何もせずに成功!!(◎_◎;)
何がよくて何が悪いのかさっぱりわからんが、それでもとにかく金は送れたのだ!\(^o^)/

ところが今度はおばちゃんがそのまま裏に引っ込んで帰って来ない・・・
これってひょっとしてそのまま金持って逃げられた?((((;゚Д゚)))))))

いや、人を疑うもんではない。
おばちゃんはちょうどお勘定をしに行って、その200ドルからお勘定ぶんを引いてお釣りを持って帰って来たのだ!!

いや、現金持ってないおかげで色々散財はしたが、まあブログネタにはなったし楽しかったぞ!!ビールも中華も美味かった・・・ってずーっと戦ってたから味をあんまし覚えてないが(笑)

何より楽しかったのはこのゴルフの電気情動車の運転手の彼女!!!

もうね、このままここで暮らそうかな、彼女が一緒に暮らしてくれるなら・・・(ないない(笑))

ほな帰りまっか〜・・・って金は出来てもはてさてどうやって帰りまひょか〜(>_<)

よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:20:02 | 固定リンク

カンボジア誰も知らない中国人のための大リゾート地

先日紹介されたこの中国人のご一行、カンボジアのある地区で一大リゾート地を開発しているらしい・・・

まあ手伝えることがあるなら何でも手伝うけど、それにはそのリゾート地というものをこの目で見とく必要がある・・・というわけで行ってみることにした(笑)。

日本人はもちろん、カンボジアの人も知ってる人はほとんどいない。
ところが先日知り合いになった中国人の友人がここにリゾートに行っていた!(◎_◎;)




ってどこやねんここ!!

本人に連絡して場所を聞くと、どうやらシアヌークビルから車で3時間ぐらいの場所らしい・・・

「それはそうとどうやってここのこと知ったん?チラシかなんか見たん?中国語でええから送ってくれん?」

「チラシなんかないわよ」

チラシもないのに何で知り得るわけ?!(◎_◎;)さすが中国人ネットワーク・・・

彼女は家族と一緒に車で行ったそうで、じゃあレンタカーでも借りて行きますか〜と思ったらわしの国際免許が期限切れとる(>_<)

例の中国人に「どうやって行くのん?」と聞くとこんなんが送られて来た。

なるほどね、プノンペンからバスが出てるのね。
しかも発車地が中国人の多いダイヤモンド島やらNAGAカジノやら、さすが中国人専用のバス(笑)・・・

ところがよくよく見てみると、これって火曜日に行ったら次の日曜日まで帰れんやないの!(◎_◎;)

他の情報を送ってもらったら、どうやらシアヌークビルから船も出てるらしい・・・

7月の情報だが、8月も同じく月曜日の朝11時に出発らしい・・・

ほな今すぐ夜バス乗って月曜日に着いたら翌日には行けるやないの〜
ほんで帰りはそのプノンペン行きのバスが水曜日言うからちょうどええやないの〜

・・・というわけでシアヌークビルまでやって来た!!

前回来た時には「街中工事現場」という感じだったが、それよりは少し落ち着いて来たような気がしたが、それは多くの建設現場がコロナのために工事を中断しているだけの話で「街が終わっている」というのは相変わらずだった。

まあ街外れのこの常宿は、少々マイナーチェンジをしてはいたが、何とか良きシアヌークビルが残っている唯一の場所であった・・・

そして次の日の朝の船に乗ってそのリゾート地とやらに行くべくその船の会社に電話してみる・・・

問合せ先に電話しても中国語で通じるし、チケットは船の中で金払えばそれでいいと言うので、ほな明日そのリゾート地とやらで〜ということで電話を切った。

しかし老人バックパッカーとしては「そんな高級リゾート地で2泊もすんのイヤやなぁ・・・何とか明後日行きにして1泊で帰りたいなぁ・・・」などと思っていたのだろう、見事にその船を乗り過ごしてしまった(>_<)

まあ地図で見るとロン島から目と鼻の先なので、ロン島まで行ってボートタクシーにでも乗って行きますか〜というわけでその手前のロンサラム島!!

ところがそんなに簡単にはロン島からそっちには渡れんかったのよ〜船チャーターしたらむっちゃ高かったのよ〜(>_<)

というわけで一度シアヌークビルまで戻ってそこからタクシーをチャーターしてやって来た!!←イマココ(笑)


そしてその道すがら街中にベタベタ貼られている看板を見てびっくりした。
西港省人民医院」という、いわゆる中国人のための病院の宣伝だろう・・・

しかしこの「省」というのはどういうことだろう・・・
考えれば考えるほど背筋が寒くなる。

カンボジアにとってシアヌークビルは「州」である。
ところが中国の行政単位である「省」という文字を使っている・・・

西港というのはシアヌークビルのことであるから、
「シアヌークビル省の中国人のための病院」
ということである。

まるでシアヌークビルを自国の行政単位に入れているかのような物言い・・・

日本人がハワイに「日本国ハワイ県日本病院」とか建てるようなもんではないか?!!

中国に「上海県日本病院」みたいなのを作って街中にバンバン張り紙してたらこれ・・・普通国際問題になるやろ・・・

それがならないのがカンボジア。
この国は、そして特にこの街はもう中国のいち「省」であるかのような街であるということを象徴してるような出来事のように思えて仕方がなかった・・・

4号線から48号線に入って、この看板のところを曲がるともうあと1時間!!
しかしその1時間の間に何もない!!(笑)

ここから先は「ボタムサコール国立公園」と地図には書かれている。
しかし調べたらこんなニュースが飛び込んで来た。

カンボジアの森林つぶして中国人がカジノ建設〜ロイター時事

この国は国立公園を中国に売り渡すのか!(◎_◎;)

そして何もない道を1時間、いくつかの中国語の看板を通り越すと、工事現場が現れて来る・・・中国は本気でこの一角を「中国」にしてしまうのだろう・・・




ここにリゾートに来たと言うご夫婦が泊まったホテルに着いた。

むっちゃ高級やん!!(◎_◎;)




中国のツアーでフェスティバルなんかの時に泊まらせてくれるホテルに居心地がまるでそっくり!!

部屋のルームサービスのメニューが中国語であるだけでなく、
特筆すべきはこれ!!

ここカンボジアではヨーロッパと同じく1階はグランドフロア(G)、そして2階がファーストフロア(1F)となる。つまり101号室は日本や中国で言う「2階」にあるのがここカンボジアなのに対して、このホテルは中国と同じく1階に101号室があり、2階に201号室がある!(◎_◎;)

向かいはやっぱカジノ・・・

チェックインしようと受付のお姉さん相手に英語で喋ってたら全く通じないので中国語で喋ったらむっちゃスムーズに通じる!(◎_◎;)

聞いたら中国人ではなくカンボジア人なのだが、それにしても中国語が上手すぎる!(◎_◎;)

ここは全く中国!!・・・というわけでもちろん銀聯カードUnionPayが使えるのかと思ったら、
「この辺は通信状況がよくないのでカード類は一切使えませんのよ」

!(◎_◎;)

ワシ・・・そんなに現金持って来てないがな・・・「ATMはありますか?」

「この辺にはありません」

!(◎_◎;)

とりあえず持ち金でホテル代だけ払って、明日帰るバスの予約をしてもらう。
15ドルだと書いてあるから、手元に15ドルだけでも残れば何とか帰れるということである。

流暢な中国語でバス会社に問い合わせてくれたお姉さんが言うことにゃ・・・

「この運行スケジュールは既に変更されていて、次のプノンペン行きは土曜日です」

!(◎_◎;)

文無しでこの高級リゾート地に何泊も出来るわけおまへんがな!!
・・・ってか現在この状況で現金もない、カードも使えない、ATMもなかったら実質ワタシ帰れまへんがな・・・(涙)

続く・・・


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:17:53 | 固定リンク