ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣2021年ツアー内モンゴル自治区「フフホト」
全中国ひとりドラムツアー2021年山東省「兖州」
全中国ひとりドラムツアー2021年山西省「大同」
布衣2021年ツアー河北省廊坊
オープンハンドへの道
布衣2021年ツアー河北省秦皇岛
布衣2021年ツアー遼寧省大連
全中国ひとりドラムツアー2021年四川省「徳陽」
全中国ひとりドラムツアー2021年四川省「綿陽」
布衣2021年ツアー遼寧省瀋陽
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
クメール語講座
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2021年7月30日

布衣2021年ツアー内モンゴル自治区「フフホト」

ツアー最終日、最後の移動!!・・・これがまた遠い(>_<)

7時半に起きて4台のタクシーに分乗していっぱい荷物を運んで廊坊駅へ〜

なんか北京で政府の大きな会議かなんかやっとんのか北京方面行きは駅でのセキュリティーが厳しく2回も荷物検査を行うのよね〜(>_<)

次の駅やけど北京で乗り換えてこんな行程〜

いざ出発〜!!

中国は発射直前にゲートが開いて、それからやっとホームに出て列車が来るのを待つ〜

北京乗り換えは、着くのは北京南駅、次の列車が出るのは北京北駅(そんなん出来たんや?驚)という分でこんな行程〜

西直門までの地下鉄でまた並ぶ〜(>_<)

また荷物検査されるけどパスポート見せて「いつ入国したんやスタンプ見せろ」とか言われんでええだけマシ〜(笑)

地下鉄〜!!

結構混んでるのよ〜(>_<)

ワシは席を譲られる前に椅子にもなる自前のトランクケースに座る〜(笑)

着いたらまた高速鉄道への乗り換え〜・・・

バリアフリーじゃないと辛いのよね〜(>_<)

こんな駅出来たんや・・・

そこでまた荷物とパスポートチェックしたら、そこからはただひたすら列車に揺られる〜

私がプロデュースしてた零点というバンド(中国ロック史上一番金を稼いだと言われている日本で言うとサザンみたいな?)の、中国の民謡とかをカバーしてる風雷動っつうアルバムの中に「牧歌」ってのがあって、モンゴルのこの雲を見たらその曲が頭に流れて来た・・・
レコーディングの時に聞いて「心が溶ける」ような思いがしたのよねぇ〜・・・

蓝蓝的天空
上飘着白云
白云的下面
跑着雪白的羊群

青い空の上に白い雲が漂い
白い雲の下で真っ白な羊が走る

・・・ってライブハウスには青い空も白い雲も羊もおらんけど〜(笑)

(外国から見れるかな・・・)

昼過ぎに着いた〜・・・湿気もなく過ごし易い

街には中国語の他にモンゴル語も併記されている・・・
これだけ見ると他民族がうまく共存してるように見えるのだが・・・(以下自粛)

そのまま小屋に入ってセッティング〜

結構広い・・・

リハ終わってモンゴルミルクティーで一息!!癒される〜・・・

これは本場のヨーグルト!!
小米(あわ)が入ってます・・・

ヨーグルトラーメン!!(◎_◎;)
もちろん羊の乳から作ったヨーグルトでしょうが、結構美味い!!

しばし休んで本番〜!!
いや〜暑かった〜(涙)

ドラムソロ!!

打ち上げはライブハウスのオーナーがモンゴル串焼きをご馳走してくれた〜\(^o^)/

ちなみに私は前回は風邪ひいて寝込んでたのでこの街は会場とその隣のホテルしか知らなかったが、今回初めて外に出た(笑)

モンゴルの羊肉〜やっぱ全く違う!(◎_◎;)

お隣の東北地方では細い串に小さく切った羊肉を刺して焼くが、この豪快さは初めて!(◎_◎;)

東北名物のこれはさすがによう食わん!!(涙)
なんかのサナギやな、噛むとプチュっと中の汁が出て来てキモチワルイ(>_<)

またヤオヤオ君こんなもん頼むし〜(>_<)

ちなみにインスタントラーメンを茹でてから炒めて出すというこの料理はここフフホトが発症だとか・・・知らんけど(笑)

どういう経緯か知らんが打ち上げに元スチュワーデスという美女が紛れ込んでいて、「一緒に写真を」とせがむので、ワシに惚れとるのかと思ったら全員の写真を撮っていた(笑)

俺がそんなにモテるわきゃないよ、っとくらぁ〜

大串でも一本60円って安い〜!(◎_◎;)

むっちゃ美味かったぞ〜きっとその辺の草原の羊を獲って来てすぐ捌いて焼いているのだろう〜(笑)

というわけでとりあえず21本お疲れさん自分!!(笑)
今年はあと38本頑張ろう〜!!

ステージ写真

いっぱい入ったなぁ・・・

お土産は粉末モンゴルミルクティーを買いました〜
お湯に溶かすだけで気分はモンゴル!!

2021年6月27日

Posted by ファンキー末吉 at:10:27 | 固定リンク

2021年7月28日

全中国ひとりドラムツアー2021年山東省「兖州」

山西省大同から飛行機で山東省済南まで〜

2時間の〜着いたら誰も迎えに来てないし〜(>_<)

待つこと30分、やっと迎えが着いて、例によって知らない人の車に乗せられる〜(笑)

兖州って聞いたこともなかったし、読み方も辞書引くまで分からんかったけど(笑)、
位置的には行ったとこで言うと済南と徐州と临沂の間にあるのな・・・

車で移動すること3時間、兖州に着いたのは夜中の12時だった・・・(>_<)

ホテルに入らずにそのままメシ!!ビール!!!

それにしても二人でこんだけ頼むのんってどう見ても頼み過ぎやろ〜(>_<)

とりあえずホテル入ってバタンQ(死語)
この仕事って中国の場合ドラム叩くより移動の方が大変なのよね〜(涙)

翌日ホテルの窓から見てみると、名も知らない小さな街が非常に大都会である件について!(◎_◎;)

習近平首席が先日の人民大会で「ちょっと前まで数億人いたご飯も食べられない人民は一人もいなくなりました」と演説してたそうだが、中国は本当に豊かだなぁと思う・・・


昼メシはまた迎えに来てくれた人が来て、地元料理の店へ〜

ってやっぱ二人でこれはどう見ても頼み過ぎ〜(>_<)

またホテルに帰って一休みしてからやっと会場入り〜!!

ナニコレ?広っ!(◎_◎;)

炎天下の中チューニングとセッティング〜

このビニールシートって何なん?と思ったらドラムセットがいっぱい!(◎_◎;)

陽が落ちて涼しくなったらビニールシートを外される〜・・・おおお、何と壮観な!(◎_◎;)

イベントが始まったら一番前のVIP席に座らされる〜・・・と思ったら壇上に上がってスピーチをしろと!(◎_◎;)
いや〜動画は撮れてないけど面白い見せ物やったと思うぞ(笑)

出番まではその席でずーっと演目を見てたのだが・・・

おばちゃん達が踊りながら太鼓叩く演目・・・終わったら司会者が、
「一番ご高齢な方は何と60歳です!!」
と説明していたが・・・ワシ当年取って62歳(>_<)

つまり全員歳下なのね〜(笑)

中国太鼓の演目・・・いや〜中国人はやっぱ中国の楽器やらすと上手いなぁ〜・・・

VIP席の隣に座ってた美女が指揮をする打楽器チーム・・・

何とこの美女は小学生の頃、青島のワシのクリニックに来てたらしい・・・!(◎_◎;)
その時の映像・・・

この動画を見せられてもあまりはっきり覚えてないが、
基本このような仕事で「何かアドバイスを」というのが一番困る(>_<)

親が金出して子供が習いに来てるのだ。
「うんうん上手いねぇ」
以外に選択肢はない!!(>_<)

もし辛辣に批評でもしようものなら、
「もうドラムなんて習わない!!」
となって、結果そのドラム教室の売り上げを減らすことになってしまうのだ・・・

映像を見るに、
「スティック回すの上手いねぇ・・・先生はそれ出来ないんだ」
と言って褒めたのではないかと思われるが、
その女の子がこんなに大きくなって、立派な先生(?)となってこうして子供達の演奏を指導しているのを見ると、時代の流れを感じると共に、えも知れぬ感慨深さがあるのう・・・


さて、ステージでのツッコミどころとしては、ギこのター教室の生徒の演奏・・・これではギターは観客に聞こえんぞ(笑)
まあ参加することに意義があるのね・・・

大体はドラムもこのように大勢で一緒に出演するのだが、11歳の上手い子供はひとりで演奏していた・・・

打ち上げは山東の文化、屋台で串焼き〜


翌日はドラムクリニックというので、ここのドラム教室でやるのだろうと思ってたら何と劇場?・・・ってか映画館?!(◎_◎;)

すると、昨夜指揮をしてた美女も・・・!(◎_◎;)
中国太鼓が置かれていて、これが映し出されているということは彼女も今日一緒にやるのね・・・

ってか単なる打楽器の先生かと思ってたら、世界中の色んな賞を受賞してる打楽器奏者で、今はミュンヘン音楽大学に留学中?!(◎_◎;)

私のクリニックが終わって彼女の番となっての模範演奏・・・

ナニコレ?!!スネア上手過ぎ!(◎_◎;)

絶対ワシより上手いし!(◎_◎;)

実はもう30年ほど前になるだろうか、「ファンキー末吉 よく効くドラムクリニック」というドラム教則ビデオを出したことがあるんだけど、それをクラシック界で活躍する友人に見せたところ、こう言われた。

「いや、凄いことやってるんかも知れんけどな、表現が空間的じゃない」

この意味が私にはしばらく分からなかった・・・
だが当時Jazzにどっぷり浸かってがむしゃらにやり続けていたら、そのライブを見に来たその友人がこう言った。

「どしたん?全然ドラム変わったやん!(◎_◎;)・・・むっちゃ歌うようになったなぁ」

そして掴んだ。「ドラムで歌う」ということはどういうことか、「空間的な表現」とはどういうことか・・・

それをこの22歳の美女は既に習得していて、押しては引き、引いては押しての「表現力」を身につけている!(◎_◎;)

特に「押し」の時のニュアンスが「ロック的」だと感じるのは私だけ?
もしそうだったとしたら、小さい頃私のドラムを聞いて「影響を受けた」とも言えるかも知れない・・・

そうであれば嬉しいのだが・・・

中国太鼓も素晴らしい!!

記念撮影して終了!!

打ち上げは昼から地元料理のレストランで〜・・・ってかこれも頼み過ぎ(>_<)

ワイン飲んで酔い潰れて、ホテルで寝てたら起こされて晩メシ〜って同じレストランで同じメニュー(>_<)

いや〜忘れてた・・・山東省は中国で一番酒の消費量が多い高知県のようなところやった〜・・・(涙)

ひと部屋では入り切れないので隣の部屋にいたスタッフが飲ませにやって来る〜

なんでBGMがクラシックなん?(笑)・・・と思ってたら・・・

テレサテン!!!(◎_◎;)

偉い人が脱いだらワシも脱ぐ!!(笑)

そうそう、私は異国であるここ中国でこうして生きてられるのはこれがあるからである。

お隣の偉い人(実はあの美女のお父さん!(◎_◎;))が裸になってるのに、隣の私が脱がなかったら私だけが「偉い人」みたいで居心地が悪い。

偉い偉いと持ち上げられる人は、時にはこうやって地に落ちた方が(笑)余計に好かれるということを何となく体感して来た私なりの処世術である(笑)

さて一緒にアホやってる合間に真面目なお話・・・
「あなたの娘さんの演奏は本当に素晴らしい!!」

お父さんは笑いながらこう返した・・・
「小さい頃にあなたの演奏を聴いたのは大きかったと思いますよ」

これには私自身がとても感激した。

この人もそうだが、私の演奏を褒めてくれる時によく「爆発力(BaoFaLi)」という言葉が使われる。
つまりは「ロック」ということである。

贔屓目かも知れないが、彼女の演奏から何やら「ロックスピリッツ」を感じた原因が、小さい頃聴いた私の演奏だったとしたらこんなに嬉しいことはない。

長い間この活動をやり続けて来て、こんな副産物・・・
特に、少しでも私から影響を受けた子供がこうして世界レベルの打楽器奏者として活躍しているということは非常に嬉しいことである。

このことはまた改めてブログにまとめたいと思う・・・

彼女の他の場所での演奏映像

兖州の皆さん!!ご馳走様でした!!!

2021年7月25日

Posted by ファンキー末吉 at:12:42 | 固定リンク

2021年7月24日

全中国ひとりドラムツアー2021年山西省「大同」

この仕事はこの一本のメールから始まった・・・

相変わらずこれが誰なのかさっぱり覚えとらん(笑)

まあ誰からもらったって仕事は仕事なのでそのままとんとん拍子に仕事が決まって当日!!
指定された飛行機の飛び乗って、初の大同入り〜

例によって初対面の人の迎えの車に乗って、とりあえず会場入り〜

ポスターを見るにこれはドラムバトルかなんかのゲストなのね(笑)(相変わらず着くまで詳細がわからん(>_<))

活動(HuoDong)は明日の午前中らしいので、今時間があるならとチューニングとセッティング〜

DWもあったけど、ヘッドがこちらの方が良かったのでTAMAを選ばせて頂いた〜

TAMAと言えばこんな思い出がある・・・

まだ爆風スランプがデビュー前の頃、何とかドラムのモニターにさせてもらえないかとTAMAに電話をしてお願いしたことがある。
その日は名古屋でライブだったので、
「何とかライブを見に来てもらえませんか」
と電話したら、担当者は、
「あんたねぇ、ひとりモニターを契約すると会社がいくら金がかかると思ってんの?」
と鼻であしらわれた(>_<)

まあ担当者も一生懸命仕事をしただけなのだろうから今となっては笑い話だが、そんなこともあってTAMAのドラムセットは私にとってはイメージが悪い(笑)

中国語で「他妈的(タマーダ)」という貶し言葉があり、ライブハウスなんかだと
「今日はTAMA的鼓(TAMAダグー)ね、他妈的(タマーダ)」
などと冗談を言ったりするが、まさか人様の仕事で呼ばれて初対面でそんなことを言うわけにはいかない(笑)

一生懸命チューニングさせて頂いた・・・

ここから徐々に状況がわかって来るのだが、どうやらこの会場に生徒が入って90分クリニックをやって頂きたい、と。
生徒は200人近くいるので、2回に分けて2セットやって欲しい、と。

いつもは10人から20人ぐらいの生徒にクリニックするので、許魏の「蓝莲花」という曲を題材にして、初心者用に8ビートのドラムの叩き方を大体60分で解説する。

その時には順繰りに生徒をステージに上げて叩かせるのだが、100人近くいるならそれも出来ない(>_<)

またひとりひとりに練習台があるわけではないので、基礎練習とかを中心に教えるわけにもいかない・・・

「多くの曲を演奏してくれればいいんです。みんなFunkyさんのドラムを聞きに来ますから・・・」

って、そしたら毎度の「ひとりドラムショー」を90分のフルでやればいいのか?・・・うーむ・・・初めての状況なのでちょっと考えよう・・・

メシ!!

会場であるホテルのレストランのVIPルームに連れて行かれたのだが・・・ナニこのテーブル!(◎_◎;)

こんな大きな円卓では真ん中の方は箸が届かないので花を飾ったり色々してるのは見たことがあるが、この大同の城壁の街を再現した模型というのは初めてである!(◎_◎;)

食事が始まる・・・料理を全部いっぺんに撮るのは難しいので、ひとつひとつこの模型をバックに撮ったらなかなか面白いぞ・・・


ポートレートモードで後をぼやかせてみる・・・(笑)

かくしてこの日は終了〜
翌日は8時半からという異例の早朝ドラム!!(笑)

ところがバンダナを忘れたことが発覚して、地元で何とか入手してもらったら・・・

青年共産党員とか子供とかがよく首に巻いてる赤い布?・・・
このドラム学校のTシャツもお借りしてカラフルなコーディネートになりました〜(笑)

お客さん・・・いや生徒さんが集まって来る・・・


ここで私が考えたメニューが、

1、Vision Rocks

これやな

これは内容を説明してるとそれだけで終わってしまうので、挨拶がわりに演奏するだけで、「まずドラムの基本」ということから入って8ビートの説明をして次のこの曲!!


2、許魏「蓝莲花」

これやな

このライブ版だけでなくオリジナルも私が叩いているので、その本人から直々にこのゴーストノートやら色々説明して、挙手制で数人に叩かせる・・・


3、ムルンピョ

これやな

この映像は実際に北朝鮮の少女が叩いたものだが、ゴーストノートを強く叩くとこんなリズムになるという説明をして、私自身が叩く・・・


4、X.Y.Z.→A「Spreading Your Fire」

それではテンポを速くしてハイハットを4分音符で叩いてみましょう〜・・・と挙手制で生徒をステージに上げて叩かせる・・・

「では62歳のヘビーメタルをお楽しみあれ」
はいつどこで言ってもウケるなぁ〜・・・

ここにいない二井原さんは今日も絶叫しています〜

(X.Y.Z.→Aの曲はこちらからダウンロード販売出来ます)


5、X.Y.Z.→A「Incubation」

先程のツーバスの説明をしてから、別のツーバスの踏み方ということでこの曲!!
ここにいない橘高さんも弾きまくってます〜(笑)

(X.Y.Z.→Aの曲はこちらからダウンロード販売出来ます)


6、布衣「我爱你亲爱的姑娘」

これですな

まあオリジナルは私が叩いてるのではありませんが、作曲して一応大ヒットしたということで〜

これは簡単な6/8なので生徒も挙手制でステージに上げて叩かせる〜・・・


7、汪峰「存在」

これですな

ええ曲やなぁ〜(涙)
私が叩いてるんですが、カンボジアの箱バンがこの曲を演奏してたのにはびっくりしたなぁ!(◎_◎;)
思わずドラマーに「ワシが叩いとんねん!!」と言いそうになった(笑)

同じ6/8でも裏拍やゴーストノートを多用した別のリズムですな。
一応挙手制で叩かせたりもした。


8、7th Door To Heaven

もう教えるのもこのぐらいでええやろ〜とばかり生徒を置いてけぼりにすること覚悟で7拍子〜

(この曲のオリジナルバージョンはこちらで、Jazzトリオバージョンはこちらで購入出来ます)

そして最後に定番のラテン〜


9、炎の靴

これやな

(この曲のオリジナルバージョンはこちらで、Jazzトリオバージョンはこちらで購入出来ます)


もうね、ここまでやったらへとへと(涙)
そしたら10分の休憩を経て同じことをまた90分と!(◎_◎;)

もうね、この状態で振り出しのVision Rocks叩いたん初めてやったわ〜・・・

まあ兎にも角にもこれで終了!!
サイン会をしてから会場を後にする・・・

昼飯には絶対に刀削麺を勧められていたので連れて行かれたのが・・・


なんと高級な!(◎_◎;)
普通麺を食うとこってもっと路地裏の小さな店とかちゃうん・・・

中では職人さんが黙々と麺を削って湯の中に飛ばしてます〜

ビールを飲みながら茹で上がるのを待つのだが、あまり見たことのないビール・・・

勧められてこの辺しかないと言われている沙棘汁・・・いや、全く好みじゃないし(涙)

麺は豪華!!

モチモチしてて美味しい〜麺湯という麺を茹でたお湯、いわゆる蕎麦湯みたいなのが出てくるのだけれどもそれも美味しかった〜

さて今日までに次の街まで移動せねばということで空港へ向かうのだが、途中でこのドラム教室に寄ろうということになり、表敬訪問〜・・・






TAMAのドラムセットが多いしいっぱい売ってんのな〜・・・と思ったらここTAMAと契約してるドラム教室やったん?!(◎_◎;)

ええ〜・・・それ困るなぁ・・・というのも、実は同じ街でのこの仕事・・・結局断っちゃったのよねぇ・・・

Pearlドラムのモニターである私が、珍珠俱乐部の仕事を断ってTAMAの仕事だけをするってのはどうなん?・・・

いや、PearlのモニターだからTAMAの仕事をやらんというわけではない。
こんな話がある。

その昔、YAMAHAの関連会社に所属するクリスタルキングのドラムをやってたことから、YAMAHAドラムのモニターをお願いしたが断られたという経緯がある。

そのこと自体は「商売」なのだからよい。
ところが爆風が売れたら、河合がモニターをやってた関係からYAMAHAの担当者が練習スタジオにやって来た時こう言った。

「末吉くんももうぼちぼちYAMAHAのモニターに乗り換えたらどう?待遇よくするよ?」

当時はPearlからYAMAHAに乗り換えるモニターが続出していて、ハウンドドッグのブッチャーさんからも、
「お前まだPearlのモニターやっとるんか?YAMAHAにせい!!待遇が全然違うぞ」
と言われたことがある。

しかし私はこの言葉にちょっとカチンと来た。

「お前らは売れない頃には足げに扱って、売れたらころっと態度を変えるのか!!Pearlは全く売れてない爆風の"将来性"を見てモニターにしてくれた。俺は死ぬまでPearlのモニターじゃ!!」

まあYAMAHAのような大会社は担当者もコロコロ変わるので、この担当者は担当者で自分の職務を一生懸命頑張る「いい社員」なのであるからよかろう・・・

まあYAMAHAもTAMAも「モニター」と言われるとはっきりとお断りするが、別に「敵対視」しているわけではない。

以前中国でYAMAHAのエレクトーンのコンテストの審査員として呼ばれたことがある。
「中国でバンドコンテストやりたいんですけどねぇ〜」

YAMAHAの「EAST WEST」というコンテスト出身である私は大賛成である。

「では商品のひとつとして、うちのスタジオで1曲レコーディングしてあげるというのはどうですか?」
という話で盛り上がっていた。

YAMAHAだPearlだとか関係ない!!要は一緒に「中国ロック」を盛り上げましょう!!
という話である・・・

ところがその後、その人が悲しそうにこう言った。

「上司が大反対したんです。ファンキー末吉と言ったらPearlのモニターじゃないか!!どうして我が社が敵と一緒にビジネスをせねばならんのだ?!!って・・・」

いや、この上司も一生懸命「仕事」をしている「いい社員」である。

でも私はそんなこんなで日本の会社には色んな「失望」をして「反面教師」にしているので、今回も「TAMAの教室だからドラムを叩かない」という考えはない。

要は一生の御恩があるPearlの仕事を断ってTAMAの仕事をやっていることである。

まあスケジュールの問題なのでこの仕事を復活することは出来ないが、今度ヒマがあったらまた大同に遊びに来て、ギャラ要らないのでドラムでも叩いて写真撮って、「Funky末吉ここに来たる」という事実を作っとこうかな・・・しゃーないなぁ〜・・・(笑)

そんな大同でのひとりドラムであった・・・


Posted by ファンキー末吉 at:11:33 | 固定リンク

2021年7月20日

布衣2021年ツアー河北省廊坊

ツアー前半戦も残すところあと2本!!
もうかなり疲れてます(笑)

1時間半かけて天津乗り換え〜

合間合間にアレンジ仕事〜昨日洗って乾かなかった洗濯物も乾かします(笑)

午前中には廊坊に着いた〜

ちょっと休んで会場へ〜・・・
ここがまたアンダーグラウンドなライブハウスなのよね〜

小さな小屋なので椅子とかテーブルとか全部表に出して客を入れる・・・(笑)

廊坊は前回は寒かったのよね〜(涙)

ところが今回は夏!!っつうことは暑い!!っつうことはライブ会場も・・・
((((;゚Д゚)))))))

オープニングアクトは子供のバンドだったらしい・・・(ネットの映像より)

だがワシらは見れないのよね〜・・・この会場狭すぎて控え室ないし(笑)

オープニングアクトは地元銀川から連れて行ったりもしてたけど、意外に厳しいのな、ということを発見・・・
マネージャーがキツくそう言ってるのを聞いたのだ・・・

「え?予定より1曲多く演奏する?それ誰が言ったの?店の人?バンド側?ダメよ!!やりたかったらその分早く演奏始めなさい!!」

そう言えばどっかの会場で銀川から連れて来たバンドが「今日は1曲多く演奏したいから早く始めていいですか?」と聞いてたなぁ・・・

まあ中国のライブでは演奏開始時間が明記されることは少ないから同じやけど(笑)

というわけで本番!!
これがやっぱ暑かったぁ・・・(涙)もうへとへと・・・

扇風機が心地よく、「今日は楽に冷静ないいプレイが出来るな」と思ってたら後半やっぱ同じ(>_<)
これ扇風機がなかったらどないなってたやろ・・・同じように死ぬだけか〜変わらんな(笑)

ドラムソロ!!

ちなみにアンコールで客がみんなで叫んでいる「Funky!!牛B(ニュービー)!!」ですが、「B」は女性器を指す言葉。つまり「Funky!!牛のおマ○コ!!」

30年前初めてこう言われた時に「何ソレ?」と聞いたら「牛のおマ○コはあれぐらいデカくて凄いだろ!!お前のドラムはそれぐらい凄いってことだよ」って見たことないから知らんけど(笑)
昔は不良以外は絶対使わない言葉(「Fucking Great」みたいな?)だったが、今では市民権を得て(笑)女性でも平気で言うようになったようだ・・・

さあでは皆さんもご一緒に!!「Funky!!牛B(ニュービー)!!」(笑)

打ち上げ・・・

ステージ写真

なんかツアー20本目にしてまた「力を使い果たす」ことが出来るようになって、歯磨き粉を最後まで絞って使う(どんな例えやねん笑)ようなステージが出来るようになったな・・・
プレイは荒くなるし思ったことが出来てないけど、やっぱこれが「ファンキー末吉」やと思うぞ(笑)

何より客がそれを求めてるし〜(>_<)
しゃーないなぁ〜・・・羊肉串と火鍋鶏食って明日は前半ツアー最終日!!内モンゴルへ向かいますか〜・・・って乗り打ちなのにむっちゃ遠いのよ〜(>_<)

2021年6月26日

Posted by ファンキー末吉 at:09:59 | 固定リンク

2021年7月18日

オープンハンドへの道

いやな、宣言したら本当にやらないかんからな、本当は言いたくなかったのだが・・・(笑)

ドラムの叩き方というのは、右利きだと必然的に右ばかり使ってしまうような叩き方が「普通」である。

Jazzなんかやり始めて、スウィングのリズムを叩いてると「もっと左手が動いてくれんか?」と思うことが多い。

若かりし頃、左手を鍛えるために左利き用のセットで練習しようと思い立って断念した(>_<)

当時でも10年以上ドラム叩いていて、それが一瞬で「ゼロから出発」なのだから「無理!(>_<)」ってなもんである・・・

まあここに来て、50年近く叩いてるスタイルを全部捨てて「ゼロ」から始めるのもしんどい(>_<)

そもそも私のポリシーとして、「まがりなりにもいくばくかのお金をもらってステージに立っている以上、プロなのだから何があっても絶対にミスをしない!!」というのがある。

「面白そうだから」とかの理由で、失敗するかも知れないこと、いやそれ以前に「演奏レベルが下がること」を絶対にやってはいけないと思う。

そんなこんながあって左手克服のプロジェクトは長く封印されていたのだが・・・

布衣の新譜に入っているこの曲、両手を交差してハイハットを叩くため、時々ぶつかり合って、一度などぶつかってスティックを落としてしまった・・・(>_<)

そもそもドラムセットというのは、もともとはハイハットは「叩く」ものではなく「踏む」ものだったと言う・・・

デキシーランドジャズみたいなリズムをチンタチチンタチ叩いて、スネアと同じタイミングで2、4に踏んでいたものだったらしい・・・

だから元々ハイハットはこんな高い位置にあったわけではなく、足元に低くセッティングされていた・・・叩かずに踏むだけだからそれでよかったのね・・・

ところが誰がやり出したのか高い位置に置いてそれを叩き始めた・・・

そうすると右手でライドを叩くのをそのままハイハットに持って来ると、どうしても腕が交差してしまう。

それを解決するために、メタルドラマーなんかはハイハットをむっちゃ高くセッティングして、その下で左手を何とか自由に動かそうとする。

でもこれってメタルばっか叩いてるうちはいいけど、スティックはハイハットの縁を横っ面から叩くしか出来ず、ハイハットの上側の中央部を叩く繊細な音色は出せない。
(手をむっちゃ高く上げてハイハットより上の位置から叩くしかないゆえ)

ところがこれを解決する別の方法が「オープンハンド」と言われているこの方法である。

つまりライドを叩いてる時とハイハットを叩いてる時の手順を左右逆にするだけの話である。

「だけの」と言うが、これが今まで50年やって来た全ての手順を全部ゼロからやり直すのは大変な作業である(>_<)

ところが、この曲のこのリズムは「パラパラディロル」すなわち「RLRLRR LRLRLL」の手順そのもので、右手から始まったフレーズは次には左から同じ手順を踏む。
つまり「右でやってることは左でも同じことが出来る」というわけではないか〜!!!

・・・ところがやってみたらこれが大変(>_<)

基礎練習でやってる分にはいいが、こうして「リズム」を叩いてみると、すぐに壁にぶつかることとなる・・・

この「リズム」は「ハイハットが主」であり、その手順を補佐するゴーストノート(弱い音)をスネアで拾いながら、アクセントの位置だけスネアを強く叩く・・・

つまり「RLRLRR LRLRLL」の後半は単に手順を逆にしただけの話ではなく、「R0R0RR LR0R00」(0は休符)のハイハットのリズムを、合間にスネアのゴーストノートで埋めているというものなのである。
単に「左右ひっくり返したら叩ける」というものではなかった(涙)

「ドラムは耳で叩く」とよくレッスンで教えているが、「ハイハットの粒は揃ってますか?ゴーストノートの音量は一定ですか?」などと耳でリズムに集中しながら細かいコントロールをしてゆくわけだが、この「脳から腕に与える命令」というのは、長年の訓練の結果「非常に曖昧な命令」として定着している。

例えば4泊目のハイハット(最後のRLLのR)はこのハイハットのリズムの「オチ」というか解決する大切な音で(もちろんそんなことを考えて叩いているわけではないが)、耳が「この音がちゃんとリズムに入ってて音色がそれっぽく、流れがスムーズでタイトな感じ」みたいなものを常に聞いていて、ちょっと違うなと感じると「ちゃうよ」と脳に伝え、脳が「ほな微調整〜」と調整する、「リズム」というのはその連続を常にやっているわけで、それは「この左手がどうの」とか考えてやっているわけではない(そんな細かく命令を出してたら間に合わない)。

だから、左手でハイハットを叩いている時に「なんか違うな」と感じたら、脳が「ちゃうよ〜」と命令を出して、自然にそれを右手が直そうとするのな!(◎_◎;)

いやほんま、身体というのはうまいこと出来てます〜
これまで50年近く、右手が全てのリズムをリードして左手がそれを補佐して来たのが、いきなり左手がメインになると命令系統がぐしゃぐしゃになるんですな・・・

だから、最初に戻って、まず右手はアクセントの音だけ叩いてゴーストノートをやめたものから始めてみる。
「R0R0RR LR0R00」(0は休符)ですな。

「パラパラディロル」の左右ひっくり返したものだと、やはり後半は右手が主となってリズムを構築しているが、それではハイハットの強弱に対する命令を出した時に無意識に右手が反応してしまうのだ・・・

ハイハットのリズムは1拍目が大きく、次がグッと下がって段々大きくなって最後の4拍目にまた大きくなるという一小節の「波」をまず左手だけでちゃんと作って、それに右手を「添える」んですな・・・

こうして数日間、寧夏回族自治区銀川市のドラムスクールの一室では、「むっちゃくちゃ下手な初心者ドラマー」が練習する「むっちゃくちゃ下手なリズム」が毎日鳴り響くことになる(笑)

いやその練習を実は中国のTikTakで生配信してたのだが、左右を逆に叩いていることまでわからない人は「Funkyさんって実はむっちゃ下手なのね」と書き込みして幻滅して去ってゆく(笑)

しゃーないなぁ〜・・・これが「オープンハンドへの道」(笑)

まだ本番で使えるレベルなのかどうかは次のリハーサルで試してみるまでわからんが、オープンハンドの利点としては、このリズムで最後のダブルの部分をフロアタムで叩くというのが、従来の腕が交差している状態では不可能なのな。

この利点は「右手の自由度」という点では大きい!!

この曲のイントロのリズム、これは3拍子ラテンのリズムなのだが、これをオープンハンドで叩くのにもトライしてみた・・・

人間の脳というものは面白いもので、「リムを叩け」という簡単な命令を脳は出しているだけで、それを受けて何も考えずに左手がリムの位置に移動する「オートメーション」が実は行われていて、右手でリムを叩くなど身体に一切入ってないわけなので、左手はシンバルの位置に移動してるんだけどリムを叩く形になってるだけで右手は全然リム叩いてなかったり(笑)

それを一生懸命克服する・・・っつうか命令系統を構築し直すんですな・・・

再構築ちう〜

右手でリム叩くん難しい〜(笑)
どこをどの形でどのように叩けばいいのか右手が一生懸命探してるし〜(笑)

まあ全ては「慣れ」やな。
普通のラテンのリズムも練習しとこう〜・・・このパターンも通常の叩き方だとハイハットで同じようにタムを絡ませるのは無理やからな〜

まあ次のツアー開始まで2ヶ月あるからな、下手くそと詰られながら練習してみますか〜・・・

Posted by ファンキー末吉 at:12:17 | 固定リンク

前の記事»
布衣2021年ツアー河北省秦皇岛