ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
カンボジアのサーカス最高!!
カンボジア王国プノンペン
カンボジア王国カンダル州ウドン
カンボジア王国コンポンチャム州コンポンチャム
シェムリアップ州〜カンポントム州〜カンポンチャム州
カンボジア王国ケップ州ケップ
2021年 Don't Let The Sun Goes Down
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
クメール語講座
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2021年1月18日

カンボジアのサーカス最高!!

サーカスというよりは「雑技団」である。

こちら:Phare Circus

いやね、これがホンマに素晴らしい!!
写真撮るのも忘れるぐらいのクオリティーでした〜


話はちょっとそれるけど、ある飲食業界の人と食事に行った時、
私は「これ美味しいねぇ」と言ってぱくぱく食べてるけど、
そいつは料理を箸でつついたりして分析してる・・・

「メシ食う時ぐらい仕事忘れてそれを楽しめんのかい!!」
と笑ったが、
「じゃあ末吉さんは音楽聞く時どうなんですか?」
と聞かれてわかった。

若かりし頃「趣味」だった音楽はいつの間にやら「仕事」になってしまい、
飲む食うぐらいしか趣味のない何と「無趣味」な人生なのだろう・・・

いい音楽を聞くと、「この曲はどうしていいのか」ということを即座に分析して、メロディーとコード進行を符号化して頭の中のデータベースにしまい込む。

まあ「仕事」である。
だから「休みだ」となったら音楽など聞かない。
「仕事」になってしまうのだ。

映画音楽などやり始めて、なまじ中国でヒット映画などになってしまったので、とにかく勉強のために色んな映画を見なければならない。

当然ながら映画を見ながら「どんな時にどんな音楽を当てている」というのをずーっと分析している・・・

ところが映画音楽だけはどこかしら「趣味」の部分が残っているのだろう、もの凄くいい映画に当たった時には、気がついたらそんなこと考えずに最後まで感激して見ているのだ・・・

結局見終わって「どんな音楽だっけ?」・・・これこそが「いい映画」である(笑)


さて、このサーカスというか雑技団の音楽がそれに近かった。
最初のうちにはそのプロダクションの高さ、演奏力の素晴らしさ、「同期モノをどうやって使っているのだろう」とか分析をしてたのだが、最後には観客と一緒になって手拍子をしながら大いに楽しんでいる。

これこそがエンターテイメント!!!

まあ「どう素晴らしかったのか」ということは言葉で書くことは難しい。
無粋ではあるが自分が「分析」してた部分を書くしかなく、それで興味を持った方はコロナが明けたら是非足を運んで生で見て欲しい・・・

では無粋開始!!


サーカスなのだからピエロが出て来る。

まずこの映像の後に映っているバンドを見て欲しい。
西洋楽器であるドラム以外は全てカンボジアの民族楽器である。
メンバーは、ドラムと楊琴と木琴、そして笛とパーカッション他を演奏する4人。

他の楽曲ではシンセとかベースが入っていたので、きっと同期で音楽を流してそれに合わせて演奏してるのだろうが、ピエロのコーナーだけはピエロが客いじりをするため尺が決められないので全部生で演奏する。

動画の後半の方でその演奏が聞けるが、最初の部分はピエロがコミカルにバンドの演奏をやめさせてからこの動画に入っている。

このように演者の合図によって演奏をやめたり始めたりせねばならないので生演奏でなくては難しいのだろう・・・

それにしてもこのドラマーは凄い!!
というかドラムがこんなに「芸」を盛り上げることが出来るということが素晴らしい!!

コロナで長い間休演してての初日なので、この日は演者に失敗が目立ったが、ドラムのフィルなどでそれら全てが「盛り上げ」になっている!(◎_◎;)

私なんかも煽られて「頑張れ〜!!」というモードになってしまうのだ・・・

演目ごとに音楽が違っていて、この様な演目には幻想的な音楽を当てて来る・・・
(と言っても今動画を見てそれを思い出しただけで、実際はどんな音楽を当ててるかを聞く余裕がなく、ただただ雰囲気に呑まれてしまっているのだ)

そしてこのサーカスの素晴らしいところが、全体を通して1曲、つまり「メドレー」になっていて、途中にバラードっぽい曲も入ったりするけど(雰囲気に呑まれているのでどんなんか忘れたが)、全体的には「ダンスミュージック」として構成されている。

カンボジアの音楽はタイの音楽と同じようにむっちゃ楽しい音楽のジャンルがあるので、それをどんどん取り入れて、最後には観客一丸となって手拍子をして演目を盛り上げるのだ!!


客が裏打ちで掛け声を出したりするのもお国柄。
揉み手で頭打ちしか出来なかった日本人と違い、裏打ちが民族音楽にもあるからのう・・・
(もちろん表打ちで手拍子しか出来ない客もいるけれども・・・)

あと、やはりドラマーが素晴らしい!!
失敗した時にフィルを入れて盛り上げたり、
演者の動作に合わせてフィルを入れたりするのだが、
当然ながら演者の動作はリズムに合ってるわけではないので、それが何拍目の8分裏なのか16分裏なのか、アクセントを入れた瞬間に次に続くフィルを瞬時に構成してリズムに戻る。

ドラマーとして16分の全ての位置にアクセントが入れられる
(つまり16ビートのリズム感がある)
というレベルじゃないとこの演奏は無理なのである。

カーテンコールでは、バンドの中ではやはりこのドラマーが一番大きく紹介されていた。
この世界ではかなり大御所なのではと想像する・・・

最後にひとつだけわからなかったのは、これも非常に無粋であるのだが、
気がついたら最後の曲などはベースの音が入っているのだ・・・!(◎_◎;)

しかも演目のサイズがどう伸び縮みをするかわからないので同期は使えない。
ドラムのフィルでスタートしたりもするので、きっと陰で隠れてベースを弾いている人がいる?もしくはシンセで弾いている?・・・

だったらその人もカーテンコールで紹介するじゃろ?・・・

音響スタッフを二人紹介してたので、きっとその音響ブースでどちらかの人が音楽出したりついでにベースラインを弾いているのではと想像した。

いや、そんなことはどうでもいい!!・・・というぐらい素晴らしいエンターテイメントでした!!!!


聞くところによると、この団体はカンボジアの難民キャンプで結成されて、今では学校みたいになっているらしく、まあこれが一軍だとしたら二軍三軍の子供達が後ろで順番待ちをしているに違いない。

層の厚さを感じるぞ・・・

雑技団に関しては私も重慶雑技団の音楽を担当させて頂いてその音楽でグランプリを取ったことがある。

しかしその雑技団に比べて、このサーカス団は何が違うかと言うと・・・「明るい」のである。

中国の雑技団、人生の全てを演目に賭けて肉体を人間の限界まで改造して演ずる(今は違うかも知れんが)スーパー演技・・・
しかしどこか悲壮感というか悲しさがあった・・・

でもこのサーカス団にはそれがない!!(いや、見せないだけか?)

年中暑い国のお国柄かも知れないが、音楽とパフォーマンスが見事に明るく融合した素晴らしい演目になっていたと感じた。

これでVIP席20ドルは安い!!!!

聞くところによると、この団体の運営には年間80万USDが必要という話もあり、終演後に募金箱がステージに運ばれて来たが、ワシは迷わずもう10ドル入れたぞ!!

いや、合わせて30ドルでも安い!!日本で何たらサーカスとか見ると1万円ぐらい平気でするではないか!!
(見たことないから知らんけど)そんなレベルの出し物がこの値段で見れたということに私(の財布)はそれが一番びっくりした。

これぞ「芸能」!!この国が世界に誇るべき素晴らしい「文化」だと思うぞ!!

いや〜いいものを見た・・・


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:14:10 | 固定リンク

2021年1月 8日

カンボジア王国プノンペン

まあ異論はあるとは思いますが、プノンペンにはあんまし「観光スポット」というのはありません。

敢えて言えばキリングフィールドとか・・・


(この映像の中にレポートあり)

トゥール・スレン虐殺犯罪博物館っつうのもあるけど、結構ヘビーなのでまだ行ってない(>_<)

王宮とか色んなお寺もあるけど、観光好きじゃない私はあまり行ったことがない・・・

ところがこっちで暮らしてると「ナニコレ?」というB級スポットがあり、今回はウドンに行くついでにバイクで色々寄ってみた。

まず行く時に5号線沿いにモスクが多かったので、「これはきっと素敵なイスラム街があるに違いない!!」と思って探検!!

途中プノンペンの郊外まで来ると、モスクが多く立ち並び、イスラムの人々が目立って多くなって来る。 そんな中に北京に昔あった回民街みたいなムスリム通りが〜!(◎_◎;) 何か珍しいイスラム食でもないかと入ってみたが普通にカンボジアだった(>_<)

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

別にそれと言って何があるわけなく次へ〜(笑)

ウドンからの帰り道は別のルートを通ったのだが、そこにはまあ別に何があるわけでもなく(笑)、トンレサップ河の向こうにウォーターパークとサファリがあると言うので橋を渡って行ってみた・・・

帰り道・・・何にもない広大な空き地の中にぽつんと作られたレジャー施設!(◎_◎;) サマーランドなのか?!サマーランドなのだな!! オープンはしてるものの客が誰もおらんので水が流れてないもよう・・・(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

コロナじゃなければ富裕層ターゲットに繁盛していたのかな?
高級ホテルもあり、ここを大リゾート地にしてゆこうという政府の意図が見え隠れする・・・

サファリも開店休業状態・・・

プノンペンサファリも開店休業状態〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

そこから地図を見ると・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月8日金曜日

メコン河の中洲であるダッチ島がすぐそこではないか!!

ダッチ島の話:内地に位置するプノンペンに島が?!(◎_◎;)

というわけでフェリーに乗ってトンレサップ河を渡る〜
ったって桟橋こんなんでフェリーもこんなん(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月8日金曜日

さようなら〜向こう岸・・・って乗客誰もおらん(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月8日金曜日

さてダッチ島に渡って、ブログに書かれているビーチリゾート(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年9月10日木曜日

には行かず、帰り道が楽であろうシルクアイランド

末吉覚さんの投稿 2020年9月10日木曜日

をちょっとだけ見て、反対岸のフェリーで向こう岸に渡る・・・
まあこれも同じような小さなフェリーなので写真を撮るのを忘れた(笑)

そしてこの前通った時に行きたかった「モーモーファーム」へ!!

フェリーに乗ってダッチ島に渡り、また向こう岸に渡って、道々牛などに挨拶をしつつ一度来ようと思ってたモーモーファーム!! ミルクの販売だけで牧場は見学させてくれないのな(>_<) またフェリー乗って帰る〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

千葉のマザー牧場みたいのを想像してたけど、残念ながら中には入れず・・・

と思ったらFacebookにコメントが・・・


Hisashi Koh Kubo
Moo Moo Farmは左側に通路があって、そこから、飼育されている子牛さんが見えますよ。
右側は、立ち入りダメになってます。
見張りは厳しくないので、中に入って見ましたが大人の牛乳取るための牛たちですね。


そうなのね(>_<)
右側に行こうとして止められたのよ〜(涙)

というわけで牛乳だけ飲んで帰りました〜
またこれがチーズとか乳製品売ってるわけでもなく牛乳だけ(笑)

まあここの牛乳はスーパーなんかでも売ってて美味しくて好きですけど・・・

というわけで旅は終わり!!(笑)
フェリーに乗ってプノンペン市街に帰りますが、
この路線は市街地のど真ん中に渡るので需要が多いのか、船も大きいし乗客も多い!(◎_◎;)

末吉覚さんの投稿 2021年1月8日金曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月8日金曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月8日金曜日

まあバイクならではの気ままな楽しい旅でしたぞ〜
ちょっと尻が痛くなったけど(笑)

よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:13:04 | 固定リンク

2021年1月 7日

カンボジア王国カンダル州ウドン

ずーっと旅を続けたかったのだが、正月のおせちを食うためにちょっとだけプノンペンに帰って来ました〜

かと言って、9日にはファンキーはんと大村はんの配信があるのでまた遠出も出来ん・・・

ということで見つけたのがここ!!

いや〜元首都で「うどん」っつう名前は・・・(笑)

プノンペンから40kmぐらいだと言うので、バイクレンタル屋さん(もVISAも両替もなんでもやってる)のEMCさんに行って州境を越えられるバイクを借りて来た〜

前回シェムリアップで借りたバイクはGPSがついてて州を越えると警告が送られて来たのよね〜・・・

シェムリアップでバイクゲット!! 長距離も走れるちと大きいやつを地元の春香嬢が借りてくれました〜 これでツーリング廻れるな!! 念願のカンボジア全25州制覇もバイクなら楽しいぞ!!\(^o^)/ 問題は椅子にもなる便利なケースが乗らん(>_<) 抱えて走ってたが途中荷造りゴムをゲットしてもう完璧!! と思ったら春香嬢から・・・ レンタルバイクで州越え出来んのやと(涙) 心折れる元旦の午後(>_<)

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

とりあえずうどんを食ってからということで森井屋へ〜

プノンペンから40kmのところに元首都でウドン(ឧដុង្គ)っつう街があるんやと!(◎_◎;) 英語表記ではOudong「おうどん」やん(笑) こりゃ香川県民としては行かないかんやろ!!というわけで EMC Motorbike Rental & Visa Service, Phnom Penhで州境越えられるバイクを借りて、 Japanese UDON BAR Moriiyaでうどん食ってから出発〜!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

出発〜・・・ってすぐにパンク!(>_<)

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

ワシのクメール語がなかなか通じないのよ〜(>_<)
なんとか身振り手振りで修理!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

チューブ交換して25000リエル!!約600円!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

満を辞して出発〜!
途中色々寄り道はしたけれどもそれはまた「プノンペン篇」で書くとして、
実は私も昔はライダーとして日本中バイクで走り回ってたのですが、それも今は昔・・・

40kmってケツが痛いのよ〜(涙)

一応予定は未定でどうなるかわからんのでフル装備持って行ったパソコンリュックが、若い頃とは違って体重が1.5倍に増えてる上に乗っかって全部ケツに来るのな(>_<)

というわけでリュックを降ろしてバッグの上に置いてやっとこさ辿り着いた〜

とりあえずឧដុង្គ(うどん)に着いた〜ひらがなで書くとますます「うどん」(笑) 知らない街ではまず一番大きな市場に行けというのが末吉カンボジア旅の鉄則なのでផ្សារឧដុង្គ(うどん市場)!! 当たり前ですがうどんは売ってません(笑) 時間のせいかコロナのせいか中はほとんど閉まってる(>_<) ゲストハウスを検索するとこの街では5軒!(◎_◎;) はてさてまずは宿に落ち着きましょう〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

この街にゲストハウスは5軒しかないということで、ここから近いこのホテルに決定!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日

クーラーも付いてこれで5万リエル(1300円ぐらい)ならまあまあかな・・・
クーラーあんまし効かんかったけど(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日

お隣の様子・・・のどかです〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日

このホテルのご家族のリビングは外にあるのな!(◎_◎;)
さすが南国・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日

意味不明のネーミング(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日

このまま探検に行こうかと思ってたら、
尻が痛くてごろんとしてたうちに寝てしまった(>_<)

夜は何にもない!(◎_◎;)

慣れないバイクの旅で疲れたのかメシも食わずに爆睡してしまったら夜のうどんは何もない!(◎_◎;) 昇りつつある半月が不気味です・・・ 二度寝して早起きして「うどん山」を目指すのです!!クメール語で「プノムうどん」、英語読みで「おうどんマウンテン」日本人じゃなければ普通に聴こえるのか?(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

というわけで「うどん山」を目指す!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日

麓まで来ると何やら出店がいっぱいあるところに来たが、見ればマウンテンバイクのご一行が〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

クメール語で登り道を聞くのだが通じず(>_<)

見るに見かねたお店のおじいさんが案内してくれた・・・(通じてるやん(笑))

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

ここだよ、と・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

ってむっちゃ階段!!(>_<)

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

ふうふう言いながらてっぺんまで登ると・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

立派なお寺が〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

象がいるあたりやはり日本の仏教とは違うなぁ、と・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

ここから見下ろす景色は絶景〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

朝日〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月5日火曜日

リスもおります〜

またふうふう言いながら麓まで降りて、市場まで行ったらこんなんが!(◎_◎;)

いや〜凄いこと考える人もいたんやなぁ〜ということで帰路につきます〜

途中の池から臨むプノンペン〜やっぱ都会やなぁ・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月7日木曜日
よろしければクリックを〜 にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:11:17 | 固定リンク

2021年1月 4日

カンボジア王国コンポンチャム州コンポンチャム

前号の続き・・・

旅の達人のご一行・・・「じゃあ朝ごはんでも食べましょう」ということになり、メコン河にかかる竹橋が臨めるレストランへ〜・・・

ってナニコレ?!(◎_◎;)

メコン河にかかる竹橋ハンパない!(◎_◎;) もちろん渡る!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

ペン島って島というよりは河の中に出来た中洲みたいなところにもレストランがあるということで一行は橋を渡ることに〜

渡ると数々のオシャレな(笑)レストランが〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

その中のひとつで朝ごはん〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

風が強くて肌寒いのよ〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

帰りに分かったのだが、竹橋の真ん中が盛り上がっているのは船が通るためなのね!(◎_◎;)

じゃあプノンペンまで帰りましょうか〜・・・と車に乗り込んだのだが寄り道!!(笑)

Wat Angkor Bachey Templeという遺跡・・・というかそこに作られたお寺の一部のこのメリーゴーランドのような仏像群が素敵!!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月3日日曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月3日日曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

そして次が圧巻!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

男山と女山と呼ばれる、これもお寺なのだが、空模様がこんなだからそれに溶け込んで絵面が凄いな!(◎_◎;)

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月3日日曜日

お寺なので仏像もあります!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

ネコもいます(笑)

写真

サルも(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

そして最後に廻ったのがフランス塔という塔

末吉覚さんの投稿 2021年1月3日日曜日

この中は空洞で上まで登れるようにはなっているのだが・・・ちと危険(>_<)

末吉覚さんの投稿 2021年1月3日日曜日

というわけでここからプノンペンに帰るのだが、
おそるべきことにこれら名所を西村さんは地図を見ることなく車で案内するのな!(◎_◎;)

「ファンキーさん〜カンボジア全25州全部周りませんか?そんな日本人なかなかいませんよ」
と私を煽っておきながら、
「ここにおるやん!!」
というカンボジアを知り尽くした日本人なのでした〜・・・

いや〜旅の達人とご一緒させてもらって、普通にふらっと行ったのでは見ることの出来なかったものをいっぱい見せてもらいました!!

またどこかに仕事で行く時には是非また便乗させて頂きたいと思います〜


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:05:36 | 固定リンク

2021年1月 3日

シェムリアップ州〜カンポントム州〜カンポンチャム州

ケップからタクシーに乗ってシェムリアップまで行って、そこで西村旦那様と合流〜

この西村ご夫妻はどちらも旅行関係の仕事をやっていて、特に旦那様の方はカンボジア観光省の広報の仕事もやってらっしゃるという「旅」のプロフェッショナルである。

そんな人に
「カンポンチャムまで行きますけど一緒に行きます?」
と言われたら「ノー」と言う選択肢はない!!(キッパリ)

西村さんの運転する車にお邪魔して同行旅〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

途中「カンポンクデイ」の石橋〜実はまだシェムリアップ州です・・・旅は長い(>_<)

西村家の車に便乗させてもらってカンポンチャムへ向かふ〜 途中カンポンクデイの石橋を見る〜 いや〜ここの国の人無駄に美しいもん作るよなぁ・・・橋なんやから渡ればええやんじゃないところが素晴らしい!! 土産物屋でついついまた末吉家の守り神「ハッピーブッダ」を買ってしまった(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

ようやく着いた〜・・・と思ったらまだまだ経由地・・・

途中カンポントムにてランチ〜 日本人夫婦が経営する素敵なホテルレストランです〜 また来ないかんな〜・・・ ってか野良馬!(◎_◎;)

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

この素敵なホテルを経営なさってるYAGIさんMARIご夫婦、
「じゃあ今からカンポンチャムまで一緒に行きますか?」
で、そのまま車に同行!(◎_◎;)

いや〜旅のプロフェッショナルは行動が早い!!(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

(写真はカンポンチャムに着いてからのもの)

一行が向かったのはカンポンチャムのメコン河沿いにあるむっちゃオシャレなホテルリゾート!(◎_◎;)

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

そう言えば西村さんとて遊びで旅をしてるわけではない。
ちゃんと観光省の広報のお仕事としてここにリサーチに来たのだな、と納得・・・

それにしても竹を素材に使ってコンセプトにして、ヨガ教室とコラボしたリゾートホテル・・・
こんなん中国でも見たことないぞ!(◎_◎;)

ここに泊まるのか・・・と思ったら一行はカンポンチャム市街へと向かふ〜

途中この近所の遺跡とお寺〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

なんでフルーツ?(笑)

お坊さんが修行してました・・・

そしてカンポンチャム市街に着いてホテル探し!!
「ブッキングドットコムで調べましょうか」
と言うと、
「そんな高いところには泊まりません」
と・・・!(◎_◎;)

旅のプロフェッショナルはその場でクメール語で値段交渉!(◎_◎;)
皆さんクメール語が達者でびっくり!!

結局この豪勢なホテルが15ドル!(◎_◎;)

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日
末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

荷物を部屋に放り込んで、ホテル屋上の展望レストランで食事と思ったら満席!(◎_◎;)
仕方がないので降りて、隣のレストランもほぼ満席!(◎_◎;)

ちょっと待って席を作ってもらって乾杯!!

Kampongcham!!!! - Spherical Image - RICOH THETA

なんかコロナとは思えない街の活気・・・
どうしてなのかご一行はこう分析する・・・

この街はプノンペンから近いので、東京で言うと横浜のようなニュアンスがある。
コロナでプノンペンの大学は休校したり、学生や、プノンペンから引き揚げて来た人たちがこの街をプノンペンのように都会で住みやすい街にしようとしている、と・・・

食事の後に、車でちょっと街を探索・・・
夜なのでもう店とかは閉まっているけれども、確かにオシャレな街並み、そしてこんなスカイバーがあったので一杯!!

Skybar - Spherical Image - RICOH THETA

ここも結構お客さんがいて、コロナ禍のプノンペンなんかよりもはるかに活気があると感じた・・・

翌朝、メコン河の向こうから昇る朝日!!

メコン河の向こうから昇る朝日!!@カンポンチャムのホテル 個人的にはこの水上生活のおうちが気になる・・・ホームステイ出来んもんか(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

残念ながらご一行は8時集合でプノンペンに帰るので、チャンスがあったらまたこの辺にもゆっくり来たいと思う・・・


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:08:09 | 固定リンク

カンボジア王国ケップ州ケップ

ケップはカンボジアで私が一番好きな街である。

今回はこの記事を読んで、是非列車で行きたいと思い立った・・・
まずは切符の購入!!

プノンペンに帰って来てさっそく次の旅の準備〜 今度は列車に乗るのよ〜 って切符買いに来てみたら駅ここなん?!(◎_◎;) 時々前は通ってたけど地味すぎて全くわからんかった(笑) 週末しか運行してないというカンボジアの鉄道旅〜楽しみです!!

末吉覚さんの投稿 2020年12月24日木曜日

ゲットした切符がこんなん〜!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

こんなミスプリみたいな切符でちゃんと乗れるんかと思いつつ当日!!

さてと、早起きしてプノンペン駅〜 駅にモールが出来て色々レストランも入ると書いてあるがなかなかやろ〜(笑) 現状は外の屋台で食うのみ!! 旅のお供はラタナキリで買った水筒〜やっぱ暖かいお茶に限るな・・・

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

一応時刻表らしきものも〜

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

列車ってこれ?一両だけなん!(◎_◎;)・・・(笑) でも中はなかなか快適やぞ〜 トイレもあるし〜ってアジア式ウォシュレット付きって凄いな!(◎_◎;) ・・・ってか何でお前がおるん?! 彼女出来たん?オックスフォード出よ才女?・・・お嬢さんこいつだけはやめときなはれ!!金にならん(>_<)!!(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

はい、というわけでタカシとタカシの彼女も同行旅!!

線路は続くよ〜どこまでも〜ってシアヌークビルまでしか続かんけど(笑) ちゃんと車掌さんもいます〜 乗客は富裕層と外人が多い気がするけどなんでやろ・・・バスより列車が安いぞ?・・・ こちらの人もインド人のように手で飯を食ったりするけど、タカシに食わせてると餌付けやな(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

途中停車駅のタケオ!!!

タケオ駅なう〜日本人の名前みたいやけど正しくはតាកែវタカエゥみたいな発音。 週末しか列車走ってないけど駅には売店やカフェまで・・・ ちなみにタラップは手動で階段を引き出す(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

タケオ駅には売店やら何やらでわさわさしてたので期待してたのだが、ケップ駅には何もなかった(>_<)

ケップ駅カラフルなだけで何もないんですけど(>_<) しかもビーチから遠い(>_<) トゥクトゥクもほとんどいない(>_<) しゃーないなぁ〜・・・(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

数少ないトゥクトゥクをタカシにゲットさせ、10ドル払って30分、やっとケップの浜辺に着いた〜!!!

いや〜やっとビーチまで着いて、タカシがホテル探してる間に彼女がビーチ沿の場所取ってくれて昼食まで〜しかも自分の金で(涙) お隣カンポットは胡椒の名産地、それを使って採れたてのイカと炒める!!この汁がむっちゃ美味いのよね〜(涙) それにしてもこんな人がおるケップ初めて見た!(◎_◎;)日曜日やからか・・・

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

ちなみに、ここの「海の家」みたいな場所取りは、その向かいのレストランの「縄張り」みたいになってて、そこの料理を頼めば場所代は無料になる。

色々自腹で料理頼んで出来た彼女やなぁ〜と思ってたら、結局お勘定は最後にまとめて払うシステムで結局ワシ(>_<)

とりあえず海へ〜やっぱ海は癒されるのう・・・(涙)

海だ〜!!\(^o^)/ 我は海の子瀬戸内の〜やからな、湖も川もええけどやっぱ全然違う!!(涙) 七輪担いでイカ売りに来るのがええな、獲れたてぷりんぷりんでむっちゃ美味い!!

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

浜辺も相当癒されます!!!

ナニコレ?カンボジア民謡同好会?海の家お隣ではカラオケでカンボジア民謡盛り上がってるし〜 いやむっちゃ合うっつかカンボジアやから合うのは当たり前やけど酔うわ〜

末吉覚さんの投稿 2020年12月26日土曜日

夜は定番のクラブマーケット横のレストラン!!

クラブマーケット辺りは夕陽を見ながら飲めるレストランばかり!! なんでこいつと夕陽を見ないかんのかという問題は置いといて、ケップ名物の蟹は食ったしその汁をパンにつけて食うたしそれを肴に白ワインも飲んだし、もうケップでするべきことは全部終わったの!!(笑) とりあえずは今日はこてん〜

末吉覚さんの投稿 2020年12月27日日曜日

朝は早起きしてクラブマーケット!!

朝はやっぱクラブマーケット行って新鮮な海産物を召さないかんやろ〜 しゃーないなぁ〜・・・

末吉覚さんの投稿 2020年12月27日日曜日

旅なので朝からビール!!!

買った海産物はそのままお好みの料理方で料理してくれます〜って薪!(◎_◎;)・・・魚のバーベキューにも惹かれるけど、タカシお前いくらなんでも頼み過ぎやろ!(>_<) しゃーないなぁ〜・・・朝ビール健康法!!

末吉覚さんの投稿 2020年12月27日日曜日

食ったら船をチャーターしてお向かいのラビット島へ〜

この船代は昔は確かひとり10ドルとか8ドルとかそんな勘定の仕方だったと記憶してるが、今では1隻25ドル!(◎_◎;)
人数が集まればこっちの方が安いし、何より貸し切りなので時間をこちらが指定出来る!!

とりあえず16時に帰るということで島でまったり・・・っつうか何もないのでまったりするしかない(笑)

しゃーないなぁ〜・・・お向かいのラビット島にでも渡りますか・・・

末吉覚さんの投稿 2020年12月27日日曜日

島にはもちろん道路などはなく、獣道みたいな道をちょっと歩けば島外れのビーチに・・・
いや〜「世界の果て」感満載!!


ジャングルを抜けて島の外れのビーチ・・・日本から見たら世界の果てやろうなぁ(笑)
ここまで来れば海の透明度が凄いな・・・

末吉覚さんの投稿 2020年12月27日日曜日

その夜もお約束のクラブマーケットの横のレストランで蟹を食い、翌朝タカシが帰ったのを見計らって(笑)、お気に入りのカフェ!!

タカシ達も帰ったのでやっとゆっくりとお気に入りのカフェで〜 フランスの植民地だった割にはフレンチトーストを置いてる店が少ないのよね〜 しかしここはフランス!(行ったことないから知らんけど) 白人率高し!!現在私以外全員白人です〜 みんなフランス人やで絶対!!(知らんけど)

末吉覚さんの投稿 2020年12月28日月曜日

いや〜毎食蟹とイカと海老ばっかでフレンチトーストがとても新鮮〜(涙)

さて、今回の旅は元々タカシのためにセットアップしたわけではない!!(アタリマエ)
実は年末休暇を利用して、時々お子さんを預かったりしてた西村家の奥様がケップに来るということで、私だけが列車に乗りたいために先にケップ入りしてたわけです。
(列車は現在週末しか運行してない)

夕陽を眺めながら高級レストランでお食事!!

プノンペンからお客さんが来たので「俺のケップ」を案内します〜 昨日、一昨日のルートをまた辿ることになるのだが、ひとつだけ違うのが、タカシがおらんなって食事が豪勢になります〜(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年12月29日火曜日

翌朝はまたクラブマーケット!!

朝ビールダイエット!! 一昨日はタカシに「蟹はペッパー炒めやで!!」と言ってたのに塩茹でにされたので、今日はリベンジ!! ឆា:炒める、និង:〜と、〜を使って、ម្រេច:胡椒、で見事に通じました〜\(^o^)/ 注文受けたら薪割りから始まります〜

末吉覚さんの投稿 2020年12月29日火曜日

そしてラビット島〜!!

再びラビット島へ〜 蛇もいます!!大きな蜂も・・・猿も!!(猿はケップ) ちなみにこうめい君は海は初めて〜

末吉覚さんの投稿 2020年12月29日火曜日

まあこの行程をタカシと共にリハーサルしてたようなもんですな(笑)

その後ケップに帰ってまた夕陽を見ながらお食事〜
実はケップのはるか向こう岸に大陸のように見えるのはベトナムが実効支配しているフーコック島!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月2日土曜日

タカシは「あの島は元々カンボジアの領土だ!!」と主張していたのでこんな書き方をしたけど、このカンボジア領土の食い込むように位置するベトナムの島には、前回は陸路で国境越えしてハティエンに入り、そこから船で大きく引き返すような形でフーコック島に渡った。

直で入る船がないのと、入出国のシステムがないのでそうするしかないのだが、噂によると中国資本により、直でフーコック島に渡れる船便がオープンするらしい・・・

そうなればケップとフーコック島がセットになって便利やなぁ〜コロナが早く収まらんかのう・・・

さて一緒に旅をしたシェムリアップ在住春香嬢が
「元旦はアンコールワットで初日の出を見る」
と言うのでみんなで一緒に行くことにした・・・

ご一行は今からシェムリアップに行ってアンコール遺跡で初日の出を見るんですと!(◎_◎;) しゃーないなぁ〜・・・クイティアウ(カンボジアの米の麺)食ったら同行しますか〜・・・ってプノンペン通り越して8時間半!(◎_◎;)

末吉覚さんの投稿 2020年12月30日水曜日

時間軸は前後するが、こちらに続く〜


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


Posted by ファンキー末吉 at:07:15 | 固定リンク

2021年1月 2日

2021年 Don't Let The Sun Goes Down

中国もカンボジアも「正月」は別に一日だけの「休日」でしかないので、初日の出を見にシェムリアップに来たのだが、別にだからどうと言って「普通の休日」である。

大晦日のパブストリートはそれなりに盛り上がっている・・・

ふう〜・・・遠かったぁ(>_<...

末吉覚さんの投稿 2020年12月31日木曜日

カウントダウンはこんなん・・・

さすがカンボジア最大のパブストリート!!三密どころか狂乱のカウントダウン!(◎_◎;) まあこの国では一応市内感染はゼロやからなぁ・・・

末吉覚さんの投稿 2020年12月31日木曜日

まあ「正月気分」と言うには程遠い(笑)

ちょっと仮眠してアンコールワットに初日の出を見に・・・

アンコールワット遺跡にて初日の出待ち〜 チケット売り場に日本人多し!! 日本人の土着信仰やからなぁ〜こちらで住んでたら行くやろな(笑) チケットは顔写真入り!!(◎_◎;) メインスポットには撮影者多し!! いや、こっちでおったら来るやろな(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年12月31日木曜日

ビール飲んで景気付け(笑)

朝ビール開運法!! いや〜今年はええ年になるでぇ〜絶対!!知らんけど(笑)

末吉覚さんの投稿 2020年12月31日木曜日

まあこれで正月は終わり!!
バイクをゲットしたのでカンボジア全25州を全部ツーリングで廻るか!!
・・・と「今年の目標(っつうかあと2ヶ月しかこの国にはおらんが)」みたいなマネをしてみたが、レンタルバイクでは州を跨げないということで挫折(>_<)

シェムリアップでバイクゲット!! 長距離も走れるちと大きいやつを地元の春香嬢が借りてくれました〜 これでツーリング廻れるな!! 念願のカンボジア全25州制覇もバイクなら楽しいぞ!!\(^o^)/ 問題は椅子にもなる便利なケースが乗らん(>_<) 抱えて走ってたが途中荷造りゴムをゲットしてもう完璧!! と思ったら春香嬢から・・・ レンタルバイクで州越え出来んのやと(涙) 心折れる元旦の午後(>_<)

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

凄いなぁ〜レンタルバイクにはGPSがついてて州を跨いだ瞬間に借主に警告の電話が来るのかぁ!(◎_◎;)
・・・と思いながらその辺の路上でメシ!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

これが「おせち」じゃないから正月気分が出ないのな(笑)

まあ全く正月気分を味わいたい欲求もないのでそのままシェムリアップに帰って来たのだが・・・

バイクを手配してくれた春香嬢に誘われてメシ!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

これがまたトルコ料理なので全く正月気分もなく(笑)、春香嬢が場末のバーストリートに連れてってくれたのだが、そこがまた場末で(笑)・・・

そんな中で
「じゃあ日本人の親娘がやってるメタルバーがあるんですけど行ってみませんか」
とキタ!(◎_◎;)

そんなんあるん?・・・とばかりに二人で向かうが、シャッターが閉まってて休日(>_<)

ところが店を閉めて帰ろうとしていた日本人の親子が、私たちに気づいて話しかけて来て、帰ろうとしてたトゥクトゥクをキャンセルしてわざわざ店を開けてくれた!(◎_◎;)

おお!!なかなかオシャレな店ではないか・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

METAL&ROCK RESTAURANT(笑)

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

でも店の内装でちょっと引っ掛かったのが・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

ところ狭しと貼られたメタルのポスターの下に座敷?・・・
この雰囲気ってなんか新宿二丁目っぽい・・・

とか思ってたのだが思い出した!!「新宿ライブインムラサキ」?!!

あったなぁ〜そんなメタル居酒屋・・・確かライブもやってたんやなぁ・・・
潰れたけど(>_<)

いや〜そんなロック好きど真ん中みたいな店、商業的に成功せんで(笑)

超大都会の東京でも成功せんのに、こんなアジアの片隅のしかも首都ではないシェムリアップ の場末のバーストリート(笑)でこんな店をやってる親娘がこの方々!!

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

いや〜マジで尊敬するわ〜m(_ _)m

お母さんのロック好きが転じて娘さんがロック好きにと想像してるが、
色々曲をかけてもらうとこれがコア!!

バイオリンやバンジョーが入ってる「フォークメタル」とか、「パイレーツメタル」とか、ジャンル名でもう全くわけがわからん!!(笑)

この雰囲気・・・やっぱ新宿二丁目辺りにあったなぁ・・・
朝までやってるロックバー・・・歌舞伎町にはメタルしかかからんメタルバーもあったなぁ・・・

末吉覚さんの投稿 2021年1月1日金曜日

シビレるなぁ〜このセリフ・・・

数々のロックファンが、こうしてロックを愛する者だけが集える空間を作っては潰れ、数々のミュージシャン(私を含む)がその空間に身を浸して夢を描く・・・

まるでMetalを愛して、それと共に生きて、その屍を乗り越えてまた次の者がその魂を継いでゆく・・・
だからMetalは不滅なんだよ、と・・・

私はたまたま商業的に成功したからいいようなものの、そんなバーやそんなロック好きのほとんどが玉砕し、夢は砕け散って「青春」という「パンドラの箱」にしまわれる・・・

「それを開けたらまた貧乏に逆戻りだよ」
そう自分に言い聞かせて、会社での地位も上がり、子供も手が離れて、結局またその箱を開けてはバンドなりをまた始めたり・・・

確かに店自体は潰れても、ロックは決して死んでない。
確かに「NEVER DIE」なのである。

おそるおそるX.Y.Z.→Aの曲をかけてみる・・・

これプノンペンのガールズバーで大音量で聞くとお姉ちゃん達ドン引きすんのよなぁ(笑)

いや、二井原の・・・というか橘高のギターによるものが大きいかな、そのメタルサウンドと、それに煽られてツーバスを踏みまくるこのドラマー(笑)

・・・それがこの店の空気に溶け込んで生き生きとして聞こえるのよねぇ・・・(涙)

このビデオには過去の色んな映像が挿入されているが、色んなことを思い出して涙が出て来た・・・

アメリカ行ったなぁ・・・ライブもやったなぁ・・・
XYZっつう同じ名前のLAのバンドのメンバーが見に来てて、「俺のバンド名使うな!!金よこせ!!」と告訴されかかって、拙い英語のメールで応戦して命がけで退けたりしたなぁ・・・

100本ツアーや、全県ツアーや、金にもならんのに命がけでやってたなぁ・・・(笑)

私が一番思い出す・・・というか忘れてはいけない再確認みたいなことが、
「自分は何なのか」
ということである。

当時中国でスタジオミュージシャンとして一番売れてて、
中国のヒットチャートの半分は自分のドラムであるような時代もあった。

そんな中で、ギャラより高い飛行機代を出してなぜわざわざ日本まで飛んで、金にもならんライブやって・・・(笑)

決して多くのファンに支持されているバンドではない。
・・・ていうかそういう「音楽」ではない。

メタルなのだ!!・・・メタルを愛する人だけが聞く音楽なのだ・・・それを好き好んでやっているのだ・・・

小さなライブハウスの中でドラムを叩く・・・
ほんの数十人、多くて数百人の人だけが拳を挙げる・・・

二井原が歌う、「Don't Let The Sun Goes Down」・・・
私はいつもこう思って来た・・・

「俺たちはこいつらの太陽なんだ」と・・・

ラウドネスを愛し、筋肉少女帯を愛し、そして爆風スランプなど日本のロックを愛し、「青春」をどこかに置き忘れた人たちが、また「パンドラの箱」を開けて俺たちと一緒にツアーを廻る・・・

「この太陽(つまり俺たち)を沈ませてはいかん!!」
俺は死なない!!Never Die!!
そう思うから今日も俺は命懸けでツーバスを踏む!!

ヤツらの「太陽」はこんなところで挫けはしない!!
「もう無理だ!!」と思っても挫けない!!
死ぬ気でドラム叩いて、いつでも輝き続けて、その光で彼らを照らし続けていきたい・・・

そう思って中国から日本に飛んで来てた。

もしその数少ないファンがいなかったら、
私はスタジオミュージシャンとして、そして日本では「元有名人'」としてその一生を終えてただろう。

私が死んだ時、日本の新聞はこう書くに違いない。
「元爆風スランプのドラマー死去」

俺が生きて来て死んだ意義ってたかだかそれ?(笑)・・・

私が死んだら中国では墓跡にこう刻まれるだろう・・・
「中国ロックを愛し、中国ロックと共に生きた男、ここに眠る」

日本なんて捨ててもよかった。
あんな国、くそっくらえだといつも思う。

でもX.Y.Z.→Aがあるから、そのファンがいるから、俺は死ぬまでこのバンドをやるだろうし、このバンドをやり限り俺は「ロックドラマー」として生きてゆける・・・

こんなことを言うとまた爆風ファンに炎上するかも知れないけど、
X.Y.Z.→Aは私の「終の住処」なのである。

土方歳三が、ただ武士に憧れたただの田舎の百姓が、
ただひたすら愛する新撰組を守って生きて来て、
最後には幕府軍の最高司令官まで登り詰めて、
そして最後にはひとり馬に乗って敵陣に乗り込んで死ぬことになる・・・

「何者だ!!名を名乗れ!!」
それに対して彼は「幕府軍最高司令官」とは言わなかった。;
「新選組副長!!土方歳三ここにあり!!」
と言って死んでいった・・・

最後の「武士」である・・・

もし私が死んだら・・・
中国では私が録音した数々のロックの名曲が流されるだろう・・・
日本では?・・・

Runnerが流されるのが日本人には一番ピンと来るに違いないが、
私としては是非この曲を流してみんなで拳を挙げて欲しい!!

そんなことを考えながらこの店で酒を飲んだ・・・

人生は素晴らしい!!
人生は美しい!!
人生は光り輝いている!!

そう、人生こそが「太陽」なのである!!

アジアのほんの片隅のこんな国(失礼)の、首都でもない小さな街(失礼)の、場末のバーストリート(失礼)の片隅で、メタルを愛し、メタルと共に生きる親娘と会った。

この店は私の「太陽」となった。
あと2ヶ月しかこの国にはいないけど、またきっとその「太陽」を拝みに来る。

それまでずーっと潰れないで欲しい・・・
「Don't Let The Sun Goes Down」

昇った太陽を沈ませないことがどれだけ大変か、こうしてオープンした素敵なバーを維持することがどれだけ大変かを私は知っている。

挫けずに踏ん張って、本当に愛するものを守り続けていって欲しい・・・

それこそが「ロック」なんだと私は思うぞ・・・


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Posted by ファンキー末吉 at:08:06 | 固定リンク