ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2015年3月24日

新幹線の切符を失くした(>_<)

小学校の頃は「忘れ物の帝王」と呼ばれ、
寄る年波と共にその忘れ物頻度は増加の一途を辿っているようだ・・・

3月21日(土)X.Y.Z.→A デビュー15周年記念TOUR 2015「Miracle」
大阪は心斎橋 VARONに向かおうとして気がつく・・・

「新幹線の切符はどこや?・・・」

マネージャーの沼澤にメールする。
「この前の東京公演の時に確かワシに渡してくれたよねぇ」

CCしてたメンバーのみんなが
「渡してた渡してた」
と口々にResをよこす・・・

ないのよ・・・それがどこにも・・・

ワシは大事なものはとりあえずいつも持っているポシェットに入れる。
ところがその中どころかパソコンリュックの中にもトランクの中にも上着やズボンのポケットにもどこにもない・・・

当日になってふと思い出した・・・
「北京に行った時に一度中身を出したっけ・・・」

日本ではパスポートや人民元、
保険証やら免許証やら大事なものは全部ポシェットに入れて持ち歩いている。

でも中国で使わないものは逆に持ち歩いても仕方ないので着いたら北京の自分の部屋に置いてゆくのだ。

もちろん帰国するときにはまたポシェットに入れて帰るのだが、
その時に忘れてしまったのではないか・・・

老呉(LaoWu)にWeChatで連絡を取ってみる。

Kippu1.JPG

「あったよ・・・これだろ?」
おうっ!!やっぱここにあったか・・・

さて問題はこの切符をどうするかである。
今からEMSで送ってもらったところで絶対間に合うわけがない・・・(当たり前)

仕方がないのでこの写真を持って駅の切符売り場に行ってみる・・・

事情を説明したら、
「紛失証明をお出ししますので、チケットが見つかりましたらそれと一緒に持って来て頂ければ払い戻し致します」
とのこと。

大事なのはこのチケットは自動改札を通さずに必ず駅員さんがいる改札で使った後も手元に持っておかなければならない。

目的地に着いたら最終の駅にて「再収受証明」というハンコを押してくれる。

それをいつものようにポシェットのポケットに入れて、
帰りの切符も同様にハンコをもらえばあとは北京からチケットが届くのを待てばそれでよい・・・。

ところがライブが終わり、
ホテルに着いてチェックインしている時のことである・・・。

「これ・・・落とされてませんか?」
親切な人がこのハンコ入りのチケットを1枚届けてくれた。

「ありがとう御座います!!!」
きっと携帯を取り出す時に一緒にこぼれ落ちたのであろう・・・

ところが残っているチケットを見てみると、
帰りの乗車券と特急券はあるのだが、行きの乗車券・・・
すなわち拾ってくれた特急券のもう一枚の行きのチケットがないのだ・・・

つまりこれがなければ北京から切符が届いても払い戻しが出来ないのだ・・・

「沼澤ぁ・・・(涙)」
また涙ながらにマネージャーに電話する。

「見つかりました」と電話が来るまで数十分、
最終的には無事に4枚のチケットが揃った\(^o^)/

Kippu2.jpg

問題は北京からチケットが届くまでこれを失くさないかどうかである・・・

«新しい記事
最強のドライバー「娘」
前の記事»
美人だからスターなのかスターだから美人なのか