ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2011年6月29日

米田渡リハーサル開始!!

まあドラムの笠くんが参加してないのでCCBではないのであるが、
やる曲はほとんどCCBの楽曲だというから、
ワシにしてみたらいきなり「CCBに放り込まれた」ような感覚である(笑)。

別に今回のライブはCCBの代表曲を演奏しようというコンセプトではないが、
それでも聞いたことのあるような楽曲が多いっつうのが、
やっぱこのCCBというバンドがどれだけ売れていたかという証明ではあるまいか。

田口くんなんか6台の古いキーボードを並べ、
その中に「あの時の音色が残ってた」と言うのでみんな大喜び。
つまり「完璧に」再現出来るのである。

渡辺英樹とは昔からロックセッションなどをやってたが、
いざこうしてCCBの楽曲を一緒にやってると、
「CCBの声」なんやな、これが・・・

笠くんのパートを田口くんも含め誰が歌い回すか相談しつつ、
「このパートは俺、これ弾いてると歌えないんだよね」
とかでパートを入れ換えたり、
「全員が歌えるバンド」っつうのは素晴らしい!!

ワシは本当はクリームやグランドファンクレイルロードなど、
楽器をやる人間が歌っているバンドをやりたかったが、
どういう縁なのかワシは立ちボーカルのいるバンドしかやったことがない。

立ちボーカルがいると「歌モノ」となってしまい、
当然ながら歌に対する「バックバンド」となってしまうが、
(X.Y.Z.→Aを除く)
このように「全員が歌える」バンドになるとまた違う。

全員が「ボーカリスト」であり、「演奏者」であるのだ。

思えば日本のバンドの歴史の中で
ここまで「究極の形」を完成させたバンドはなかっただろう。

例を挙げると、
スターダストレビューも全員が歌い、
コーラスを重視したバンドではあるが、
リードボーカルの根本さんがいて、やっぱり他は「コーラス」である。

ところがCCBは今は一応渡辺英樹がメインではあるが、
ご存知の通り笠くんのハイトーンボイスがあり、
米さまも脱退した関口くんのパートを歌い、
どれもが同等の「リードボーカル」である。

「歌いながら楽器を演奏する」ということは、
ワシはもう早くから放棄している。

ひとつには「ドラムの上達のさまたげになる」というのもあるし、
何よりもワシは「そんなに歌うことが好き」ではないのだ。

「喉」というものはひとつの究極の「楽器」だし、
それを「コントロールして今のドラムよりも表現力を多彩にする」ということは、
ワシにとってはもうとてつもなく「難しい」ことで、
ハナからもうその「つもり」がないのだ。

ところがこの人達はその高度なコントロールをやりながら、
しかも楽器を弾いているのだ!!

「よく弾きながら歌えるねえ」
とワシはリハ中で何度も言った。

「いやー弾けてないし・・・」
と英樹は謙遜するが、
先日iPhoneアプリの音源をうちで録音した時、
ベーシストでもありエンジニアでもある仮谷くんなんか、
「いや〜渡辺英樹さんってどちらかと言うとボーカリストのイメージだったけど、
ベーシストとしての腕も相当なもんだ」
と舌を撒いていた。

しかしリハを一緒にやってみて、
やはりこの「楽器を弾きながら歌う」ということが想像以上に難しい!!

彼らのとって初めての「新曲」をやったのだが、
「ベースはこうだが歌はこう」とか、
歌っている旋律と違う旋律のベースを弾きながら、
またそのリズムが全然違うのだ。

そんなことをやりながら
「ここはじゃあ俺はハモの方に行くから」
とか、
「このパートはじゃあ俺が歌うわ」
とか瞬時に割り振りをしてゆく。

これに更に笠くんがいて、
その前には関口くんがいてこの作業をやっていたんだからそりゃ「凄いバンド」ですわ・・・

田口くんが6台のキーボードを駆使していろんなパートを弾いているのもあるが、
「ポップス」というジャンルはただでさえ音が多いのに、
それをこのユニットはワシも含めてたった4人でそれをやっているのだ。

高度過ぎる・・・

まあワシだけが1人前しか働いてなくて、
他の3人は2人前働いてるんやからな。

いやーライブが楽しみです!!
まだ予約チケット買えるようですので、
時間がある方は是非この「超絶」を見に来て下さい!!



AJ -米田渡- TOUR 2011 「冒険のスズメ」各プレイガイドにてチケット発売中!

■7/3(日) 神戸CHICKEN GEORGE
OPEN 17:00/START 18:00
チキンジョージオンライン http://www.chicken-george.co.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999(P-コード132-133)
ローソンチケット 0570-084-005(L-コード54060)
★INFO 神戸CHICKEN GEORGE 078-332-0146


■7/4(月) 名古屋BOTTOM LINE
OPEN 18:00/START 19:00
チケットぴあ 0570-02-9999(P-コード132-141)
ローソンチケット 0570-084-004(L-コード41305)
イープラス http://eplus.jp
★INFO名古屋BOTTOM LINE 052-741-1620


■7/6(水) 渋谷DUO MUSIC EXCHANGE
OPEN 18:00/START 19:00
チケットぴあ 0570-02-9999(P-コード132-532)
ローソンチケット 0570-084-003(L-コード73718)
イープラス http://eplus.jp
★INFOディスクガレージ 03-5436-9600 (平日12:00-19:00)


◆MEMBER 渡辺英樹(B/Vo) 田口智治(Key/Vo) 米川英之(G/Vo) ファンキー末吉(Ds: Support)

◆TICKET前売\5,500/当日¥6,000 (税込み)/ ドリンク代別途必要(神戸はドリンク・フード代別途必要)/整理番号順入場

◆プレイガイド発売日 2011年5月14日(土)各プレイガイド一斉発売

«新しい記事
CCBよもやま話
前の記事»
爆風銃でレコーディング