ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
やってもやっても終わらなう(>_<)
布衣2019年秋のツアー河北省と北京
ラジオで生演奏生放送((((;゚Д゚)))))))
旧パスポートとの戦い(>_<)
還暦記念亜州鼓魂ライブ
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
労働ビザとの戦い
布衣秋のツアー2018北京麦田フェスティバル
生楽器の新しいレコーディングのやり方
若きアレンジャーにお説教
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2011年5月18日

貴重な映像!!

ワシは1999年6月5日にこんな文章をUPしているから、
この映像はその翌月あたりに香港で撮ったものであろう。

これは当時ワシが千葉の放送局Bay FMのパーソナリティーをしていたということから、
「Bay FM開局10周年を記念してBEYONDと一緒に何か作れないか」
ということで彼らの所属レコード会社であるロックレコードと話をし、
その打ち合わせのために台湾に飛んだのであった。

プロデューサーは「賈敏恕」という台湾人で、
ワシが中国に行き始めた頃、同じように中国ロックの黎明期を彼らと一緒に過ごし、
そのおかげでその後ロックレコードの名うてのプロデューサーとなった。

ワシは彼がBEYOND担当だとは知らず、
遅々として話が進まない現状を打破すべく単身で台湾に乗り込んだのだ。

その日はBEYONDも台湾にいるというのでちょうどいい!!
雁首揃えて一緒に話をすればそれでいっぺんに解決ではないか!!

しかし中国関係の仕事がそんなにうまいこと進むわけはない!!
ここに書いてある通り、行ってみたらBEYONDはもう台湾にはいなかった。

本人不在でプロデューサーとふたりで進める会議。
昔北京でよく飲んでた台湾のギタリストがある日突然大プロデューサーになって、
その大会社の会議室でその大プロデューサーがワシにこう言った。

「スマン、奴ら・・・もう手に負えん・・・Out of Controlじゃ・・・」

「レコード会社から多額のレコーディング経費を取って、
それをメンバーみんなで分けて、
自分とこのスタジオでレコーディングと言いながら、
毎晩レコーディングもせずにそこでダベって酒飲んで、
結局これだけ大金を払ってまだ何も録ってないの?!!」

日本からのこんなわけのわからんプロジェクトより、
早く自分達のアルバムを録ってくれよというわけである。

結局その後、レコード会社はまるで関係なく、
WINGが間を取り持ってくれてやっとレコーディングが行われた。

この映像はその時のものなのである。
懐かしい・・・

そう言えばこの時の行程は2泊3日かなんかで、
ワシは夜は飲みで昼はずーっと待機してたなあ・・・

奴ら絶対昼間は起きて来んし・・・(笑)

結局レコーディングが始まったのも最終日の夜中だったような・・・
最終的にお金を出した日本のロックレコード、
日本ではこんなアルバムも発売したようだが、
結局もとは取れたんでしょうか・・・

取れるわけないわのう・・・

«新しい記事
昔のJazz仲間セッション
前の記事»
錯視「回る猫」のヒミツ