ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
恩師との思い出
母の四十九日
ファンキーはんと大村はん東北ツアー
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2009年7月31日

江川ほーじん考

先月のほーじんのライブは大阪で仕事をしていたので見に行けなかったが、
今回は予定をちゃんと空けて、
爆風銃(バップガン)のギタリスト、かんじさんと一緒に見に行った。

かんじさんも俺も、ほーじんと一緒にステージに立ったことはあるが、
ほーじんのプレイを客席から見たことは一度もない。

「ほーじんってあんなに楽しそうに弾いてたんだなぁ・・・」

かんじさんが開口一番ぼそっと漏らす。
何を隠そう俺も最初に思ったことはそれだった。

当時の爆風銃(バップガン)
そして「笑えるパンクバンド」だった初期の爆風スランプ、
どちらも自分にとっては「怒り」のイメージである。
やり場のない怒りのパワーを音楽に転嫁して爆発させる・・・
それが「ロック」というものなのか、はたまた・・・
後で思い起こすとそれが自分たちの「青春」と言うものだったか・・・
それも今となってはもうよくわからない。

兎にも角にも江川ほーじんはいつも怒ってた。
世の中の不条理を全てベースにぶつけているようなところがあった。
俺も怒っていた。
何に怒っていたかはもう今でははっきりとは思い出せないが、
それはその後、中国に渡って何かがふっ切れるまでずーっと続いた。

ほーじんの人生に何があったのかは知らないが、
何かそのようなふっ切れることがあって今に至ったのか、
もしくは最初から実はふっ切れてたのかは今となっては確かめる術はない。
ただあの笑顔から感じることはひとつだけ、
「ヤツはベースを弾いてるのが楽しい」
ということである。

中国でいろんなミュージシャンと会う。
顔に「金」と書いて荒稼ぎしている売れっ子ミュージシャンや、
アンダーグランドのライブハウスで
「かったりーなー」
とばかりやる気のないドラムを叩く若いドラマー・・・
そんな連中は言わばまだ音楽の「入り口」にまでたどり着いてないと言えるが、
ほーじんのこのプレイは既に「出口が見えている」域まで来ていると感じた。

弦を思いっきり上下に叩き付ける独特のスラップ奏法。
ピックアップから見て弦は左右に揺れるのではなく遠近に揺れるので、
その結果必然的にアタックばかりで音がうまく拾えない。
それを解決する方法として当時のほーじんが編み出したのが、
4000ワットのベースアンプをフルテンにして、
スピーカーの方で自然にリミッターがかかるという方式である。

だからヤツはいつもそのPAよりでかいベースアンプを必ず持ち込んでいた。
もちろんこのX.Y.Z.→Aの店にそんなシステムを持ち込まれた日にゃぁ、
店はまず間違いなくその日で営業停止である。

ただでさえ一度、下の店から苦情が来たことがある。
「三井ぱんと大村はん」のライブの時である。
音量が小さいはずのギターとボーカルだけのアコースティックライブでどうして苦情が来たのか?
それは三井ぱんが「おっぱいがいっぱい」という曲(今や壮大な組曲となっている)の中で、
「ぽこちんぽこちんぽこちんぽこちん」
と叫びながらコダックダンスを踊ったからである。

何故にラグタイムブルースデュオでコザックダンスを踊らねばならないのかは意味不明だが、
そのドンドンという振動が床を通して下の店に響き、
ちょうど下で貸し切りの宴会をしていたビルのオーナーの逆鱗に触れたのである。

まあ「ぽこちんぽこちんぽこちんぽこちん」で店が潰されたら泣くに泣けないが、
先月のほーじんライブではある程度の覚悟はしておいた。
「ほなちっこいアンプ持ち込むわ」
と言いながらそれを爆音で鳴らすほーじん。
手伝いに来た仮谷くんは冷や汗ものだったと言う。
何せベースアンプだけではなく部屋じゅうがスピーカーとなって揺れ、
棚に置いてある焼酎がカタカタと鳴っていたと言うのだから。

それでも彼は「大人になった」と言えよう。
4000ワットのシステムの代わりに
「ちっこいアンプ」とエフェクターによって音を作るようになったのだから。

しかしその「プレイ」は決して「大人」になってはいなかった。
「一歩下がって人をサポート」なんてことは一切しない。
人とぶつかろうが喧嘩しようがおかまいなし。
ヤツのプレイを聞いているとヤクザ界で使われるこんな言葉を思い出す。

「人間、出て生きるか引いて生きるか」

出て生きたければ人とぶつかるしかない。
だから爆風初期のリズムセクションの音というものはいつも「喧嘩」していた。
そしてそれが初期の大きな魅力だったのであろう。

それはヤツの「生き様」そのものだった。
だから俺はバンドのためにヤツを「抱いて沈む」しかなかった。
今考えればそれも俺の「生き様」だったのであろう。

ヤツがバンドを脱退し、
その後包み込むような音と、まさにそのような人間性の和佐田が入って来た時、
俺は解放され、そしてほーじんと同じように・・・暴れた・・・

俺とほーじんは実は同じコインの表と裏だったのだ。

10年ぶりに再会した時、ほーじんは俺にこう言った。
「末吉は器用になり切れない器用貧乏なんやな」

そう、器用だったからこそヤツよりは人とぶつからずにすんだし、
だからこそ土壇場の部分でやっぱり・・・ヤツにはかなわない・・・

一度別れた枝葉は、またねじれて絡み合うことはあるが、
決してまたひとつの枝となることはない。
でもとどのつまりは同じような人間なのである。
ほっとけば多かれ少なかれ同じような人生を送るのも言わば当たり前のことなのかも知れない。

かくしてほーじんは今もベースを弾いていて、
俺も今でもドラムを叩いている。
この世知辛い世の中で、
別れてもお互い今もそれを続けているということだけで「奇跡」と言ってもいいことであろう。

MCで「もう老眼で譜面が見えへんねん。
譜面台に置いたら近過ぎて見えんし、
そやから床に置いとるんやけど今度は遠過ぎて見えへんねん」
と言ってたので、
最後の曲でステージ前まで出て行って床に散らばっている譜面を手で持ってやったら、
客の方がびっくりして一斉に写メを撮りだした。

おいおい・・・俺ら別に・・・そんなに仲悪くないぞ・・・

お互いもう50である。
いろいろあったけど別に憎み合う理由なんてありはしない。
「一緒にセッションでもやろか?」
「おう!何でも呼んでくれや!何でもやるで!!」

生きてれば会うこともあるし、
お互い音楽やってればまた一緒にやることもある。
ただそれだけのことなのである。

「恭司さん、久しぶりにセッションしませんか。ベースはほーじんで・・・」
山本恭司を仲人として、8月14日、ほーじんと20年ぶりに同じステージに立つ。

この日の爆音で店が閉店に追い込まれても・・・
ま、「ぽこちんぽこちんぽこちんぽこちん」で潰されるよりはいいか・・・

«新しい記事
樋口っつぁんのドラムセット
前の記事»
7月18日プロとJamろうジャムセッション