ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
プノンペンの隣町「タクマウ」
カンボジア希望の星プロジェクトまとめ
400ドルのバイクとの戦い
カンボジアに部屋借りてトイレで自炊(笑)
Wing & Paul「衝動効応」マレーシア
カンボジアRock!(◎_◎;)
Wing&Paulシンガポール
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
株(クイゼ)を守る
桃源郷の村人たちの暮らし
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2008年4月 1日

ブータン王国の話

嫁の実家にいた時ずーっと関西ローカル製作のテレビ番組を見ていた。
非常に面白い!
くだらないのからためになるのからいろいろあるのだが、
とある番組のいちコーナーでワシは画面にくぎ付けになった。

番組の司会者が素朴な疑問を番組で掘り下げてゆくのだが、
その日のテーマは「ブータン王国初の総選挙」。
台湾の総選挙が大きな話題になると言うのならわかるが、
新聞ももの好きやのう、なんとマイナーな事件を取り上げとるのう・・・
と思って調べてみたらこれが物凄い!
と言うコーナーであった。


ブータンと言うのはヒマラヤ山脈に面した
人口100万人足らずの小さな国だそうだ。
産業と言えば
その急斜面を利用して発電した電気を近隣諸国に売っているぐらいで、
基本的には農業を営んでやっとこ生活しているであろう小国である。
政治形態は王様による統治が100年以上続いている王国で、
その王様がとにかく国民に愛されていて、
国民全てに「統治されている」と言う意識がないのだと言う。


そこの国王が突然言い出した。
「民主化するぞ!」
ところが国民誰もがそんなことを望んではいない。
それを国王が全ての国民をひとりひとり説得してまわった。
「権力が一箇所に集中するのはよくない。
今はよくても、もし統治者が悪い人間だったらどうなる?」
と・・・
国民は「敬愛する国王様がそう言うのならば」と言うことで、
ここに初の総選挙が行われたと言うことなのである。

凄い話である。
どっかの国の権力に固執している政治家に見せてやりたい。


この国王はもの凄い考え方を持った人で、それは、
「国にとって大事なのはGNP(国民総生産)ではない、
GNH(国民総幸福量)こそが最も大切なものである!」
と言うものである。
そして国勢調査の最後に書かれている
「あなたは幸せですか」
と言う質問に、
国民全員の何と97%の人が「幸せです」と答えると言うから驚きである。

インターネットもテレビ放送も
「まだいらんじゃろ」
と言うことで整備されてないし、
たったひとつあった信号も誰も使い方がわからず、
「やっぱこれもいらんわ」
と取り外されたと言う。

外国との交流は制限されており、それは
「観光収入よりも文化や伝統や宗教を守る方が大切だ」
と言う考えに基づいてのことである。


その宗教と言うのがここの国教である「チベット仏教」。
これでワシは何となく全てを理解することが出来たような気がした。
去年訪れたチベット自治区、
そこの最高僧侶が庶民と同じく質素な生活をしていたのと同じように、
ここの国王も庶民と同じ普通の住居に住み、
修行に生き、ひたすら世の幸せを祈る、そんな「生き方」なのである。

そして精神世界の頂点のようなこの国が「友好国」としている国が何故か日本。
物質文化の極みなような、
「幸せですか」に何人の人が「幸せです」と答えられるかわからんような、
そんな日本が何故だかこの国が選んだ「友好国」である。

その理由にはひとりの日本人の存在が大きいと言う話を聞いた。
とある日本人がブータン王国に半生を捧げ、
島国で培った急斜面での農業のやり方を伝授したのだと言う。

彼はもちろん日本では知る人もいない無名人だが、
ここブータンでは知らない人はいない英雄である。

似たような話を内モンゴルで聞いた。
とある日本人が半生をここに捧げると決意し、
一本一本植林したその砂漠は、今では森になっていると言う。

凄い人たちもおるもんじゃ。

中国ロックのために半生を捧げ、
北朝鮮にまでロックを伝えようとするアホなら知っている。
「ワシは幸せじゃ」と毎日酒を飲んでいると言うからブータン国民にちょっとだけ近い。

このアホがほんまもんになるためには、
やっぱ一生それをやり続けることなんやなぁと思った。

いやほんま。
世界は広いでぇ。

«新しい記事
中国のJAF
前の記事»
Funkyスタジオ八王子