ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2017年5月21日

日本の華僑ネットワーク

このイベントの共同主催の会社、中央電視台日本支社の社長は古くからの知り合いである。


DeYunShe624.jpeg

昔、ワシの中国での活動を日本のNHKがドキュメンタリー番組にしようという時に、中国での受け入れ先として中国の中央電視台の担当者だったと記憶している・・・

まさか自分の会社(笑)がこんなイベントを主催することになろうとは夢にも思わなかった頃、その社長と飲んでる時にワシはこんな問題提起をしたことがある。

「Wingのコンサートでオーストラリアイタリアに行った時に、地元の華僑会とかが主催とかしてどこも満杯になっているのに、日本にはそんな強力な華僑ネットワークがないよね」

考えるに、日本における「華僑」とは台湾系が多く、
例えば中華街などの中国人は既に3世や4世、
中国語を全く喋れない日本で生まれ育った世代だったりするからでは・・・

などと勝手に結論づけていたのだが、
まあアメリカでもサンフランシスコのチャイナタウンなどに住む、もうアメリカ人と全く変わらないチャイニーズ達の他に、ニューチャイナタウンと呼ばれている中国大陸から移り住んだ金持ちの住む地区があるのと同じように、
日本にもそんな新しい華僑ネットワークがあって、この人はワシのそんな話を受けて遂にそこを見つけたのかも知れない、音楽や演劇と違って中国語が分からないと全く楽しめない漫才というイベントで、もう既に国際フォーラムを半分埋めるだけのチケットが捌けていると聞いてびっくりした!(◎_◎;)

いや、ワシの知り合いの著名ミュージシャンと呼ばれている人達でもなかなか国際フォーラムに日本人を数千人動員出来んでぇ・・・(笑)

などと楽観視しながらこの会社の会計を担当してくれる人とミーティング・・・
「会社はまだ興したばかりなので収入はないでしょうが、
もし収入が1000万を超えたら国に消費税を納めねばなりません」
などと説明されてるのを聞いて、LuanShuに何の気なしに聞いてみた。

「まあ収入はこのイベントが終わってみなきゃわからんだろうが、
現状で経費っつうのはどのぐらい使ってんの?」

何せ「Funky~すまんが数百万立て替えてここに振り込んどいてくれ~」なんてことを言ってたぐらいだから、
ひょっとして経費が1000万超えてたら、
まあイベントがトントンだとしても支出が同じだけだとしたら1000万超えて消費税80万って・・・これ結構大きいなぁ・・・などと後で思ったら小さい小さい金額のことを心配してたワシは、LuanShuのこの返事を聞いてぶったまげることとなる。

「経費ねぇ・・・日本円で全部で3000万ぐらいかなぁ・・・」

!(◎_◎;)

あーたワシの知らんいつの間にそんだけ大金を・・・
と思ったら中国人の有名漫才師を招聘してるわけだから、当然ながらギャラの支払いは中国で人民元で支払われるのだ、ワシが知る由もない・・・(>_<)

しかも日本円で1000万クラス!(◎_◎;)

あかんがな!!国際フォーラム半分ぐらいで凄いなぁゆーてたらあかんがな!!石に齧りついても満杯にせな大赤字やがな・・・(涙)

ということでワシがついて行っても全く力にはならないのだけれども、
「力を借りたい人に会いに行く」
というので一緒について行ったところが・・・

日本中華総商会

KakyoNetwork1.jpeg

ほんまにあったんや・・・こちらで商売をやる中国人の連合組織!(◎_◎;)

KakyoNetwork2.jpeg

ワシから言わせたらちょっと台湾訛りの変な(失礼)中国語を喋る横浜の中華街なんかの華僑達とは全く違う、ちゃきちゃきの大陸出身者の中国語を喋る華僑達がワシの目の前で熱弁している・・・!(◎_◎;)

今や日本の華僑社会も彼ら「新華僑」の時代なのか・・・

「うちと組めば宣伝関係はばっちりだと思いますよ(中国語)」
お願いしますお願いします!!(必死)

イベントの後援をお願いして和やかにその場をおいとまする時にこんなことも言われた。
「あなた方もうちの会に入ればどうですか?」

そうか・・・ワシとLuanShuのこの会社ってもう立派な「日本の華僑華人の会社」なのか・・・!(◎_◎;)

自分の国が住みにくいと思った中国人達は、国を飛び出して新しい土地の文化と言葉を覚え、そこを新天地として「華僑」となった。
ワシもこの日本を飛び出して中国を新天地として「和僑」になるのだ!!
そう思って中国に渡ったワシが、回り回って日本で「華僑社会」の中に組み込まれようとしている(笑)

願わくば人民間の関係が国家関係に左右されることなく安泰であって欲しい・・・

KakyoNetwork3.jpeg

ps.「そうだFunky、当日は北京からもいっぱいミュージシャンの友達が来るから、どっか楽器があって演奏出来る打ち上げ会場探しといてくれ」

!(◎_◎;)

どなたか6月24日有楽町の国際フォーラムから歩いて行ける範囲で、50人ぐらい入れて21時頃から貸切に出来る楽器が常備してあるお店知りませんか〜(>_<)

«新しい記事
むっちゃ便利な中国のレンタル自転車サービス
前の記事»
新疆ウイグル自治区ウルムチ爽子(Shuangz)ツアー最終日