ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2017年4月20日

週末は海外でミュージシャン、平日は日本で会社従業員(>_<)


DeYunShe624.jpeg

もうね、わけがわからない(>_<)

なんで日本では全く無名な、
しかも字幕も出ずに中国語で行われる漫才のコンサートで東京国際フォーラムを押さえる?(>_<)

しかも既にチケットぴあでも発売開始されていて、
なんと5万円のVIP席は既に完売???!(◎_◎;)

どうなってんの?・・・日本に中国人何人おるん?
っていうよりその主催がFLY株式会社???・・・!(◎_◎;)

「FunkyのF、LuanShuのL、あとアメリカにいる天才アレンジャー張毅(ZhangYi)のYを取ってFLYっつう会社員を日本で興すから〜」
って一応言われるままにほんのちょびっとだけ資本金入れたんやけど、
ほな取締役!!・・・ってまあ日本人ワシしかおらんからええけど〜・・・

ってその会社でこんな大きなことやられたらもうワシの手にはおえんのですけど〜・・・(泣)

今は香港経由でなくても中国の銀行から多額のお金を日本の銀行に振り込めるらしく、そのためには必然的に会社名義の口座が必要だということで前回物凄い行程で来日!!

もうね、日本の銀行めんどくさい!!(>_<)

事務所の登録地の近くの銀行じゃないとダメだとか、
外国人でこちらに住民票がない人はダメとか、
日本人でも代表取締役でないとダメだとか・・・

ちなみに「取締役」って銀行で書く書類上では「従業員」(>_<)
ワシ・・・生まれてこの方サラリーマンやったことないのにいきなり従業員(>_<)・・・

もうね、前回は代表取締役は日本におらんからということでこの従業員相手に1時間以上面談してどうだこうだ言われて、
「では一週間から10日間後に連絡します〜」
というわけで結果を待ってたところ連絡が来て・・・結局ボツ!!(>_<)

「理由はお伝え出来ません」・・・(涙)

もうね、このおかげで
「また来日して至急別の銀行で口座開設するよーに!!」
というわけでまた緊急来日(>_<)

いやね、別に爽子(Shuangz)のツアーは週末だけだからええのよ、平日は空いてるし・・・

従業員頑張る!!
今回はいくつ銀行廻ったやろ・・・(>_<)

もうね、会社の書類いっぱい持って銀行廻って・・・
1時間以上あーだこーだ言われて手書きでいっぱい書類書いて・・・

でも今回はLuanShuも来日してたので連れてった。
まあ日本語なので「委任状」とやらにサインしてあとはぼーっと聞いてるだけやけど・・・

委任状の住所とか全部手書きで本人が書け」と言うので、
「日本で使ってる漢字で書いてよ!!」
ときつく言い渡す。

日本で使ってる漢字と中国で使ってる漢字は微妙に違ったりするから、
「登記と違う」
とか言われてまたやり直させれたらたまらんもんな・・・

銀行は3時までやってるから本当はもう一軒銀行廻れたんやけど、
「もう無理!!」
ワシの方が限界で、
「もうこのぐらいにしませんか(泣)」
ということで終わりにしてもらった。


それから向かったのは中国の中央電視台の日本支社!(◎_◎;)

いやね、あるのは知ってた。
昔ワシのNHK−BSのドキュメント番組を中国で撮った時、
中国の中央電視台の担当だった人が日本に来ていて再会してLuanShuに紹介したのだが、
なんとその人は今日本支社の社長なのな・・・!(◎_◎;)

しかもそこにはちゃんとした撮影スタジオがあって、
毎日夕方にはそこから全中国に生放送出してるって・・・

知ってた?・・・・知らんわなぁ・・・もう色々びっくり(>_<)

渋谷のオフィスビルの中央電視台に来てみれば、
なんとその人とLuanShuを中心にものものしい会議!(◎_◎;)

しかも当然ながら全部中国語(>_<)
ここは日本か?・・・

会議はヒートアップして、
中国人相手の宣伝だけではなく、
「日本にいる中国人は中国のメディアだけ見てるわけじゃないだろ、日本のメディアにも広告打たなきゃなんないだろ」
ということで山手線まるまる広告とか、
そんな恐ろしい話がぽんぽんと飛び出る!(◎_◎;)

また
Funky〜すまんが数百万立て替えてここに振り込んどいてくれ〜
とか、それ以前に現在ワシの個人口座でこの会社の金銭をやり取りしてるんやけど、その口座でこれ以上多額の金のやり取りされても困るがな・・・(>_<)

こりゃ早く会社の口座開設せないかんなぁ・・・
と頭抱えてたらLuanShuがこちらにいる中国人ネットワークを介して中国工商銀行の人間を紹介された・・・

「それええやん!!」
もうね、日本の銀行がここまで中国人の会社の口座開設させたくないなら中国の銀行でええやん!!

・・・って日本に中国工商銀行あるんや・・・!(◎_◎;)

GongShangYinHang.jpeg


行って来ました!!丸の内の中国工商銀行!!

窓口の女性はどうやら日本人のようだが、
ところどころ張り紙とかは中国語で、一瞬ここが日本なのかどうかわからなくなる・・・

(写真自粛)

担当者がやって二人やって来た。
もちろん中国人(笑)

「中国人ならワシもう何も喋らんし〜代表取締役と中国語で喋ってや〜」

ということでネイティブ同士の融資に関する専門用語の連発!!
ワシ下ネタと音楽用語しかわからんし〜専門用語わからんし〜
・・・と思いきや、よくよく聞いてみるとほとんど雑談!(◎_◎;)

何これ?・・・

日本の銀行だと全くと言っていいほど雑談は挟まない。
ワシが時々
「漢字って選べるけど書けませんよねぇ」
などと言って気分をほぐそうとするのだが、
「そうですねぇ」
で終わる。

それがこの人たち、銀行口座開設の内容は一切喋らずずーっと雑談しているのだ!(◎_◎;)

まあもうひとりの人が時々資料には目を通し、
書類をコピーに行ったりするのだが、
戻って来るとまた雑談に加わる!(◎_◎;)

小一時間そんな風に雑談してただろうか、
「じゃあこちらから連絡しますよ、WeChat教えて下さい」

え?!(◎_◎;)・・・

日本の銀行で「じゃあ連絡はLINEでしますから」とか言うか?・・・

どうやら日本の銀行は必ず電話で連絡する規則があるらしく、
ワシなんか海外にいるんだからメールで連絡に出来ないかと言っても必ず断られる(>_<)

この会社のために日本に派遣されてやって来たマンニーちゃんを連れて行って
「連絡は彼女にお願いします」
と言っても、外国人登録証をコピーして、
来日してまだ半年経ってないからその資格がないなどと言う銀行もあった。

日本でもWeChatで連絡しようや〜
そしたら海外にいても連絡つくしWeChat無料通話で電話も出来るし〜・・・

ほな〜ということで席を立とうとした時に、またLuanShuが衝撃的なことを言った。

「これから昼休みでしょ?一緒にメシでも行きませんか?」

!(◎_◎;)・・・

中国ではおそらくこれで一緒にメシ行ったりするんやろから誘ったんやろうけど・・・
あいにくそのお二人は昼休みに用事があるそうで残念ながらとのことだが・・・
「じゃあ明日の夜でもメシ行こう」
・・・って行くんか??!(◎_◎;)

・・・これ、行ったとしたら日本の銀行やったら絶対クビやな・・・

「じゃあ帰る前に記念撮影」!(◎_◎;)
・・・って中国工商銀行の看板の前で一緒に写真撮りながら考えてたんやけど、
日本の銀行だったら機械的ににとにかく細かく質問をして、
それをデータとして紙に書き込んでそのデータを上司が見てから口座開設するかどうかを判断する。
中国だったらその上司自身が一緒にメシを食って、
この人が本当に悪いことをするかどうか人を見て口座開設するかどうかを判断する・・・

どっちが正しく判断出来るんかのう・・・


もうやるだけのことはやったので次のツアー先、南京に向かう・・・
従業員からミュージシャンに戻りながら考える・・・

実は6月24日ってひとつ仕事が来てるのよなぁ・・・
この若手ロックシンガーの全中国ツアー・・・

「そんなのぶっちしてお前も現場にいろよ!!我が社の最初の大きな仕事なんだからな!!」
って言われても別にワシおってもやることないし・・・

そもそもワシの中国語レベルじゃ中国語の漫才聞いたってわからんし・・・
(最近は難聴で日本語の漫才聞いてもところどころ聞き取れなくて笑えない)

おっても何もやれん「従業員」なんやったら、
週末なんやからミュージシャンしときたいなぁ・・・

・・・と思って今回はチャンスを見てその日は何とか現場に来ないように言おうと思ってたら・・・

銀行の書類持って日本の街並みをこいつと肩を並べて歩いていて、
「あれからもうすぐ30年・・・」
いろんなことを思い出して来た・・・

日本から持って来たCDや楽器を担いで北京の街並みをこうやってこいつと歩いてた・・・

「ファッキンガバメントはロックを恐れている!!
だから俺たちはロックを聞くことも演ることも出来ないんだ!!」
そう言う彼らのために、本気で日本に「亡命」する方法を考えたりしてた・・・

食うや食わずのしがないロックミュージシャンが、
今ではビザを取って自由に日本に来ることが出来るようになって、
一千万単位の金が動くイベントを企画している・・・

そんなこいつのために日本のいろんなこいつの友人が一生懸命動いてこのイベントを成功させようとしている・・・

別に昔から仕事だと思ってヤツらと一緒に色々やってたわけではない。
友達のために色々動いてあげてただけである・・・

ま、週末だけどミュージシャンやめてもう一回従業員になったげてもいいな・・・
そう思いながら南京へ旅立つのであった・・・

«新しい記事
忘れ物大作戦
前の記事»
内モンゴル包頭(BaoTou)