ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣秋のツアー2018雲南省
支援は人のためにあらず
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
日本の音楽が危ない 第2弾 コンセプトアルバムの発売に支援を!クラウドファンディング募集中

2016年3月 9日

日本人の一流ミュージシャンばかりでバックバンド再開!!


日本の一流ミュージシャンで中国人のバックバンドという話、先日ドタキャンになったばかりだが、旧正月も明けて晴れて仕切り直しということでまた話が来た。

しかし相変わらずスケジュールが急で、何と3週間後の週末4日間というスケジュールである(>_<)

前回のミュージシャンはほぼ全員スケジュールがNGで、結局今回は最初っから探し直さねばならない(>_<)

前回はワシが参加出来ないということでドラマー探しが大変だったが、
今回はキーボーディストが見つからずに大変で、困り果てて井上鑑さんや難波弘之さんなど超大御所にまで連絡したが、まあ空いてるわけないわのう・・・(困)

最終的には人からご紹介してもらったりして何とか全てのミュージシャンのスケジュールは「仮押さえ」させてもらったが、毎度ながら大変なのはここから!!

ちゃんと「前渡金」をゲットしてミュージシャンに半金をお振り込みせねばならない・・・

前回もそうだが、中国独特の「事情」でドタキャンになったりしたら、それは日本人ミュージシャンに取っては全く関係ないことなので、中国の仕事ではこの「前渡金」を取らないと「大決定」というわけにはいかないのだ。

幸い「契約書」的にはLaoLuanのところに前回の契約書が残っているので、その名前だけを今回のミュージシャンの名前に書き換えればよい。
ビザの発給に必要な「招聘状」も同様である。

ところが実は大変なのは「両替」・・・(>_<)

その昔、人民元から日本円とか外貨に両替するには、必ずその外貨を人民元に両替したレシートが必要であった。
つまり持ち込んだ外貨以上の外貨を持ち出すことは出来ないということである。

ところが今ではそれがなくなって、基本的には外貨持ち出しはOK!!
ただ今回のように5人分の前渡金となると額が大きくなって大変である。

その上に昨今の中国人の爆買いツアー・・・
中国政府としては中国人が無制限に外貨を持ち出す現状を何とかせねば手持ちの外貨が全部日本に流れて行ってしまう・・・というわけで当然ながら制限をかけているようだ。

もしワシが日本円金持ちだったら、
「いいよ、日本円で立て替えとくから」
と手持ちの日本円でミュージシャンに先に振り込んでおいて、
LaoLuanはワシにWeChatで送金でもすれば一番簡単なのだが、
あいにくワシの暮らし振りはそんなに豊かではない(>_<)

幸い今回弁護士ミーティングのため帰国するので、
「昨日3月8日の正午までに日本円を受け取れれば日本に持って帰ってミュージシャンに振り込むことが出来るよ」
ということに相成った。

ところが3月8日は月曜日で、制作側の担当者は外国、社長は地方で社判を押せないとか色んな問題があったが、LaoLuanの「社判は後でいい!!先に金をよこせ!!」という鶴の一声で午前中に何とか人民元をゲット!!

それをLaoLuanが銀行で日本円に両替!!
・・・しかし爆買いの昨今の状況のせいか、銀行自体に日本円をそんなに置いてない(>_<)

「空港なら外貨は十分に置いてあるはずだ!!」
ワシは帰国の荷物を持って先に空港に向かう。

渋谷有希子(よーしーず)にも一応パスポートを持って徴集をかけ、
中国人であるエンジニアの方言(FangYan)にも徴集をかけておく。

ワシら外国人のパスポートでは7000元しか両替出来ず、
中国人のIDだと確か2万元まで両替出来るからである。

かくしてみんなでしっちゃかめっちゃかで何とか両替を済ませ、それを持ってぎりぎり飛行機に飛び乗ったというわけである。

ちなみに人民元を日本で日本円に両替することも可能だが、
レートが非常に悪く、中国で両替するよりも2〜3割損することもザラである。

その昔、香港ドルを日本で両替しようと思って大変な目にあったが、
これと同じで、日本でドルに両替する人の方が日本で人民元や香港ドルに両替する人よりも圧倒的に多いわけで、多ければ手数料も安いし、少なければ手数料が高いのは当たり前である。

今では銀聯カードで中国の口座から日本円を引き出せるが、それも既に制限がかけられていてすぐに限度額に来てしまう(>_<)

日本人ミュージシャンが中国でバンバン仕事をする時代はもうすぐそこまで来ているとワシは思うが、問題はここやな・・・

今年の10月には人民元が国際通貨になるという噂じゃが、
そうなるともっと外国送金とか楽になるんやろか・・・

そしたら今や日本では死滅してしまったかも知れない「インペグ屋」っつうミュージシャンブッキング会社も合わせて復活するかも知れんな(笑)

いや、むしろそれを望む!!
もう人助けでこの作業続けるのも限界!!(>_<)

«新しい記事
心のスキマ埋められた?・・・
前の記事»
青島の领导(LingDao)たち・・・