ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣秋のツアー2018新疆ウィグル自治区「ウルムチ」
布衣秋のツアー2018寧夏のグルメ
「おすし」肩慣らしライブ@八王子
布衣秋のツアー2018寧夏回族自治区「銀川」
布衣秋のツアー2018北京麦田フェスティバル
布衣秋のツアー2018青海省「西寧」
布衣秋のツアー2018陝西省
布衣秋のツアー2018内モンゴル自治区
布衣秋のツアー2018山西省「太原」
布衣秋のツアー2018河北省
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2015年4月20日

寧夏回族自治区銀川ツアー3本

布衣のボーカル老呉(LaoWu)がブッキングするというのもあって、
彼の故郷寧夏回族自治区でのライブが多くなる。

今回はいつもお世話になっている涼縁Barが18周年(ハンパやなぁ・・・笑)ということで日本からの旅費も出るというので小畑とユッコちゃんもブッキングした。

先日の天津と北京のライブも、
「せっかく来るのだから」
ということでこれにくっつけたというわけだ。

本当はVoThMも一緒にと言ってたのだが、
「世界で一番美味しい羊肉が食べられるよ」
と誘ったんだけど、英樹さん丸山さん共に
「羊なんか食えないもん」
と言ってたのでVoThMなしとなった。

しかしお二人ももうこちらの羊肉の洗礼を受けて食べられるようになったので19周年から参加か?!!(笑)

それにしてもこのBar、
せっかくそんな大金を出すんだったら北京からもっと有名人を呼べばいいのに、
わざわざ「高水準音楽秀」と称して「Funky和他的朋友们」としてワシらをブッキングしてくれるんだからちょっとオカシイ(笑)。

でもそのオカシイのが
「水準が高い音楽だったらそれでいいんだ」
というとてつもなく「ROCK」な思想(演奏してるのはJazzだったりもするが)でいつもとてつもなく「カッコイイ」と思ってしまうのだ。

LiangYuan18ZhouNian1.JPGLiangYuan18ZhouNIan2.JPG

15日天津、16日北京のライブを終えて、
そのまま17日に移動して砂漠に行って遊ぼうということになってたが、
老呉(LaoWu)が障害を持つ子供たちのための曲を作ったので、
そのチャリティーライブがあるということで参加して来た。

AiDeLuShangTicket.jpg

そこでちょっと懐かしい仲間と再会!!

名を張海龍といい、10年近く昔になるが、ワシの院子で住んでた真面目で貧乏なベーシストだった。

真面目で貧乏な若者は大好きなのでいろいろ面倒を見てたのだが、
老呉(LaoWu)が「彼んちは本当に貧乏でねぇ・・・」と言ってたので本当に貧乏だったのだろう。

覚えているのはみんなで牛肉しゃぶしゃぶを食いに行った時、
牛のいろんな部位を図解している表を見て、
「牛スジが載ってないじゃない、どこの部位なの?」
と聞いてきたのが印象に残っている。

「この店にはいつもお前が食べてる牛スジは扱ってないんだよ。
食べたことない牛肉がいっぱいあるからいくらでも食え!!」

そんな彼は電気が強かったのもあり、
「うちのスタジオで専属エンジニアやんないか?」
と勧めたのだが、
「僕はベーシストになりたいんです」
と言ってそれを断った。

「別にベース弾きながらエンジニアやればいいんだよ、かっこいいじゃん!!」
と説得したのだが、人のいい彼にしては珍しく頑固にそれを断った。

それから数年後、うちの院子出身の同郷の仲間がライブハウスを開くというので、
彼はそこのエンジニアとして呼ばれて行った。

結果そのライブハウスは大成功し、彼はまとまったお金を持って田舎に帰り、ライブハウスを始めたという話は聞いていたが、縁あってこうして初めて彼の店で演奏するチャンスが訪れたというわけだ。

ライブハウスのドアを開けると地元のスカバンドのリハーサルが行われており、
彼が神妙な顔をしてエンジニアをしていた。

ベーシストがリハに来れなかったのかベース抜きでそれこそスカスカの音でリハーサルをしてたのだが、
しばらくして突然ベースが聞こえて来たと思ったら彼が卓を離れてステージに上がってベースを弾いていた。

YinChuanTongGuanSkaBandRh.JPG

「別にベース弾きながらエンジニアやればいいんだよ、かっこいいじゃん!!」
ワシは昔彼に言ったそんな言葉を思い出して思わずニヤニヤしてしまった。

ふと見ると壁にはいろんな写真が貼られていた。

TongGuanPhoto1.JPG

昔仲間で今では故郷のロックスターとなった老呉(LaoWu)の写真だけでなくワシとの昔の写真もちゃんと飾られていた・・・

なんか懐かしくなって胸が熱くなった・・・

10年近く会わなかったけど、
彼の中ではずーっとこのワシがいた・・・

回族である彼が最初に出来た彼女、
同じ回族じゃないということで両親に猛反対されていた話とかも思い出した。

今は結婚しているというがその彼女かい?・・・
いろんな話をしたかったが、この日はバタバタしててゆっくり話せなかった。

「どうだい?経営の方は?儲かってるかい?」
そう聞くワシにいつもの素朴な笑顔で頭を掻きながら、
「いや、決して儲かってはいませんが・・・」
そう答える彼に、
「俺でよかったらいつでもライブやりに来るからな」
と言い残してこのライブハウスを後にした。

老呉(LaoWu)のように故郷に錦を飾るロックスターにはなれなかったけど、
無一文で北京に出て行ってこんな素敵な店のオーナーとなって地元のロックに貢献しているお前を、ワシは昔の仲間として心から誇りに思うぞ!!

困ったことがあったらいつでもワシんとこへ来い!!
金ならないけどなんとかなるさ〜!!(笑)

TongGuanPhoto2.JPG

«新しい記事
初ベトナム!!料理旨し!!(≧∇≦)
前の記事»
VoThM天津北京ライブ