ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
恩師との思い出
母の四十九日
ファンキーはんと大村はん東北ツアー
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2014年9月 1日

アーリー爆風ツアー開始!!

人の「縁」というのは不思議なものだが、
ワシがここまでやって来れたのはその「縁」に対して積極的に飛び込んでゆく性格だったからではないかと思う。

もともと両親が商売をしてたので鍵っ子みたいなもんで人恋しい性格だったっつうのもあるし、
コネも何もない東京に出て行ってひとりやってゆくには「仲間」を作らねばならないので地方出身者としては命がけで友達を作ってたっつうのもあるが、
この男とどうやって知り合ったのかがずーっと謎だったのだが、
久しぶりに再会して飲んでみるとなるほどなと思った。

MoriTakashi.jpg

まず話は爆風デビュー当時の神戸チキンジョージのライブに始まるが、
その時に当時の血気盛んなマネージャー「O」が、
見ればステージ最前線で警備をしながら最前列の客と殴り合いの喧嘩を始めよった。

終演後に
「どんな理由があろうと客を殴るとは何事ぞ!!」
と説教をし、その客に誤りに降りて行った。

ワシの記憶ではその時に殴られた客が彼だと思ってたが、
よくよく聞くと彼はその時の付添いだったらしい。

そして数年後、彼は東京に就職し、
偶然にもワシが住む「戸越」というところにその会社の寮があった。

そして戸越の道端でワシを見かけ、声をかけたのだ。
「末吉さん、あの時の神戸チキンジョージ覚えてますか?」

「おう!!あの時の!!!」
と言うが早いか、
「じゃあ飲みに行くか」
というわけで一緒に飲みに行ったのだと言う・・・(笑)

その辺がワシの性格のちょっとおかしいところで、
当時は1万1千円の風呂なしのアパートだったので、
確か銭湯で声をかけられた若者とも一緒に飲みに行って仲良くなった記憶があるが、
それは彼とはまた別の人間だったようだ・・・(笑)

そうそう、そう言えば彼の寮には風呂があった。
だから銭湯が終わった時間に風呂に入りたくなると彼に電話をして
(もちろん携帯などない時代なので寮に電話をする)
そのまま彼の寮に行って風呂に入ってたなぁ・・・

会社の人間も、風呂に入ったらでーっかいアフロへヤーの知らない男が入ってるのでびっくりして、それを彼が一生懸命言い訳してたらしい・・・(笑)

また、当時はビールの自動販売機が夜11時になると販売停止になってしまう時代で、
彼の寮の中の自動販売機は夜中でも売っていたので、
ビールを飲みたい時は彼の寮に行く、
もしくは電話して「ビール持って遊びに来い」と言う・・・(笑)

そんな中で、彼にはいっぱい当時の秘蔵音源をコピーしてやってたのだ。

今回のアーリー爆風トリビュートツアーでやるかも知れない候補曲として昨日の豊橋AVANTIでも演奏した曲・・・

希望~私はこういう人になりたい →84/12/10九段会館

ふんだりけったり→闇アルバム

ええじゃないか→出所不明

ゴジラの愛→83/6/18 屋根裏

ポックリクラブ→84/12/10九段会館

東の島にブタがいた →闇アルバム

ありがとうEVERYBODY→84/4/6 チキンジョージ(神戸)

よいこの動物園→84/12/10九段会館

などは全部彼のその音源をデジタル化して送ってもらったものである。
(ありがとうEVERYBODYは演奏せんかったな、今日の浜名湖WATTSでやってみよう)

それだけではない、なんとワシは「RUNNER」という曲が出来た時に彼に電話して、
「絶対ミリオンヒットする曲が出来たから聞きに来い!!」
と彼を呼び出してその出来たてのデモテープを聞かせたと言うのだ(驚)
(もちろん「ビール買って持って来い」と言ったのは疑いの余地はない)

つまり彼はRUNNERのメロディーを最初に聞いた人間ということになる(笑)

またワシに彼は当時こんなことも言ってたという話も聞いた。

「この1万1千円のアパートはな、
ワシはここから出てブレイクしたからいつまでもこのアパートは置いて置こうと思う」

実際ワシは数年間そのアパートの一部屋をドラム部屋として倉庫代わりに使っていたが、
確かに何か辛いことがあるといつもそのドラム部屋に行って寝たりしてた。

「俺はここから出て来た」
という意識はワシの人生観の中では非常に大切な感覚らしく、
まあ当時はスターダムと自分の音楽との狭間で苦しんでいたから、
「いざとなったらまたここからやり直してやる!!」
という「覚悟」は自分にとってもとても大切なものだったのだろう。

その後それを中国に見つけたからドラム部屋は解約、
あの戸越のアパートはまだあるのかな・・・

今度東京に帰ったら一度見に行ってみたい・・・


そんなこんなでその頃のアーリー爆風の楽曲を演奏するツアーが始まった。
昨日の公開リハーサルに続いて今日の浜名湖WATTSから「本番」が始まる。

昨日も江川ほーじんが曲に関するエピソードをいろいろ喋ってたが、
中野や河合が構築する「変な」世界観に対抗して、
ワシとほーじんは一生懸命「自分」をそのプレイに入れてゆく。

そうしなければ「アイデンティティー」が崩壊してしまうのだ。

その後爆風スランプはポップ路線を突き進み、
「国民的ロックバンド」というわけのわからんアイデンティティーを得ることとなるが、
ほーじんはひたすら「FUNKベース」というアイデンティティーにこだわり続けた。

普通だったらこの8分弾きを指で弾くところを、
一生懸命考えて考えてあのチョッパーフレーズで弾く・・・
セクションは当時好きだったいろんなバンドからパクった(笑)

「こんな凄いセクションやってるバンドなんかおらんかったからな!!カシオペア以外」
っつうのは笑ったな・・・

そんな時代のプレイが30年の時を経て再現される。
まさしく「人間性根は変わらんな」である。

今は仲良くやってますがいつまた喧嘩別れしてツアー中止になるやもわかりません。
お早いうちに一度目に焼き付けに来て下さい!!

9/1(月)浜名湖WATTS 初日
   OPEN19:00/START20:00 前売:3500円 当日:4000円

9/2(火)名古屋ell Fitsall 2日目
   OPEN18:30/START19:00 前売:3500円 当日:4000円

9/3(水)神戸チキンジョージ 3日目
   OPEN1830/START19:00 前売:3500円 当日:4000円l;

9/4(木)京都RAG 4日目
   OPEN18:00/START19:30 前売:3500円 当日:4000円

9/5(金)四日市EAST 5日目
   OPEN1830/START19:30 前売:3500円 当日:4000円

9/6(土)浜松窓枠 最終日(解散)
   OPEN18:30/START19:00 前売:3500円 当日:4000円

9/7(日)八王子Milky Way 再結成前夜
   OPEN18:30/START19:00 前売:3500円 当日:4000円

9/8(月)渋谷ルイードk2 再結成
   OPEN18:00/START19:30前売:3500円 当日:4000円

9/9(火)佐野ケン 再結成ツアー初日
   OPEN18:00/START19:00前売:3500円 当日:4000円

9/10(水)新横浜New Side Beach 再結成ツアー楽日前
   OPEN18:00/START18:30前売:3500円 当日:4000円

9/11(木)八王子Live Bar X.Y.Z.→A 本当に解散!!もうしません!!
   OPEN18:30/START19:30 当日のみ:4000円(前売はありません)

NingenShounehaKawarannaTwel.jpg

«新しい記事
タムホルダーの共振
前の記事»
宝塚Jazzライブ