ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2013年12月26日

膨大な裁判費用

ついに裁判が始まります。

テレビなどで見るように実際に自分が法廷にに立って向こうの弁護士に厳しく尋問されるのかと思ってたら、
こうして弁護士を立てて全てを委任して裁判をやる場合
(それがほとんどなのでしょうが)、
被告人本人が尋問などを求められたとき以外は出廷することの方が少ないそうです。

この裁判は数年かかります。
早くても1〜2年、こじれればもっと長くかかるかも・・・

それを私の代わりに戦ってくれる弁護士にお支払いする報酬、
これがひとりの弁護士で少なくとも100万以上、
更に著作権の専門家、独占禁止法の専門家の弁護士などを呼んだらもっとかかる、
というのはその仕事量を見れば、考えようによっては安いと言えるかも知れません・・・

弁護士というのは通常は「時給」で、
飛び込みで弁護士事務所の門を叩いて、
例えば離婚の相談などふんふんと聞いてくれて、
じゃあ案件をまとめてメールしますよと言ってそれをふむふむと考える時間も全て時給である。

まあ時給がLive Bar X.Y.Z.→Aのバイトのように800円というわけはないので、
数年この事件を担当するだけで時給換算すると1000万は超えるだろうという話です(怖)。
(もちろん時給で請求せずに額を決めてくれますが)

しかもこの「弁護費用」というのは勝っても負けても払わなければならない。

負けたら現在JASRACから損害賠償他で請求が来ているのが600万以上。
おまけに現在進行形で毎月7万円以上の損害賠償額が加わり、
裁判が長引けばそれに延滞料金も加わる。

おまけに負ければ店は営業出来なくなるから、
物件を現状復帰で解約して出てゆくのを含めたら軽く1000万の借金を被ることになる。

しかし勝ったら勝ったで実は問題なのです。
なぜなら向こうは負けたら必ず控訴して来る会社なのですから・・・

高裁、そして最高裁へと更に2回この戦いは続き、
そうなれば裁判は更に高度となり弁護費用はもっとかかることとなる。

結局勝っても負けても私には1千万近い借金が残るだけの戦いなのです。

そんな私を見るに見かねて、
とある方が「ファンキー末吉支援者の会」というのを作ってくれました。

金がある時はぱーっと使い、
なくなったら「何とかなるさ」と借金をするキリギリス人生で、
こうして自分に身に降り掛かった火の粉を払う経済力もない自分が歯がゆいですが、
戦争というのは金がある方が勝つというのも真理で、
「あったら必ず勝てる」というものでもないのですが
「なければ確実に負ける」というのは事実です。

少々の掩護射撃でも非常にありがたいですし、
何よりもこうして応援してくれるという「気持ち」がとてもありがたいです。

私の来年もこの戦いで明けるでしょうが、
皆様の来年がよい年になりますようにお祈り致します。

そして次の世代に残すこの世の中が少しでもいい世の中になりますように。

よいお年を。

«新しい記事
高知ほんまによいところ
前の記事»
誰でも叩けるドラムソロ