ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
ラジオで生演奏生放送((((;゚Д゚)))))))
旧パスポートとの戦い(>_<)
還暦記念亜州鼓魂ライブ
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
労働ビザとの戦い
布衣秋のツアー2018北京麦田フェスティバル
生楽器の新しいレコーディングのやり方
若きアレンジャーにお説教
スタジオミュージシャンのツラいお仕事
香港とイギリスで活動するバンドのボーカリスト募集!!
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2013年1月19日

爆風トリビュートLIVE本公演レポート

前夜祭で既に精根尽き果てて寝込んでいる小畑秀光を叩き起こして6時半からドラムの積み込み!!

外は冷たい雨が降りしきっているので搬入は大変!!
大慌てで積み込んで会場へ向かう・・・

着いてみたら雨は雪に変わり、今度は雪の中積み降ろし・・・(涙)

ドラムセットを組んでみて初めて気付く〜
今日はスネア忘れとるやないの〜・・・(号泣)

BakufuTributeLiveDrumSet.jpeg

機材入りがえらい早いので、二井原に
「ほな先発便でワシのイヤモニシステムを持って行っといて〜」
と頼まれたので、
「ひとつ何かが増えればひとつ何かを忘れる」
という原則のままスネアを忘れてしまったというわけだ(>_<)

すかさず二井原に電話!!
「スネア持って来て〜!!!!」

しかしこのスネアは雪のため本番直前まで届くことはなかったのだ・・・(>_<)


さて、セッティングも終わった頃にえとーこーいちが登場!!
「今日は僕、何をするんですか〜?」

相変わらずのお気楽である・・・

「今日は総合司会やからな!!三井はんと進行をちゃんと打ち合わせとくんやで!!」

まあそんなこと言いつけたってちゃんとやるような男ではない!!
楽屋で久しぶりに再会するいろんな出演者と盛り上がっているだけである(悲)

小屋のドラムのスネアを借りてサウンドチェックも終わり、
いよいよ通しリハが始まるという頃、
ワシはコンダクターマイクをもらってドラムの位置からいろいろ指示を出す。

「M1からM2の転換は一番大変ですから、
三井はんの椅子をハケる人、大村はんの機材をハケる人、
それぞれスタンバイして下さい!!
PAの人、昨日は同期の音が出てなかったので、くれぐれもそれだけには気を付けて!!」

現場にピリピリした空気が漂い、
スタッフが緊張感を増して一体化しようとしているまさにその時、
えとーさんがドラムの所に来てワシを呼び止める。

何事かと思ってコンダクターマイクを置いて話を聞くのだがよく聞き取れない。

長年のシンバル連打のせいで耳が悪くなったのもあるが、
中国語もそうだが、会話というものは聞き取れない言葉を先回りして予測して補足する。
あまりに想像を絶するような話題だと予測が裏切られて全く聞き取れないのである。

何度も聞き返して判明した、
えとーさんが一生懸命ワシを呼び止めて進行を一切中断させてワシに伝えたかったことはこれだったのだ。

「今からお弁当買いに行くんですけど末吉さん、何がいいですか?」

ワシは全身から力が抜けるのを必死で立ち直らせてリハーサルを再開する。
通しリハなので三井はんも流れを把握するために客席で進行表とにらめっこの中、
えとーさんだけは笑顔で弁当を買いに行くにであった・・・(涙)


さて、リハーサル開始!!

順調かと言えば全くそんなことはない。
何せ出演者のほとんどが雪のため時間通りに来れないのだ。

進行表通りにリハは進まないが、
三井はんはそれでも何とか流れを把握しようと頑張っている。

えとーさんは・・・楽屋で楽しそうである・・・(涙)

ワシはワシで一応「坂出マイラブ」もリハーサルしておく。

SakaideMyLoveSoundCheck.jpeg

この日に発売となる「爆風トリビュートComplet」には収録されてないが、
うちの方で発売されている「おまけComplet」にだけ収録されている曲なので、
このイベントで歌うべきかどうかは迷っているところなのだが、
こうもセッティング換えが大変なイベントでは場繫ぎで有効なアイテムではあるので一応サウンドチェックだけはしとこうということである。

いや〜こんな大きな会場で歌う曲じゃないんやけどな〜・・・


かくしてリハに間に合わなかった出演者は、漁港の森田釣竿、そして我がX.Y.Z.→A。

森田釣竿船長にはステージで捌くマグロ以外に楽屋用にもひとつ用意してもらおうということになっていたのだが、当の船長どころかマグロが届かないのでそのための楽屋も寂しそうである。

MaguroRoom.jpeg

かくして本番が始まった!!

スパる〜びっくりミルク、人間はなぜ、月光まで順調であるが、
本番直前に飛び込んで来た森田釣竿は間に合うのか?

歌が?メイクが?とかではなく「マグロが」である・・・

舞台袖で大きくマルを作る船長!!
よっしゃー出港!!!である。

BakufuTributeMaguroOnStage.jpeg

いや〜O-EASTの歴史始まって以来のステージでのマグロ解体である(笑)

ちなみに船長はこのままステージ降りても楽屋でマグロを解体する。

BakufuTributeMaguroOnBackStage.jpeg

このマグロが出演者に大好評!!
なにせ部位によって味が違うのを堪能出来るのだ!!

楽屋にはビールも日本酒も買い揃えていたので、
出番終わった出演者から順に酔っ払ってゆくこととなる・・・

その後のアースシェイカーまで順調。
しかし次の手数セッションでトラブル発生!!
ベースの江川ほーじんが外にコーヒーを飲みに行ってて帰って来てないのだ!!

仕方ないのでバーベQ和佐田さんに「京都マイラブ」を歌ってもらおうとステージに引っ張り出すが、
歌い始めようとしたら戻って来たので引き摺り下ろして手数セッション開始!!

次のロリータ18号はドラムのTO-BUがリハには間に合わなかったが本番は間に合った。
セッティング換えで今度こそ和佐田に歌ってもらおうとしてたのだが、
ウクレレを持って槙真二などを遊びで歌ってるうちに時間切れ、
無理矢理ステージから引き摺り下ろす。
(和佐田さん・・・オイシイ・・・)

その後で出演するはずのX.Y.Z.→Aはメンバーがまだ揃ってないので順延。
やっちんの「それから」と、
そのままやっちんが居残ってコーラスをやるPAULの「愛がいそいでる」と続く。

えとーさんは2曲ともコーラスで参加してたが、
歌っていたのやらいないのやら・・・(笑)


その後は出番はもうぐっしゃぐしゃ・・・
しかし内容としては別段問題はなく、
本当は最後の曲として予定されていた米田渡のRunnerまで続く。

リハでは「参加出来る人全員参加してね」ということでやってたので、
最後の曲ではないけど出られる人全員参加!!

その後、ROLLY〜X.Y.Z.→Aと続いてイベントは終了した。

BakufuTributeFonale.jpeg

アンコールはハナから予定してなかったので、
ステージでは最後にワシに何かコメントを求められる。

何も考えてなかったが、つい口からはこんな言葉が飛び出した。

「次は中野と河合を呼んで演ろう!!」

このイベント・・・というか
ひょんなことからワシが制作せねばならなくなったこの「爆風トリビュート盤」自体が、
ほとんどがワシの古くからの友人がワシのために集まってくれた。

でもその流れが大きくなってComplete盤となって、
今回知り合った若手バンドはみんな爆風スランプを愛してくれている後輩達である。

タイトルの「We Love Bakufu Slump」とはよくつけたもんである。

聞けば爆風スランプも来年で結成30周年であると言う。
願わくば御本家も交えてこんなイベントがもう一度出来ればいいなと心から思う。

この日の乾杯ショット!!
写っている人はご自由にDL下さい〜

20130114GroupShot.jpg

ps.この日は打ち上げというのは用意してなかったのだけど、
最後まで楽屋に残っていた数人で飲みに行こうということになった。

えとーさんが率先して
「僕の知ってる店があるからそこに行きましょう」
と先に進む。

ところが雪のためそこはお休み。
ワシらは立っている交差点の地下の居酒屋に行くことにした。

足元が悪いのでなかなか戻って来れないえとーさんを和佐田が待つ。

ワシらは居酒屋で乾杯を重ね、
忘れられた頃、和佐田が呆れ顔で戻って来た。

「いや、えとーさんがな・・・」

和佐田は交差点で待てども待てどもえとーさんが来ない。
電話をかけて「どこにおるんや?」と聞くが、
「はい!!店を探しに駅まで来てます!!」
と元気に言う。

「お前なぁ・・・駅に行くんやったらワシの前を通り越したやろ・・・」

えとーさん、平然と、
「通り越しましたよ?」

「ワシはお前を待ってたんや!!何で声をかけんのや!!」
という声を呑み込んで、和佐田は遅ればせながらビールを飲み干した。

えとーさんは何もわからず上機嫌である。

次の日Twitterでこうつぶやいていた。
「どうも飲み屋で携帯なくしてしまったようなんです・・・」

バックアップを取ってないiPhone4が最新型のiPhone5に変わって、
相変わらずえとーさんは元気で幸せそうである(ため息・・・)

«新しい記事
激鉄オムニバス
前の記事»
爆風トリビュートライブ前夜祭レポート