ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
カンボジアRock!(◎_◎;)
Wing&Paulシンガポール
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
株(クイゼ)を守る
桃源郷の村人たちの暮らし
ベトナム旅日記(クイニョン)
ベトナム旅日記(トゥイホア)
ベトナム旅日記(ニンホア)
ベトナム旅日記(ニャチャン)
ベトナムビザとの戦い
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト
日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2012年12月 4日

全中国ドラムクリニックツアー2012年 浙江省「寧波」

8時間の車移動で寧波について、そのままホテルでバタンQ(死語)、
ホテルで朝食を取って会場へ向かう。

「宁波飞越大剧院」・・・今日の会場もデカい・・・

Vision2012NingBoFeiYueDaJuYuan.JPG

まあデカくても小さくてもやることは同じなので一生懸命叩かせて頂く!!

今回の司会者はいつもの感じで、
国家のラジオ番組かなんかで喋ってそうな女性のアナウンサー。

喋り方がいわゆる共産国っぽくて鼻につく・・・
見てたらまたこれが演目の途中にも盛り上げようといろいろ声を出すのが鬱陶しい・・・

「私の出番の時は自分で喋りますから出て来なくていいですよ」
と言っておきたかったのだが、結局言うチャンスがなくそのままステージ・・・

また予想通り、ドラムソロをやれば「みなさん拍手!!」とか茶々が入るし、
曲と曲の間のMCにはいちいち絡んで来るし、
ちょっと閉口しながらそれでも命懸けで叩いてステージを降り・・・ようとしたら、
予想通り司会者が出て来て捕まってしまった。

舞台上でインタビューが始まる・・・と、そしたら何と、
その司会者は片言の日本語でこう言ったのだ。

「コンニチワ」
そして
「オハヨゴザイマス・・・あとはサヨナラ・・・私これしか日本語喋れないのよね・・・」

これにはさすがのワシもぶったまげた。

尖閣問題でこの活動がドタキャンとなり、その間ワシはずーっと日本でいたわけだが、
日本にいるとついつい
「中国では反日感情が盛り上がり、日本人だというだけで危害が加えられる」
というイメージが強くなってしまう。

「そんなことあるかい!!」とは思いながら、
それでも「ひょっとしたら・・・」などと思ってしまうのだ。

実際ワシの一発目のMC、
「宁波的朋友们,你们好!!我是Funky!!」
の後に
「来自日本!!(日本から来ました)」
と言う時にはそれでも相当覚悟を決める。

別に後ろのどでかい垂れ幕には「日本のドラマー」と書いてるわけだし、
わざわざMCでも「日本」という必要はないのだが、
今までそう言って来たものを尖閣問題があったからと言って撤回するのも何やら「ロック」でないような気がしてたのだ。

勇気を振り絞って一発目のMCで「日本から来ました!!」と叫ぶ。
ひょっとしたら数人の客はブーイングを出すかも知れない。
しかし俺はやるぞ・・・みたいな「一人相撲」がそこにある。

実際は司会者は片言の日本語でワシにサービスし、
満場の客席はそれをよしとする・・・

そもそもがこの活動はパールドラムという「日本製品」をプロモーションするためのツアーなのだ。
反日だうんぬん言ってたらそもそもがこんな活動が出来るわけがない。

数万人の人民が反日デモを行い、
暴徒と化した群衆が日本の工場を焼き討ちし、
心ない人民が街ゆく日本人を暴行した。

それも事実である。

しかしもっと田舎街で、
日本人ドラマーが日本製品をプロモーションするコンサートで、
2日間合計2000人の人民が熱狂したということも事実なのである。

この辺の「中国」という感覚が日本人にはよくわからないのだ。


翌日それがもっとわかり易い(わかりにくい?)例を見たので紹介したいと思う。

この活動はパールの中国代理店である中音という会社(というよりその担当のShaという個人)と、
全国50を超える彼が作り上げたパール倶楽部という組織(ネットワーク)との結びつきを濃くする目的も大きい。

だからワシは現地の人ととことん飲んで親交を深める。
また、時間があればそのパール倶楽部に表敬訪問などもする。

次の日が北京への移動日なのに帰りは夕方の飛行機なのはこんな理由もあるのだ。

昼から紹興酒も飲む!!

Vision2012NingBoShaoXingJiu.JPG

酔っ払って叩けないんだけど、
そこの先生達のためにクリニックなども施す!!

Vision2012NingBoPearlClub.JPG

もともとこの先生達こそが「ロックファン」なのだ。

パール倶楽部なるものを立ち上げようとする人はだいたい北京でロックバンドをやってて、
夢破れて故郷に帰って来て、それでも何かロックに関わることをやり続けたい・・・
というわけでパール倶楽部を立ち上げたりする。

だから課題曲に「メタリカ」とかを選んだりするのだ。

4年前、初めて訪れた徐州では、
24人の子供達がメタリカを叩くのにぶったまげた。

子供達はまだ生まれてなかったので何も知らないが、
この先生達が北京でロックに青春を捧げて頃の中国は、
「ロック」=「精神汚染音楽」

1990年、天安門事件の翌年に北京の地下クラブで演奏してた黒豹の連中は、
そこにふらっとやって来たワシに初対面の時にこう言った。

「ファッキンガバメントはロックを恐れてる!!
だから俺たちはロックを聞くことも演ることも出来ない!!」

だからワシは中国に来た。
そんな「時代」が大好きだったから・・・

でもあっという間に時代は移り変わり、
その数年後に黒豹は何十万人のスタジアムを満杯にするバンドとなった。

そしてその頃同じく青春を燃やした先生達は黒豹たちと共にロックの「夢」を見て、
故郷に帰って子供達に「メタリカ」を教える。

「こんな曲は聞くことさえ許されなかった。そんな時代もあったんだよ・・・」

などと感傷に浸っているのかいないのか・・・
少なくともワシはそれを聞いて「時代は変わったな」と涙する。

ところがそんな教室に貼られていた一枚のポスター。

Vision2012NingBoYongYuanGenDangZou.JPG

「永遠に共産党と共に歩みます!!」

時代遅れとも言えるこの標語の貼られたレッスン室で、
子供達はその共産党が毛嫌いして弾圧してた「ロック」を叩く。

この相容れないはずの両方が、
まるで問題ないかのように混在するのが「中国」なのである。


反日デモで日本の工場が破壊され、
日本人が言われなき暴力をふるわれてたその後に、
何もなかったかのように日本人ドラマーによる日本製品のプロモーションコンサートが行われ、
司会者が片言の日本語でサービスをして合計2000人の人民が熱狂する。

日本のマスコミが絶対にスポットを当てないその部分も含め、
その両方が普通に混在するのが「中国」なのである。

ファンキー末吉ひとりドラムツアーの軌跡(こちら

«新しい記事
母を迎えに高知まで〜
前の記事»
全中国ドラムクリニックツアー2012年 江蘇省「揚州」