ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
恩師との思い出
母の四十九日
ファンキーはんと大村はん東北ツアー
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2010年6月21日

ギネス日本支部のアコギな仕事ぶり

今日はまるでオフなので前々から書こうと思ってたこの件について書きたいと思う。

もともとギネスなんぞに挑戦するつもりもなかったのじゃが、
二井原実にぽろっと口が滑って言ってしまったがために
なんかもう後には引けない状況になってしまった・・・

まあまる2日ぐらいドラムを叩き続ける自信はあるので、
とりあえずのスケジュールは押さえてみて、
どうやって申請するのかを調べてみた。

ギネス世界記録ー日本公式サイトはこれである。

見るからにうさんくさい。
みのもんたを起用してTOPに有名人の顔を載せているところやら、
何よりも電話連絡等一切の直接コンタクトを拒否しているところがアヤシイ・・・
・・・というか、

<ご注意> 既存の記録確認や、最新の記録調査の依頼は一切受け付けておりません。

というのはちと困る。
記録を確認出来なければ挑戦も出来ないではないか!!!

ギネス世界記録2010』っつう本を購入するか、
もしくは「ギネス・ワールド・レコーズ 英語版公式サイト」に行って自分で調べろ、と。

しゃーないから調べてみる。
自分がドラムを叩いて記録を樹立するとすれば、これだろう!!

Longest Concert By A Solo Artist
In a small theatre in Montmartre, Paris, Canadian musician, singer-songwriter, producer and rapper Jason Beck, aka Gonzales, began his attempt for the longest concert by a solo artist at 0:22 a.m. on Sunday, 17 May 2009. Spurred on by a rotating series of enthusiastic audiences (especially the 3 a.m. to 6 a.m. crowd), Gonzales continued to play throughout the night and the following day while at various times being shaved (with a cutthroat razor), eating cereal one-handed and being interviewed on TV. Determined not to repeat any songs ("I want to break the record without sounding like a broken record") Gonzales interpreted a huge playlist that ranged from Britney Spears to Beethoven. He also took requests from the audience watching him at the venue itself and online via a live stream of the attempt. The record was eventually broken in the early hours of Monday morning and by the time Gonzales finished his concert Guinness World Records™ Adjudicator Frank Chambers could announce a new record of 27 hr 3 min 44 sec.

Longest Concert By A Solo Artist、
つまりソロアーティストとしての最長コンサート。
これだったらいろんなプレイヤー呼んで入れ替わり立ち代わり、
27時間3分44秒以上セッションを続ければよいということになる。

まあ8月14日の夕方5時から始めて翌日の夜9時に終了すれば28時間、
夜8時にはX.Y.Z.→Aをブッキングしといて、
ちょうど27時間3分44秒あたりに「生きるとは何だ?!」を演奏すれば盛り上がるなあ・・・

・・・と個人的に考えつつ、
じゃあ申請しようというとこれがなかなかめんどくさい。
直接イギリスに申請するには語学力とかの問題もあるので、
「日本語プレミアムサービス」というのを選ぶことにした。

もちろん金がかかる。
要は「金を払わんヤツには何の問い合わせにも答えるつもりは御座いません」
ということなので、まあいい!!
金さえ払えばワシは「客」なのである。

金を支払ってから気がついた。
「£1,000」とあるので「千ドルかあ・・・9万円ちょいか・・・」と思ってたら、
千ポンド!!約13万5千円!!

高いぞ!!!!

まあ支払ってしまったものは仕方がない。
これで「サービス」を受けられるんだからそれでよしとしよう!!

ところがホームページでの説明では、
【料金支払完了後、申請が受理された旨を電子メールでお知らせします。
この電子メールには、「記録挑戦に関する同意書」が添付されています。
その同意書にサインをし、至急FAXにて返送して下さい】
と記載されているが、なかなかギネスからメール届かない・・・。

支払完了後、ギネスのサイト内でページにうまく遷移しなかったが、そのためか・・・?
申請が完了していないのか・・・?
今日が土曜日だからか・・・?

不安になったので、ギネスに問い合わせのメールをしてみる。
「お金を支払いました。
申請は完了していますでしょうか?
同意書はすぐに返送されるのでしょうか」

すると、ギネスから英文のメールが届いた。
URLアドレスと、ログインID、パスワードが記されている。
しかし、同意書のようなものは添付されていない。

「日本語プレミアムサービス」に金を払った「客」に何で英文のメールを送りつける?!!
あの13万5千円の金は何やったんや?!!

電話でクレームを言うことも出来んし、
「日本語プレミアムサービス」にメールしたら英文を送られて来るんじゃ仕方がない。
【Please click here to start】 と書かれているので、
試しに、メールに記載のURLにアクセスし、ログインしてみる。

すると、また申請画面が出てきた。
今度は英文のフォーマットだ。

ええかげんにせんかい!!

一応、また同じ申請内容を入力して進んでみる。
しかし、
「プレミアムサービスは1000ポンド必要です」
と、記されている。

アホかい!! 金ならすでに支払ってるやないかい!!
まだ更に金を搾り取るんかい!!

その後、ギネスからのメールが届くことはなかったので、
なんとか日本オフィスの連絡先を調べて電話で状況を説明。
(もともとちゃんと最初っから電話で対応せーよ!!)

やっとメールで同意書が届いた。
今度は日本語だ。やっとこれで申請手続きが進められる。
14ページにも渡る同意書だ。手続きが細かい。
内容を読んでみる。

【サイン入りの同意書を当社が受理した時点で、4週間以内に申請を審査・・・】

ん?

【ガイドライン受領後、6週間以内に審査します・・・・】

ん?

【有料でプレミアムサービスにアップグレードしていただけます】

ん?

全くもってよーわからん!!
13万5千円も払ってその「サービス」がこれか?
5万円で英語の通訳雇って
直接イギリスのギネスとやりとりした方が「サービス」がええんとちゃうか!!!

同意書やら煩雑な書類にサインして送り返したらやっと返事が来た。
以下が全文である。(個人名は伏せました)

---------------------------------------------------------------------------------------

末吉様、

ギネスワールドレコーズの@@と申します。
日本語プレミアムサービスをご利用いただきありがとうございます。

「最長のソロコンサート」での申請ですが、
現在の記録は、2009年7月5日から26日にかけて、インドで行われた、501時間です。

The longest performance by a solo artist lasted 501 hours and was achieved by Kuzhalmannam Ramakrishnan (India) at the Rhythm Therapy Hall, Nandavanam Hospital, Ottapalam, Kerala, India, on 5-26 July 2009

こちらとは別に、個人で長い時間ドラムを演奏した、記録もございますが、
こちらは120時間が現在の記録です。

(こちらはあくまでも、現在このメールの送信時点での記録です。
記録は、今後いつでも更新される可能性があります。
記録が更新された場合、当社から各申請者に通知することはできませんので、
記録挑戦の直前に新しい記録が達成されていないことを確認していただく必要があります。)

どちらも、ご予定になっていた28時間より大分長くなりますが、
ソロコンサートの方のガイドラインと
「記録挑戦者のためのしおり」(Record Breakers Pack)を添付いたします。
ガイドラインは規則上、全世界共通で翻訳はお送りできないことになっております。
何かご不明な点がございましたら、私までお問い合わせください。
記録の挑戦後は、申請内容をまとめて、以下の宛先にお送りください。

Records Management Team
GUINNESS WORLD RECORDS LIMITED
3rd Floor
184-192 Drummond Street
London NW1 3HP
UNITED KINGDOM.

よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------

自分とこやのうてイギリスに送らせるんかい!!
お前の仕事はこれで終わりかい!!

それより不明な点も何も、お前んとこのサイトで、
「一切の問い合わせには応じないので自分で調べろ」
というのでお前んとこの本家のサイトで調べたら27時間と出てたから、
「ほな金を払いまひょか」と払うたら「それは間違いです。ほんまはこれです」
ってそんな詐欺まがいな商売をやっとるんか?!!

せめてもっとリーズナブルな値段で
先にそれを確認してあげるサービスが妥当なんとちゃうか?!!
ワシの13万5千円返せ!!と言いたいが、
「支払い頂いたお金は申請が受理出来なくても返せません」

あんたらちと商売がアコギすぎやしませんか?!!

こうなったら乗りかかった船じゃ、120時間に挑戦するか?!!
とほざいてたら嫁に止められた。

「あんたはそんなことせんでも十分世界一のドラマーやで」

金よりも労力である。
13万5千円を取り戻すためにもっと多くの労力を費やすぐらいなら
泣き寝入りをした方がまだ楽である。

このサイトで金を支払ったワシみたいなアホな人間はもっといると思う。
全くもってネットで「先に金を振り込め」っていう商売にろくな商売はないな。

«新しい記事
ギネスの話にこんなメール
前の記事»
てんやわんや(死語)