ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
ラジオで生演奏生放送((((;゚Д゚)))))))
旧パスポートとの戦い(>_<)
還暦記念亜州鼓魂ライブ
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
労働ビザとの戦い
布衣秋のツアー2018北京麦田フェスティバル
生楽器の新しいレコーディングのやり方
若きアレンジャーにお説教
スタジオミュージシャンのツラいお仕事
香港とイギリスで活動するバンドのボーカリスト募集!!
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2010年3月23日

木村さんライブ

昨日は木村さんのライブだった。
「独演会」と銘打ってたのでひとりでやるのだろうと思ったらやっぱひとりだった。

こんな感じ。
KimuraLive.JPG

いやーよかった!!
一言で言えばそれで全てが終わってしまうのだがやっぱよかった!!

これはなあ・・・人間国宝やで・・・

一緒に見てた二井原なんか感激しまくって
「生き仏様やで・・・」
とつぶやいていたし。

文句無し!!

木村さんは北京で一度一緒にライブをやったことがあるが、
その時も見てた中国人も唖然としてこう言ってた。

天才か!!

そう、世の中には「売れてる」と言われてる歌手がたくさんいるが、
その多くは「売れている」ことだけが偉くて歌が「絶対的に」うまい人はそういない。

その証拠に今売れているとされている誰々さんと誰々さんと木村さんが、
その人達のことを全然知らない外国に行って、
宣伝費だ見せ方だ何だかんだ全部取っ払って、
その「歌」だけで勝負して誰がこの天才に勝てる?

歌そのものよりも売れてることが大事とされるあの世界にワシもしばし足を突っ込んでいたが、
久しぶりに心を洗い流される思いがしたこの日の木村さんの歌であった。

涙が出て来た。

笑いと泣きと緩急自在にあやつるテクニックと言うと作為的で全く当たっていない。
あれは天性でやっているのだ。
何の計算もない!!

どうして泣けて来るのか考えた。

ワシは北京で老呉(LaoWu)にこんなことを喋ったことがある。
「お前らのファンはなあ、どうしてお前らのことが好きだと思う?
みんなこの世知辛い世界で、人を蹴落としたり蹴落とされたり、
浮かび上がろうともがいたり、浮かび上がれないと嘆いたり、
みんなそんな風に世知辛く生きてるんだ。
世の中は目まぐるしく変わっていって、
それについていけないやつは世の中から取り残されてしまう。
だからみんなわけがわからずがむしゃらに頑張ってる。
わけがわからないから取りあえず金があればと思う。
名声があればと思う。
悪いことしてでもそれを手に入れようと頑張る。
でもそんなもの手に入れたってもっと金持ち、有名人が上にいて、
そこに行くためにはもっと頑張らなきゃなんない。
金持ちが偉いんじゃない。
有名人が偉いんじゃない。
でもそれしか思い浮かばないからそうならなきゃなんないんだと思う。
疲れ果ててどうしようもなくなってお前の歌を聞く。
14年間全然浮かび上がらないアンダーグラウンドバンドの、
14年間歌い続けた歌を聞いて、
ああ、こいつだけは変わらない、だから俺は生きてゆけるんだ・・・
そう思って涙するんだ」

ふとステージで歌う木村さんを見た。
「もっと長くブルースを歌い続けてる人がここにいるじゃないか!!」

だから感激するのだ。
この人が歌を歌っている。
いつまでも変わらずにこの歌を歌っている。

「嫌んなった〜もうダメさ〜だけどくさんのはやめとこう」

だからみんな生きてゆけるのだ。

この日は酒量が限界量を越えたようだ・・・

«新しい記事
エンゲキロック始動!!まずはベース教室
前の記事»
ブログ再開!!