ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
JASRAC本ツアーに間に合わず!(>_<)
20度で寒がる南国の人々!(◎_◎;)
靖江(JingJiang)日本料理店開店イベント
寒さ恐れてアジア周遊番外編「クアラルンプール」
寒さ恐れてアジア周遊5「プノンペン」
寒さ恐れてアジア周遊4「パタヤ」
寒さ恐れてアジア周遊3「バンコク」
寒さ恐れてアジア周遊2「ホーチミン」
寒さ恐れてアジア周遊1「ダナン」
プノンペンで心のスキマ埋められる・・・
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2009年7月11日

Pair全中国ツアー湖北省武漢

先月のツアーは運良く(運悪く)全部ドタキャンになってしまったが、
今月のツアーは運良く(運悪く)ドタキャンにならなかったようである。

湖北省、内陸部長江のほとりにある武漢という街、
日本から直行便は出てないので北京経由の便にした。
他のメンバーは列車で一晩かけて既に向かっている。
私はちょいと深酒してしまい、朝6時に飛び起きて空港に向かった。
これでは酔いつぶれてそのまま寝台車で寝れる列車の旅の方がまだ楽である。

飛行機に揺られること2時間。
全くもって中国は広すぎる。
これでは九州ぐらいまでは帰れるではないか・・・

初めて降り立った武漢の空港。
空港施設から一歩外に踏み出すと・・・暑い!!!!
「中国で一番暑い街」だという噂を聞いたことがあるが、
湿った空気が肌にへばりついてくるように暑い!!

日本で一番暑い街は最南端の沖縄ではなく、
むしろ内陸部の前橋や熊谷であるように、
この街が「中国で一番暑い」というのはあながち嘘ではなさそうである。

空港から市内からはえらく遠いという話である。
強いて言えば成田のようなもんか・・・
タクシー乗り場に行ってみると、
今日に限って何故かタクシーは空港出入り禁止らしい。

何があったのか知らないが、仕方ないのでバスで行くしかない。
このちょっとした移動だけで汗が噴き出して来る。

PairWuHanMap.JPG

ライブハウスの場所を調べてみると、
どうもバスの終点近くであるらしい。
市内からはちょっと離れている。
強いて言えば八王子のようなものか・・・

バスに揺られること2時間。
飛行機だと北京まで帰れている。
やっと終点まで着いて、タクシーでライブハウスへ。
このタクシー待ちの時間だけでもう身体じゅうの皮膚がネバネバしている。

ライブハウスに着いた。

PairWuHanVox.JPG


「Voice Of Freedom」なんて名前を付けた時点で
昔だったら即、政府からお取り潰しになってたところである。
中国も少しは平和になったということである。

部屋の中に入っても暑い・・・
店を開けたばかりなのでクーラーがまだ効いてないのか、
もしくはクーラーが効かないぐらい暑いのか、
とにかく「外よりはちょっとまし」というぐらいの状態なので、
ステージに転がっていた大型扇風機をドラム専用に使わせてもらう。

よくドラムの備品として扇風機を持ち歩いているドラマーがいるが、
ワシは自慢じゃないがそんなことをしたことがない。
「ステージが暑いのは当たり前!!」
とばかり根性で乗り切るのじゃが、
ここの暑さは「種類」が違う。
ステージの暑さが「サウナ」だとすると、
ここの暑さは「ミストサウナ」。
辛いもの好きにワサビを食べさせて悲鳴を上げさせるようなものである。
(喩えがよくわからんか?・・・)

ステージが始まった。

PairWuHanStage.JPG

「80后」という80年代に生まれた同世代の若者に対して歌う歌では、
お決まりの「座って歌う」コーナーとなるのじゃが、
相変わらず座ったら遠慮ない撮影大会である。

一台しかない扇風機は悪いけどドラム専用にさせてもらったので、
フロントのみんなは汗だくである。
汗が吹き出して来て・・・というより、
空気中の全ての水分が皮膚の上で玉になるという感じで、
流れ出すというよりも皮膚から流れ落ちずにずーっと留まっている感じである。

ステージが終わったらさっさとホテルでシャワーを浴びる。
一日に何度もシャワーを浴びなければやっていけない。

それ以前に外に出るのがイヤである。
ずーっとクーラーの効いてるところでいたい!!

香港は外は暑いのに部屋の中が寒くてイヤになるが、
今となってはあれは正しい!!
部屋の中までむしむししてたら死んでしまう!!

というわけで今回はライブハウスとホテル以外、
それ以前に屋外には出てないので、
それも何だということでホテルの前の夜市でビールを飲むことにした。

でも夜中というのにやっぱり暑い・・・

香港の夜市でもこんなに暑くなかったと思う。
ふと見るとデブのキーボードのZhangZhangは汗だくである。

PairWuHanDebu.JPG

基本的にデブは暑さに弱い。
そして自身の身体は非常に熱い。

誰かが言った。
「おいおい・・・見てみろよ、汗かいてんの俺たちだけだぞ・・・」

見てみると地元の人達は涼しげに座っている。
暑いのはデブがいるという理由だけではない。

地元の人はこの暑さに慣れてるのである!!

その証拠にどの店もホテルもそんなにクーラーをがんがんに効かせない。
翌日のタクシーなんぞ
「窓閉めてクーラーかけてくれぇ!!」
と頼むと、
「こんなに涼しい朝なのにクーラーなんかいらねーだろう」
と来る。

お前らは暑くなくてもワシらは暑いんじゃぁ!!!

やっとの思いで灼熱の武漢を後にする。
北京の夏も40度を超えるが、
空気が乾いているだけ武漢よりましである。

«新しい記事
Jazzセッションは楽し(面白し)
前の記事»
プロとJamろうジャムセッション