ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
カンボジアRock!(◎_◎;)
Wing&Paulシンガポール
監視対象?(笑)・・・そして香港デモの話
株(クイゼ)を守る
桃源郷の村人たちの暮らし
ベトナム旅日記(クイニョン)
ベトナム旅日記(トゥイホア)
ベトナム旅日記(ニンホア)
ベトナム旅日記(ニャチャン)
ベトナムビザとの戦い
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト
日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2008年10月29日

ドラマーズチャンピオンシップ中国決勝大会

重慶から帰って来たら風邪をひいていた。
そうかぁ・・・昨日の頭痛は風邪だったのか・・・

明日はドラマーズチャンピオンシップ中国決勝大会。
去年は呼ばれて見に行ったが、
今年は審査員、兼ドラムも叩いてくれと言うのでそのままセッティングに行く。

5時入りだと聞いていたが例によって誰も来ていない。
夜は零点の歌入れなので急いで院子に帰る。

それにしても寒い。
ネットで温度を調べると7度。
日本は最高気温21度、最低気温14度なのに、
北京は最高でも14度ないんだからやっぱ寒い。

暖房はというと石炭を燃やすのじゃが、
時期がまだ早いというので石炭をまだ売っていない。


仕方がないので温泉の素ぶっこんだ風呂に入る。
日本人は寒いと温泉でしょう・・・
蛇口をひねればお湯が出る。
巨大な電気湯沸かし器が残りの湯を沸かすために働き出した時、
突然全院子が全部停電した。

聞く話によるとあまりの寒さにみんなが電気ストーブを炊いたので、
総電源盤がヒートして燃えたのである。
停電したらレコーディングも出来ないので別のスタジオでレコーディング。

帰って来たら夜中の2時。
気温は3度。
これで暖房ナシなんだからそりゃ風邪もひく。
7時起きで鼻水垂らしながら会場へ。

DrumersChampionshipHall.jpg

決勝大会は2日に渡って行われ、
初日は朝9時から子供の部(13歳以下)。
昼2時から少年の部(中学生)。
そしてその後にワシのゲスト演奏。

翌日は朝9時から一般の部、
そしてメガデスのドラマー、Jimmy何たらのゲスト演奏である。
だからステージの垂れ幕はワシのではなくJimmy何たらである。

子供の部、少年の部と審査員をしたら風邪のためかなり身体はしんどいが、
そのままステージに上がってセッティングをし、
そしてそのままデモ演奏。

まあ全国各地でやって来たことをやればいいのだから慣れたもんじゃが、
今回からメニューにXYZの新曲「Spreading Your Fire」を加えたもんだから風邪ひきさんの身体にはたまらない。
演奏終了後にはぶっ倒れてJimmy何たらとの食事会はパスしてしまった。

会場には全国のパール倶楽部から先生達が集まっている。
DrumersChampionshipLaoshi.jpg

写真はその中から最優秀ドラム教師に選ばれた人たちであるが、
既にほとんどの人間が現地で一緒に飲んだ人たちである。
そのまた全員がワシと北京で酒を飲もうと手ぐすねを引いているんだらたまらない。
ひっきりなしの電話をぶっちして院子に帰った。

院子ではデブのキーボードが待ち構えていて、
重慶の音楽にドラムを入れる。
そしてワシはその後に膨大なトラック数となったデータの整理。

次の日も7時起きで会場へ。

DrumersChampionshipJimmySetteing.jpg
(Jimmy何たらのセッティング。メタルドラマーにしては少しシンプル?)

午前の部が終わり、彼のデモ演奏の頃には審査員もお疲れ。
ひとり、ふたりと気持ちの良い眠りに誘われてゆく・・・

DrumersChampionshipSleeping.jpg

お疲れなのよ・・・みんな・・・
ワシも・・・

というわけで、この日もワシはそそくさと退散させて頂いた。
院子に帰って重慶のミックスをし、そのまま日本に帰る。

もう移動はこりごりである。
11月3日から始まるWingのシンガポールツアーまでは八王子でのんびりしたい。

«新しい記事
休息の日々
前の記事»
重慶雑技団大詰め