ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
恩師との思い出
母の四十九日
ファンキーはんと大村はん東北ツアー
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2008年6月19日

全中国ドラムクリニックツアーその4、西南地方貴州省「興義」

かくして貴陽でのクリニックは盛況に終わり、
車に乗り込み、次の目的地、「興義」まで向かう。

「興義」なんて名前も聞いたことないが、
貴州省自体が山の中なので当然山の中である。
山道を延々揺られること5時間、
夜中に着いて、まずはお決まりの地ビール。

XingYiBeer.jpg

ちなみにつまみは蛙の炒め物なのだが、
別にその辺には今回は触れないでおこう。

万峰と言うのはこの辺の有名な名所で、
その名の通り万を超す山々が連なる絶景である。

XingYiWanFeng1.jpg

XingYiWanFeng2.jpg

大自然とは何と偉大なものかと思ってしまうが、
その中でちっぽけな人間が、
そのちっぽけな人生の中で、
この大自然の恵みとも言うべきビールを飲むわけである。

アホである。

ところでここ興義の万峰ビールには生ビールがある。

XingYiNamaBeer.jpg

これがまた旨い!
注文をすると工場からそのままこの容器に入れて配達してくれる。
まさに「搾りたて」である。
そしてこだわりとも言うべき、
このビールは1日たつと業者が返品に来るのである。
1日たてば味が変わるので初日の味しか飲ませないと言うものである。

これが旨くないわけがなかろう!!


さて飲んでばかりもいられない。
ワシはここにドラムを叩きに来たのじゃ。
と言うわけで会場に着くと、そこは大学の大講堂。
どうでもええけどキャパでかすぎとちゃうん!!

XingYiDrumClinic.jpg

椅子席でゆうに1200人は埋まり、
更には窓から立ち見で100人以上の人間が見ている。

これはもう既にドラムクリニックと言うよりはコンサートやで・・・

そしてお決まりのドラムの生徒の発表会に続いて、バンド演奏。
これはもう生徒と言うよりは、地元で活動するアマチュアロックバンドなのであるが、
ちょっとわかりにくいけど、観客の最前列下手、
ちょうどベースのネックに隠れている数人の小学生は、
なんとこの演奏に合わせて頭を振っているのである。

XingYiHeadBack.jpg

恐るべし中国!!(の田舎)
子供の頃からロックを聞き、
音楽教室でロックを習い、
そして大きくなったらこう言うのだろう。

「ロック?・・・子供の頃にやりつくしたなあ・・・」

恐ろしや恐ろしや・・・

XingYiDruming.jpg

さて大トリでワシの演奏なのじゃが、
地元のロックファンとか
先ほど演奏したバンドの連中とかが最前列で頭を振る。
こちらの頭の振り方っつうのは、
数人が並んで肩を組んで一斉に頭を振るのじゃが、
何せドラムクリニックのための曲なので変拍子が多く、これがうまく頭が振れない。

冒頭の7拍子で挫折してしばらく坐って様子を見、
次の5拍子でまた立ち上がるがまた挫折し、
こんなことだったらもっと頭振りやすい曲にすればよかったとちと後悔。

次にはXYZの曲も演奏に取り入れようと決意するのであった。

XingYiSign.jpg

そしてお決まりのサイン会。
前日は数百人で1時間以上サインをしてたが、
今回は1000人を超えている。
子供たちだけではない、
きっとこの大学の学生なのだろうが、女学生にはつい顔もゆるむが、
子供の母親とかにはつい
「おばはんはサインせんでもええんちゃうの・・・」
と思ってしまったが、
よくよく考えてみると小学生の子供がいるおばはんは少なくともワシと同年代か、
もしくはワシより年下である。

反省、反省・・・

XingYiPhoto.jpg

そして写真撮影・・・
どうでもええけど、垂れ幕・・・でかすぎ・・・
これって終わった後どうするんやろう・・・
持って帰ればよかったと少し後悔。


さてちょっと慌ただしかった今回の貴州省ツアー、
帰りは車ではなく貴陽まで飛行機であった。
(飛行距離30分)

それはここまで田舎だと列車とかの治安がよくないからだと言う理由だが、
来月に予定されている靖江と徐州のツアー、
何とワシはこの前後に日本で二井原実ソロライブのリハーサルが入っている。

つまりどこにあるかもわからないその土地に、
ワシは日本から自力で入らなければならないのじゃ。

数年前、河北省まで友人と車でスキーに行った時、
仕事が入ったので「ほなひとりで帰るわ」と言うと、
「どうやって帰る気やねん!命いらんのか!」
と言われた。

列車はまだいい。
そんなド田舎で外国人がひとりで長距離タクシーなんか乗ろうものなら、
どっか人気のないところに連れて行かれてよくてホールドアップ、
悪くて殺されでもしたらどうすると言うのである。

中国は広い。
人気の全然ない山奥で人が死んでても発見されることはない。
また、発見されたとしてもその犯人がこの広い中国のどこに逃亡しているのか、
捕まるわけがない・・・

聞けばこの靖江、
飛行場どころか列車もない街らしい。
もちろん地球の歩き方にも地図どころか名前すらも載っていない。

果たして日本からひとりで無事にたどり着けるのか・・・

ファンキー末吉ひとりドラムツアーの軌跡(こちら

«新しい記事
日本も捨てたもんじゃない
前の記事»
全中国ドラムクリニックツアーその3、西南地方貴州省「貴陽」