ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
JASRAC本ツアーに間に合わず!(>_<)
20度で寒がる南国の人々!(◎_◎;)
靖江(JingJiang)日本料理店開店イベント
寒さ恐れてアジア周遊番外編「クアラルンプール」
寒さ恐れてアジア周遊5「プノンペン」
寒さ恐れてアジア周遊4「パタヤ」
寒さ恐れてアジア周遊3「バンコク」
寒さ恐れてアジア周遊2「ホーチミン」
寒さ恐れてアジア周遊1「ダナン」
プノンペンで心のスキマ埋められる・・・
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2008年5月20日

中国全土をドラムクリニックツアー

XYZの大阪、名古屋コンサートを終えて、
次の千葉、熊谷の間まで高知の実家に身を寄せている。

地震の影響で北京がどうなっているのかは定かではないが、
それでも普通にメールが入って来ているんだからまあ大丈夫であろう。


「あなたが先日音楽監督を勤めた歌手、YangKunから至急の連絡です。
23日の上海コンサートで先日のアレンジを使いたいので
至急その時のデータを送って下さい」

23日とは急やなぁ・・・
北京の若い衆に北京スタジオのデータを調べさせるか、
もしくは八王子スタジオを.MACでつないでこちらで操作して
(今のテクノロジーはすんごいことが出来るのよ)
そのデータを送信とかいろいろ考えてたところ、

「あ、そのコンサート、四川省の地震の影響で中止になったんでもういいです」

さすが中国。
そう言えば日本に帰る前にこの仕事の依頼が来てたが、
断ってなかったら今頃ドタキャンだったわけね・・・


地震の影響は北京にはないらしく、
お気楽な仕事メールががんがんに入る。

「例の全中国ドラムクリニックツアーの件ですが」

パールドラムとワシの付き合いはもう20年近くになる。
爆風がまだアマチュアだった頃、YAMAHAもTAMAも見向きもしないワシを
最初にモニターとして迎えてくれたのがパールである。
売れてから
「末吉くんもぼちぼちうちに来たら」
とYAMAHAの担当者から言われた時に思わず拳を握りしめたが、
大会社であるYAMAHAは担当者もころころ変わるのだから仕方が無い。

ワシは死ぬまでパールのモニターじゃい!!

と言うわけでさんざんお世話になったパールに中国にて恩返しをすべく、
パールの中国代理店である中音(セントラルミュージック)とのミーティングを重ね、
中国工場初生産のVISIONをプロモーションすべく全中国クリニックツアーが決定!!!

・・・のはずなのじゃが、
中国の仕事に慣れ親しんだワシは容易にそのようなことを鵜呑みで信用しない。
なにせ先日のミーティング、
しかも日本からパール本社の人を招いての正式なミーティングの席でも
そのワシへのギャランティーを誰が支払うかも明確に決まってなかった。
中国側の考えで言うと(ビジネスの席なので口には出しては言わんが)、

「全国50カ所への旅費とホテル代、
おまけに全国各地の旨いものと酒をうちが持とうと言うのに、
どうしてお前のギャラまでうちが持たねばならないのか」

と言うことなのであろう。
しかしこの「全国の旨いものと酒」と言うのは魅力である。
「まあギャラなんかええか」と思ってしまうワシを制して、
パール本社はメンツをかけてそれだけは死守してくれる。

まあ中国では何事も蓋を開けてみなければわからない。
ワシ相手にはそれでいいのじゃが
(ほんまはそれでは困るのじゃが)
国際ビジネスの席ではそうもいかない。
代理店も中国らしからぬちゃんとしたビジネス資料を提出する。

まずポスター。

VisionChinaTour.jpg

立派なもんが出来てるではありませんか!!
担当者は鼻高々でツアースケジュール表を提出する。

辽阳(どこや?)
吉林(北朝鮮との国境や)
石家庄(こりゃ北京から近い)
贵阳(どこや?)
兴义(知らん)
徐州(聞いたことはあるが・・・)
靖江(シルクロードか?)
天津(こりゃ北京から近い)
太原(一度行ったなぁ)
郑州(聞いたことはあるが・・・)
河南濮阳(かいもくわからん)
平顶山(聞いたこともない)
上海(ここはさすがに)
呼和浩特(シルクロードの果てやん!)
新疆(こりゃ遠い!!)
广州(こりゃまた南の)
江门(どこやここ?)
深圳(香港の隣)

などなど・・・

さすが中国は広い。
このワシですら行ったことすら、
いや聞いたことすらも無いような都市の名前が羅列されている。

「ファンキーが寒いところは苦手だと言うから、
春から始まって北の都市から、秋冬には南の都市に降りてゆくツアーだぞ」

と鼻高々なのじゃが、
その日程が実は問題である。
最初のツアーは5月24日開始。
つまりXYZの次の千葉と完璧にぶつかっていたのじゃ。

「あのー・・・あんたこのスケジュール決めるに当たって、
一度でも俺にスケジュールの打診をした?」

それは気づかんかったとばかり担当者。
「ほないつなら空いてるか?」
と5月30日からのスタートにその場で変更していたが、
ワシはもちろんこんなスケジュールは信用していない。

何故なら彼はその場でまた「大決定!!」とばかり
新しいスケジュール表を鼻高々に印字して会議を終了させたが、
彼は一度たりとも先方の会場にその新しいスケジュールを打診してないのだから・・・


だから中国の仕事は「決定」と言われてもワシはそんなに信用していない。
具体的な移動のスケジュール、
つまり「もう切符を押さえたぞ」と言われて初めて「決定」である。
切符さえ押さえておけば、
万が一現地でドタキャンを食ったところで、
ワシとしては「全国の旨いものと飯」だけは確保出来るので知ったこっちゃない。

そんな中、昨日担当者からメールが来た。

「移動行程です。
これでよければチケットを押さえます。

5月29日夜中23時出発
5月30日朝7時50分遼陽着
5月30日午後14時からクリニック
終了後24時19分出発
5月31日朝9時吉林着
6月1日午後14時からクリニック
6月2日21時42分出発
6月3日9時40分北京着」

つまり移動は全部列車である。
ワシは「関口なんたら中国列車の旅」か!!!

幸いなことに(無駄なことに)
各都市での滞在時間は非常に長い。
この余った時間は全て飲み食いと言うわけか・・・

過酷なツアーはもうすぐ始まる(と思う)
終了は全国廻り終わった年末辺りである(と思う)

ワシはドラマーとしてまた一回り大きくなって(身体が)帰って来ることになるじゃろう。

«新しい記事
布衣貴州ツアー
前の記事»
スタジオのおっさんの生活2