ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣2019年秋のツアー江蘇省「南京」
布衣2019年秋のツアー河北省と北京
布衣2019年秋のツアー河南省「南陽」
布衣2019年秋のツアー湖南省「長沙」
布衣2019年秋のツアー貴州省「貴陽」
布衣2019年秋のツアー広西チワン族自治区「南寧」
布衣2019年秋のツアー雲南省
布衣2019年秋のツアー四川省と重慶市
布衣2019年秋のツアー陝西省
布衣2019年秋のツアー青海省「西寧」
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2016年1月15日

これはワシが全部悪い(>_<)

中国のブルースマスターBig Johnこと張嶺(Zhang Ling)のリハが始まった。

「新しいバンドを作りたい」というわけでワシと張張(Zhang Zhang)が呼ばれたのだ。

ZhangLingBandRh.jpg

サックスにはニューヨーク帰りの金浩(Jin Hao)、
ギターにはニュージーランド華僑のRobin、
中国の民族楽器「阮(Ruan)」など国際的なバンドである。

ZhangLingBandJinHaoRobin.jpg

ZhangLingBandRuan.jpg

特に金浩(Jin Hao)は昔のJazz仲間であったがその後ニューヨークに行ってしまったので何と会うのは10年ぶり!(◎_◎;)

「Big Easyがあった頃は楽しかったねぇ」
昔話に花が咲く・・・

2000年に北京に移り住んでから
「自分より上手いミュージシャンがいない、これでは自分が下手になる」
と悩んでいた頃、この店で張張(Zhang Zhang)が弾いているのを見つけてここまで育て上げた。

同じくこの店でJazzをやっている張嶺(Zhang Ling)や金浩(Jin Hao)と夜な夜なセッションしながらお互いの腕を磨いていた。

そう言えば金浩(Jin Hao)はFacebookでワシを見つけて繋がった時に、
「張嶺(Zhang Ling)と凄いバンド組んだんだって?」
とメッセージくれた。

張嶺(Zhang Ling)がちょうどその頃アルバム作りのためにニューヨークに行ってたので、
「張嶺(Zhang Ling)がそっち行ってるよ?」
とメッセージを送ると、
「知ってるよ。俺んとこ泊まってるんだもん」
と笑った。

きっと一緒にアルバムを作ったのだろう、
リハーサルの時も金浩(Jin Hao)が色々意見を言ったり、
まるで長年の「バンド」のようで楽しかった。


さてリハが終わり、ワシはパールドラムの活動で「连云港(どこや?)」という土地に行かねばならない・・・

確か夜遅い便だったので一杯飲むぐらいの時間はありそうだ。
張張(Zhang Zhang)に「付き合え」と言って辛い鍋をつつく。

本当は「麻辣香锅(MaLaXiangGuo)」という汁なし激辛鍋を食いたかったのだが、
運悪く改装中か引っ越しか潰れてしまったのか、
仕方がないのでその隣の店で「麻辣鱼锅(MaLaYuGuo)」を食った。

MaLaYuGuo.jpg

さてここからが本題である。

スマホのスケジュール欄を見ると、
「2205 73H 0^ E T2 -- 1:40 」
と書かれているので、
「22時発なら20時に空港着けば間に合うな」
とタカをくくってビールをお代わりしている。

「美味い激辛汁なし鍋食わねえか?」
と、運転手代わりに居候の有希子(よーしーず)も呼び出している。

うちは空港から近いので帰り道に送ってもらえば済むのじゃよ〜(笑)

ビールを2本飲んで満腹で有希子(よーしーず)の運転する車に乗り込む。
そしたら一緒に连云港(どこや?)に向かう担当者の沙泳江(Sha YongJiang)からメッセージが入る。

「俺はもう空港着いたよ」

国際便と同じく2時間前ぐらいには空港に行くようにしているのぢゃが、
国内便では中国人は1時間前とかに来るのが普通なのに
「いやに早いなぁ・・・」
とは思っていたのだ。

思えばこの時に「早いねぇ」などと返信していればよかった・・・

いや、そうだったとしても結果は変わらないのだろうが、
空港に着いた頃に「俺はもう搭乗したよ」とメッセージが来てから初めて「おかしいな」と思ったのだ。

スマホのスケジュール欄を見直す・・・

「MU5165 PEKLYG 2025 2205 73H 0^ E T2 -- 1:40 」
なんと2205は到着時間で1:40は飛行時間ではないか!!!!(◎_◎;)

カウンターに行ってみると既に搭乗手続きは終わっていて結局「乗れない」(>_<)

沙泳江(Sha YongJiang)に電話する。
「あちゃー!!そりゃ仕方ないなぁ・・・じゃあ明日の便で来いよ。
1日2便しかないから朝の便は南苑空港からだけど・・・」

(>_<)・・・

南苑空港と言えば初めて行ったのはこの時・・・
そして前回の布衣(BuYi)の内モンゴルコンサートの時にもこの空港だったが結局飛ばなかった(>_<)

これ・・・


朝の便が1日1便だったらこれが飛ばなければ仕事が飛ぶ(>_<)
乗り遅れるなんてことは論外である!!

朝7時半に起きて2時間かけて南苑空港へ向かうのぢゃ・・・

成田の向こうで住んでる人が調布空港へ向かうようなもんぢゃが・・・
悪いのは誰でもない、ワシが悪いのぢゃ〜・・・(涙)

«新しい記事
全中国ひとりドラムツアー2016年 江蘇省「連雲港市」
前の記事»
全中国ひとりドラムツアー2016年 湖北省「武漢市」