ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
深井克則 in SOMEDAY
最強のドライバー「娘」
新幹線の切符を失くした(>_<)
美人だからスターなのかスターだから美人なのか
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2015年3月28日

深井克則 in SOMEDAY

JAZZ界には私の数多くの「師匠」がいるが、
深井さんは中でも「ラテン」というものを私に叩き込んでくれた師匠である。

自叙伝の中でも出てくるMemoriesという曲の共作者でもある。

深井さんがこのイントロとサビをつけてくれてこの曲が「JAZZ」になった。

キャンピングカーで一緒にツアーをやって、
まあ殴られまではしないが、怒鳴られたり叱られたりしながらワシを鍛えてくれた・・・

深井さんがいなかったら
今だに「ラテン」なんて叩くことなど出来なかっただろうし、
五星旗の「炎の靴」なんて曲も生まれることはなかっただろうし、
中国では「红舞鞋」なんて曲も生まれることもなく、
ワシがタダでMTVに引っ張り出されることもなく、
このアイドルが海南島に家を買うこともなかっただろう(笑)

そしてSOMEDAY!!

このJAZZクラブのマスターもワシをしごいてくれた。
この店がなかったらワシはJAZZなんぞ今だに叩くことはなかっただろうし、
和佐田が今のようにセッション狂いになることもなかっただろう・・・

嫌がる和佐田を誘って始めたブレッカーセッション。
それを見に来た当時日本で活動していたBEYONDの連中。

ボーカルの黄家駒は
「凄いよ、本当に凄い!!毎月やってるのか?次も必ず聞きに来るからな」
と言って帰らぬ人となった。

黄家駒が真っ白な世界で見てると思うからこそ、
今の今までこうしてドラムを叩き続けて来れたのかも知れない・・・

思えば中国のいろんなミュージシャンもここに連れて来た。
中国ロックの創始者「崔健(Cui Jian)」をはじめとして、
そのバンドのパーカッションの刘效松(Liu XiaoSong)や、
今では中国のJAZZマスターになってしまったサックスの刘元(Liu Yuan)
マダガスカル人のエディーのギターにはマスターも
「何やこいつ、むっちゃファンキーやなぁ」
と喜んでいた。

今では中国最高峰のJAZZピアニストとなった金佛(Jin Fo)は当時はまだそんなにJAZZが弾けなかったのを無理やりステージに上げて、
偉そうに人を引っ張り上げてるワシの方が全然叩けなくて恥をかいたりした・・・

そんな中国ロックにも縁が深いSOMEDAYで深井さんがライブをやる、
しかもこの日は中国からマグロ漁船のプロデューサー馬上又が来日する・・・

「バスにでも乗って八王子まで自力で来てや〜」
という段取りだったのだが、
彼もピアニストだし、深井さんのピアノを見て欲しいのもあり、
ワシ的には深井さんとドラムの岩瀬立飛さんというのを見たいというのもあり、
羽田まで迎えに行ってそのままSOMEDAYに連れて来た。

ブログなので勝手に偉そうに言わせてもらうと、
ここまでキャリアを積んだら別にロックでもJAZZでも「これは叩けんな」というものはない!!(キッパリ)

ところがこの岩瀬立飛さんという人はワシにとって「別格」なのだ。

音楽的に深いというか、
ワシやこーぞーさんなんかがどれだけしゃかりきに叩いたところで、
この師匠の足元というか手のひらにも乗ってない気がするような何かがあるのだ。

JAZZは(というより「音楽は」なのだが)一生勉強だというが、
この歳になってもやはり日々勉強である。

そんな中で数年前立飛さんのとあるコメントを見た。

国府弘子さんというピアニスト(これまたワシの師匠なのだが)の書き込みに対するコメントで、
JAZZにおけるインプロビゼーションの極意を書き込んでいてなるほどなと思った。

あまりに古いコメントなので探しきれなかったが、
確か国府さんが「たっぴーとやると自分が上手くなったように感じる」という発言に対して、
「インプロビゼーションというのは単にフレーズを受けてそれに答えるというだけではなく、
どのようなインプロビゼーションをさせるかということを考えて叩くからだよ」
と、上手く言えんがそのようなことを書かれていて目からウロコだったのを覚えている。

三好三吉さんと納浩一さんとのセッションの時
納さんが、
「ひとつのフレーズを入れる時には何らかのアクションがある」
というのを聞いて、
JAZZにおける「反射神経」というのは「運動能力」ではなく「経験値と知識」だと知った。

もちろんこの段階でワシはまたひとつ階段を上って上手くなっている。

そして立飛さんのコメントでまた新しいことを知り、そのプレイを三科かをりさんの結婚式の時に初めて聞いた。

いや〜・・・ワシには叩けんわ・・・(>_<)

たいがい「人間が叩いてるもんやから叩けんものはない!!」をポリシーにして来たが、
これは「プレイ」とかいう次元のものじゃなく、
「空間をどう切り取るか」みたいなある種の「芸術」で、
ロックが「生き様」で、ワシなんかが、
「ほらワシの生き様見てみぃ!!お前らにはまだまだ叩けんな!!」
と言ってるのとまた全然違う世界のものなのである。

この日の3拍子のドラムソロ・・・
縦横無尽に3拍子と4拍子を行ったり来たりしながら、
ああこの人にはもう「何拍子」というのは関係ないんやな・・・
と感じたりした。

立飛師匠・・・さすがですわ・・・

そして深井師匠、またええもん見せて頂きました!!
馬上又もむっちゃ感激して、
是非上海のジャスフェスに出て欲しいということなので、今度是非中国に来て下さい!!

FukaiKatsunoriIwaseTappi.jpg

さてええもん見せて頂いて、私は今日から2週間マグロ漁船のリハです〜
「ロック」頑張ります!!

Posted by ファンキー末吉 at:08:31 | 固定リンク

2015年3月26日

最強のドライバー「娘」

娘が小さい頃から
「お前いくつになった?あと何年で免許取れる?」
と聞いていたらしい・・・

もちろん自分が酒飲んでる時に運転して欲しいからである!!

かくして娘も18歳になり、
もちろん真っ先に合宿免許を取りに行ってもらった。

金も全部ワシが出す!!
毎回タクシーに乗って帰ることを考えたら安いもんである・・・

そしてVoThMのツアーでついに長距離も経験!!
ツアードライバーを3度も経験して初心者マークが取れて今に至る。

そして先日の鶴ヶ島ハレでのVoThM+五星旗3rdライブの時、
ワシが飲むといつも運転させられる仮谷くんも飲めるようにと「娘ドライバー」を稼働することとなった。

さてこの鶴ヶ島ハレは沖縄料理の美味しい店で、
美味しい焼酎やら何やら盛り上がってた時に、
一緒に盛り上がった横浜市にお住まいのとある奥様、
「終電乗り遅れたらもうタクシーで帰ります!!」
と言いながら盛り上がっている。

「鶴ヶ島から横浜なんかタクシー使ったら2万円はいくで〜」
とか盛り上がってるうちに本当に終電に乗り遅れた(>_<)

まあ聞けば横浜市ではあるが「たまプラーザ」だというのでうちからそんなに遠くない。
「ほな娘がみんなをうちに送った後にそちらまで送って行くわ〜」
ということに相成った。

「うんええよ〜」
ということで娘ドライバーはワシら酔っ払いとこの奥様を乗せてうちへ〜

ついでに店が終わってあーちゃんが家に帰るというので、
「ほなあーちゃんも乗せて帰ってあげてや〜」
「うんええよ〜」
というわけでワシら酔っ払いは酔いつぶれて寝た。

さて翌日、ワシは弁護士とミーティングがあるので朝早起きしたのだが、
ふと見つけた昨夜の奥様からのLINEのメッセージ・・・

2:43 羽田なう!!

羽田?・・・たまプラーザじゃなかったっけ・・・
娘のFacebookを覗いてみる・・・

2:47 羽田なう笑笑笑笑笑笑 二倍通り過ぎた笑笑笑笑 これから40分かけて目的地戻ります笑笑笑

HanedaNow.jpg

八王子からたまプラーザに行くのに、
何をどう通り過ぎて羽田空港まで行くの?・・・
しかも空港ん中やし・・・(>_<)

TamaPlazaMap.jpg

八王子はこの地図の左上、
羽田空港いうたら右下やで・・・

聞いたら「お喋りに夢中で・・・」らしいけど、
本来なら調布インターで降りるところを、
通り過ぎたいうても三宅坂まで行って突き当たって、
それを右に折れて首都環状線を出口を出ずに芝浦まで行って、
芝浦でちゃんと1号線に乗って、羽田線に乗って空港方面に走るのか、
もしくはベイブリッジ渡って有明でちゃんと右折するのか、
どっちにしろ「迷って」そこに着くのは逆に難しいのではないか・・・

奥様はここで大笑いしてワシにLINEを送ったのだろう・・・

「お喋りに夢中やったきいかん!!帰りは運転に集中せないかん!!」
とばかり今度は寡黙に運転する娘・・・

しかししばらく運転したところで奥様が口を開く。
「あれ?ここ・・・さっき通ったところとじゃない?」

見れば先ほどと全く同じ看板が・・・
「あ・・・また羽田に来てしもた・・・」

どこをどう間違ったらたまプラーザ行くのにまた羽田に戻って来なければならんのか(>_<)

今度こそはちゃんと帰らねばと思いつつハンドルを握る手にも力が入った瞬間、
ガソリンのインジケーターが点灯していることに気づく。

「ガソリン入れな帰れん・・・」
降りたところがお台場(笑)

なぜに八王子からたまプラーザに行くのにお台場で降りねばならんのか(>_<)

結局4時間かかって奥様を送り届け、
朝6時頃にやっと我が家に帰って来た娘、
車内でぐっすり寝ていたあーちゃんを起こして「着きました」・・・

目を覚ましたあーちゃん、
「え?なんで?なんで朝なの????」

こうして次の日にはこの話はファンキー村の皆が知る有名なエピソードとなってしまっていたとさ・・・

Posted by ファンキー末吉 at:18:20 | 固定リンク

2015年3月24日

新幹線の切符を失くした(>_<)

小学校の頃は「忘れ物の帝王」と呼ばれ、
寄る年波と共にその忘れ物頻度は増加の一途を辿っているようだ・・・

3月21日(土)X.Y.Z.→A デビュー15周年記念TOUR 2015「Miracle」
大阪は心斎橋 VARONに向かおうとして気がつく・・・

「新幹線の切符はどこや?・・・」

マネージャーの沼澤にメールする。
「この前の東京公演の時に確かワシに渡してくれたよねぇ」

CCしてたメンバーのみんなが
「渡してた渡してた」
と口々にResをよこす・・・

ないのよ・・・それがどこにも・・・

ワシは大事なものはとりあえずいつも持っているポシェットに入れる。
ところがその中どころかパソコンリュックの中にもトランクの中にも上着やズボンのポケットにもどこにもない・・・

当日になってふと思い出した・・・
「北京に行った時に一度中身を出したっけ・・・」

日本ではパスポートや人民元、
保険証やら免許証やら大事なものは全部ポシェットに入れて持ち歩いている。

でも中国で使わないものは逆に持ち歩いても仕方ないので着いたら北京の自分の部屋に置いてゆくのだ。

もちろん帰国するときにはまたポシェットに入れて帰るのだが、
その時に忘れてしまったのではないか・・・

老呉(LaoWu)にWeChatで連絡を取ってみる。

Kippu1.JPG

「あったよ・・・これだろ?」
おうっ!!やっぱここにあったか・・・

さて問題はこの切符をどうするかである。
今からEMSで送ってもらったところで絶対間に合うわけがない・・・(当たり前)

仕方がないのでこの写真を持って駅の切符売り場に行ってみる・・・

事情を説明したら、
「紛失証明をお出ししますので、チケットが見つかりましたらそれと一緒に持って来て頂ければ払い戻し致します」
とのこと。

大事なのはこのチケットは自動改札を通さずに必ず駅員さんがいる改札で使った後も手元に持っておかなければならない。

目的地に着いたら最終の駅にて「再収受証明」というハンコを押してくれる。

それをいつものようにポシェットのポケットに入れて、
帰りの切符も同様にハンコをもらえばあとは北京からチケットが届くのを待てばそれでよい・・・。

ところがライブが終わり、
ホテルに着いてチェックインしている時のことである・・・。

「これ・・・落とされてませんか?」
親切な人がこのハンコ入りのチケットを1枚届けてくれた。

「ありがとう御座います!!!」
きっと携帯を取り出す時に一緒にこぼれ落ちたのであろう・・・

ところが残っているチケットを見てみると、
帰りの乗車券と特急券はあるのだが、行きの乗車券・・・
すなわち拾ってくれた特急券のもう一枚の行きのチケットがないのだ・・・

つまりこれがなければ北京から切符が届いても払い戻しが出来ないのだ・・・

「沼澤ぁ・・・(涙)」
また涙ながらにマネージャーに電話する。

「見つかりました」と電話が来るまで数十分、
最終的には無事に4枚のチケットが揃った\(^o^)/

Kippu2.jpg

問題は北京からチケットが届くまでこれを失くさないかどうかである・・・

Posted by ファンキー末吉 at:08:58 | 固定リンク

2015年3月22日

美人だからスターなのかスターだから美人なのか

今回の北京行きは夜の食事があっと言う間に埋まってしまった・・・。

「Funky〜帰って来てんだって?メシでも食おうぜ〜」
LuanShuから電話があった時も
「夜はもういっぱいなんだ〜昼メシなら〜」
と言ったら大笑いされた。

そうそう、最初に北京に来始めた時もそうだったなぁ・・・
結局昼夜ずーっと飲んでた・・・(笑)

そんな中で一番に約束を入れて来たのが彼女、李慧珍(LiHuiZhen)である。

LiHuiZhenJacketPhoto.jpg
(デビューアルバムのジャケット)

『Funky〜いつ北京に帰って来んの〜ご飯でもどう〜?」
WeChatというLINEのようなツール
(ちなみにLINEは中国のSIMを挿しただけで使えなくなるのでワシはもうオサラバする)
で連絡が来た。

今では頻繁に会うこともないが、
年に一度ぐらいこうして一緒に食事して昔話に花を咲かせたりする・・・


彼女がまだ18歳の頃、ホリプロの中国40万人オーディションで銅賞に勝ち残りながら、田舎から北京にやって来たストレスで太ったり吹き出物が出たりして実質干されてしまった。

同期がどんどん鳴り物入りでデビューしてゆく中で、
ひとり取り残されたようになってた当時の彼女、
このデビューアルバムを私がプロデュースすることになり、
結果このアルバムの曲はヒットチャートを総ナメにして彼女は同期を飛び越えて大スターとなった。

「誰も相手にしてくれなかった私を貴方だけが相手にしてくれた。
貴方は私の恩人です。
貴方がいなかったら私は今も誰にも相手にされずにいたと思う」

そんな言葉をくれた彼女も今はもういい歳である。

「あの頃はホントに田舎もん丸出しって感じで可愛いかったねぇ」
WeChatでそんな会話を交わす度に、
「貴方ったらいつもそればっか!!今も私は田舎もんよ」

ネットで出回っている写真は華々しいステージ写真ばかりで、
昔の面影を残す写真は皆無だったのだが、
数年前にこの写真を見つけて彼女に送りつけた。

LiHuiZhenSwimingPhoto.jpg

「おっ、見つけたぞ!!昔の写真!!これこれ、こんな感じやったなぁ〜」
と喜ぶワシに冷たく言い放つ彼女、
「何言ってんの、これこの前撮ったばかりの写真よ・・・」

げげっ!!この前って言ったら30代も半ばではないか・・・

「お前、おかしいぞ!!(笑)」
とその頃からワシは言う。

会う時はいつも素っぴんだし、
ワシばっか歳取って太ってゆくのに不公平ではないか・・・

去年の待ち合わせではワシが渋滞で遅れてしまい彼女を待たせてしまったが、
今回はワシが先に着いて彼女が渋滞で遅れている。

「先に食べてて〜」
車の中から写真付きメッセージが微博(中国のTwitterのようなもの)で送られて来る。

LiHuiZhenDrivingPhoto.JPG

お前なぁ・・・いくつや?・・・もう四十路やろ・・・

40歳で素っぴんでこれ・・・
ワシは腹いせ(?)に彼女の奢りになるのだからと高級牛肉を頼みまくってやった(笑)

酒も飲まないし、当然ながらあまり大食らいでもない彼女の代わりに、
当然ながらこの高級牛肉は全てワシの胃袋に収まることとなる・・・

LiHuiZhenWithBeef.JPG

いや〜高級牛肉も美しいがお前もかなり美しいぞ・・・

「お前・・・いくつになった?」
そう聞くワシに笑顔で答える。

「もうすぐ40歳でーす」

LiHuiZhenPeace.png

40歳でこれ・・・!(◎_◎;)
素っぴんでこれ・・・!(◎_◎;)

女は恐ろしい・・・というよりスターはホンマ恐ろしいな・・・

もともとはお顔で売ってた歌手ではなかったわけだから、
歌が売れてからお顔もスターになった?・・・
もしくはもともとお顔もスターだった?・・・

そんな彼女とまたいつものように昔話・・・

前回はお母さんも一緒で、
その前は確かワシが出演しているライブハウスの狭い路地に赤いベンツのオープンカーを乗り付けて来よって、
「どこのヤクザがこんなとこに高級車乗り付けよって」
と思ったら彼女だった(笑)

その前は「私バンドやりたいの」ということで呼び出されたのじゃったが、
今回は何の話だろうと思ったらなんと!!!

LiHuiZhenWithBaby.JPG

ネットで出回ってたこの写真に、
「お前の子供?まさかね、妹の子供だろ」
とコメントしてなしのつぶてだったが、
きっとちゃんと会って説明しときたかったのぢゃろう・・・

「へへ、私の子供よ」
おいおい!!お前まだ独身じゃろ・・・

まあいい、お前が幸せならワシはそれでいいぞ!!
まあまた子育てが一段落したらバンドでも何でも一緒にやろう!!

次会うのはまた1年後か?
来月北京でライブがあるからよかったら1曲歌いにおいで〜

BeijingLive20150416.jpg

Posted by ファンキー末吉 at:09:47 | 固定リンク