ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣2019年春のツアー河南省
布衣2019年春のツアー安徽省
布衣2019年春のツアー江蘇省
末吉のドキュメンタリー映画
布衣2019年春のツアー上海
布衣2019年春のツアー浙江省と安徽省黄山
歌と共に暮らす少数民族たち
布衣2019年春のツアー江西省
布衣2019年春のツアー福建省
布衣2019年春のツアー海南省
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2012年5月 5日

やっちんツアー開始!!

と言っても途中ちょっと空いて6月1日から再開ですが、
今日の「横浜club Lizard」が初日!!

やっちんのオリジナルからTHE GOOD-BYEのナンバー、
果ては(ネタバレ注意)爆風トリビュートの「それから」まで、
いろんなナンバーを演奏するわけですが、
実は一番ワシが頭を悩ませるのがTHE GOOD-BYEのナンバー。

やっぱ「バンド」っつうのは何か違うのな!!

例えばスタジオミュージシャンが録音した曲なんかだと、
まあ「ワシが叩くんならこうやな」と変えることが出来るのだが、
それが「バンド」となるとそうはいかない。

やっちん自身は
「そんなことないですよ、バンバン変えちゃって下さい」
と言うがワシ自身としてはそうもいかん・・・

何か「衛藤浩一」の顔が浮かんでしまうのな・・・(笑)

大昔ドラムマガジンでモノを書く時に、
クイーンのロジャーテイラーのことやったかな、
「別に彼は上手いドラマーじゃないけれども」
と書いた時に、編集部から鬼のように訂正が来た。

「そんなこと書いたらクイーンのファンを全部敵にまわしちゃいますよ!!」

まあクイーンどころかビートルズやストーンズのファンを敵に回す覚悟で言うが、
「ロジャーテイラーやリンゴスターやチャーリーワッツは決して上手いドラマーじゃない!!」

あ、言うてもうた・・・(笑)

例えて言うと中国の、いや今や世界的な女優さんになってしまったが、
「巩俐(コン・リー)」というそれはそれは素晴らしい女優さんがいる。

中国にハマり始めた頃、彼女の写真を部屋に貼っていて、
その後ワシの妻になることになる中国人女性がそれを見た時に、
「そんなに巩俐(コン・リー)が好きなら彼女と結婚すればいいでしょ」
とプンと拗ねて言ったのが可愛らしかった・・・

・・・と前の嫁の思い出話をしてる場合ではないのだが、
この「巩俐(コン・リー)」という女優さん、
ワシなんかは「こんな美しい人は世の中にいない!!」と思っていたのだが、
こと中国ではこのように評価されている。

「彼女は決して美人ではない。でもあの演技力は神業だよ」と・・・

同じようにワシが
「クイーンやビートルズやストーンズのドラマーは決して美人ではない」
というような発言をしたところでそのファンがワシを敵視するのはお門違いである。

彼らは決してテクニシャンではないし、
おそらくスタジオ仕事が出来るほどの多方面のテクニックは持ち合わせてない。

しかし彼らはそのバンドサウンドではなくてはならないものを作り上げた偉人である。

昔かまやつひろしさんのスパイダースセルスカバーアルバムのプロデュースをした時、
「いつまでもいつまでも」という曲の原曲を初めて聞いた。

メロディーはあんなに有名なのだが原曲を聞いたのは初めてであったのだ。

今は田辺エージェンシーの社長となっている田辺さんのドラムが、
これがまた「味」というものからはほど遠いほど「ヘタ」である(笑)

ところが平気で1拍ぐらいどっかになくなってしまっているようなその「ヨレたオカズ」が、
何度もこの曲を聞いてゆくうちに「なくてはならないもの」になってしまっているのだ(驚)

同様にBEYONDという香港のバンドのWINGというドラマーのバックをやる時に、
「真的爱你」という彼らの代表曲のオカズがあまりにイモっぽくて、
やる度に何とか自分のオカズに変えようと努力するのだが、
結局何を叩いてもやっぱそのイモっぽいオカズを越えられないので、
もう今ではあきらめてそのオカズを精一杯コピーさせて頂いている(笑)

要は既に「オカズが曲の一部になっている」のである。

音楽学校の副校長をやっていた時、
新入生にいつもこんな訓話をたれていた。

「お前ら将来音楽でメシを食いたいんだろ?
だったら分かっておいて方がいい。
それには大きく分けて2種類の道がある。
ひとつはプレイヤーとして個人で成功すること、
もうひとつはバンドで成功すること。
プレイヤーで生きてゆきたかったら腕を磨け!!
どんなジャンルの音楽の、どんなプレイでも出来るようにしておけ。
バンドで生きてゆきたかったら、
極端な話テクニックなんて要らん!!
ただそのバンドのサウンドが他の何よりもかっこいいものにしろ!!」

まあバンドは楽しいけどシンドイもんなので、
爆風スランプの時も何度も
「こんなもんやめて俺はスタジオミュージシャンとして生きるんだ」
と思ったことがあるが、
当時のプロデューサーN氏にこっぴどく叱られた。

「お前はアホか!!
全てのスタジオミュージシャンはバンドで売れたいんだ!!
どんなに一流のミュージシャンだって音楽業界にしか名前は売れてない。
バンドが売れれば全ての人がそのバンドの名前を知ることになる。
みんなトドのつまりお前みたいになりたいんだよ!!」

幸か不幸か中国に渡ってスタジオミュージシャンとなり、
二井原や橘高と和佐田とX.Y.Z.→Aというバンドをやり、
腕でもメシを食いながらその唯一無二のサウンドを墓場まで持っていこうとしている。

思えば奇異な人生である・・・(シミジミ・・・)

話がそれてしまったが、
前述の全てのドラマーはスタジオミュージシャンが出来るほどの腕を持ってるかと言うと・・・持ってない。

しかしその「サウンド」を作り上げた偉大なるミュージシャンであることだけは間違いがない。

「決して上手いドラマーじゃない。でも素晴らしいドラマーなんだよ」
というわけである。

ロジャーテイラーも、リンゴスターも、チャーリーワッツも、
WINGもそして・・・衛藤浩一も・・・

いやー今やファンキー村の末吉家の長男と呼ばれているこの男のことを褒めるのは少々・・・いやとても気が滅入るのだが(笑)、
例えば今日やった数曲のTHE GOOD-BYEの楽曲、
その中のいくつかの彼が叩いているオカズは、
やっぱ「そのオカズじゃないと」というものがあって大変である。

要は「衛藤浩一の顔が浮かんで来る」のである。

これをやられたらもうどんなスタジオミュージシャンも太刀打ち出来ない!!
それが「オリジナル」となって、どんな「カバー」も「オリジナル」を越えられないのである。

気が滅入りはするが仕方がないので(笑)一生懸命コピーさせて頂く!!(涙)

まあ衛藤浩一のことをこれだけ知っているワシとしては
「なんでここでこんな叩き方をするかね・・・」
とため息をつく(笑)

要は彼の「性格」がそうさせるのだ・・・あの性格が・・・(涙)

いや〜音に「性格」が出てしまったらもう誰もそれをマネすることも出来ない!!
大したもんですよ・・・(ため息)

えとーさんには会う度に相変わらずいろいろ説教するけど、
嫁に言わせれば「あんたはホンマにえとーさんに甘いな(笑)」とあきれられる。

世の中に「完璧な人間」がいないように、
「完璧な性格」はあり得ないし「完璧なドラム」もあり得ない。

要は好きか嫌いかということである!!

これだけ多くの人を魅了した音楽にその「性格」が大きくにじみ出している限り、
たかだか「完璧を目指している」だけの不完全なワシがどれだけ頑張ったって、
それを越えることなど出来ないのだ・・・

というわけで今回は「ワシが考えるTHE GOOD-BYE」を一生懸命叩かせて頂いている。
(あ、もちろんやっちんのソロ曲もね)

筋少と時と言い、米田渡のCCBと言い、
リスペクトとせめぎ合いというのはそれはそれで非常に楽しいミッションである。

明日はさいたま新都心 HEAVEN'S ROCK 
(さいたま市中央区上落合4-1-1)
<埼京線・北与野駅/京浜東北線・さいたま新都心駅より>

【時間】OPEN 16:30 / START 17:00

【料金】前売5,500円/当日6,000円(全自由/整理番号入場/D代別途)

【発売日】2/26(日)より

【プレイガイド】
ローソンチケット (Lコード:78352) 0570-084-003
e+(イープラス)http://eplus.jp/(パソコン・携帯)
HEAVEN'S ROCK 店頭にて販売 048-858-7251

【お問合せ】ヘブンズロック 048-858-7251

その後は6月からツアーに出て、

◇神戸公演

【日程】6月1日(金)

【会場】神戸 チキンジョージ 
(神戸市中央区下山手通2-17-2-B1F)

【時間】OPEN 18:30 / START 19:00

【料金】前売5,500円/当日6,000円(全自由/整理番号入場/D代別途)

【発売日】2/26(日)より

【プレイガイド】
神戸チキンジョージHPオンラインショップ
http://www.chicken-george.co.jp/
HPにて2/26(日)AM12:00よりチケット販売コーナーで発売開始
チケットぴあ   (Pコード:161-182)0570-02-9999
ローソンチケット (Lコード:59881) 0570-084-005

【お問合せ】
チキンジョージ 078-332-0146 / webmaster@chicken-george.co.jp 


◇枚方公演

【日程】6月2日(土)

【会場】枚方 P×9 cafe 
(大阪府枚方市町樟葉1‐4‐1)
<京阪本線淀屋橋方面行「樟葉駅」徒歩2分>

【時間】OPEN 17:30 / START 18:00

【料金】前売5,500円/当日6,000円(全自由/整理番号入場/D代別途)

【発売日】2/26(日)より

【プレイガイド】
P×9cafe 072-857-9911(16:00~21:00)にて予約受付
チケットぴあ   (Pコード:163-312)0570-02-9999
ローソンチケット (Lコード:53713) 0570-084-005
e+(イープラス) http://eplus.jp/(パソコン・携帯)

【お問合せ】P×9cafe 072-857-9911

◇名古屋公演

【日程】6月3日(日)

【会場】名古屋 ボトムライン 
(名古屋市千種区今池4-7-11)

【時間】OPEN 16:30 / START 17:00

【料金】前売5,500円/当日6,000円(全自由/整理番号入場/D代別途)

【発売日】2/26(日)より

【プレイガイド】
チケットぴあ   (Pコード:161-436)0570-02-9999
ローソンチケット (Lコード:47898) 0570-084-004
e+(イープラス) http://eplus.jp/(パソコン・携帯)

【お問合せ】ボトムライン  052-741-1620


◇東京公演

【日程】6月9日(土)

【会場】渋谷BOXX       
(渋谷区神南2-1-1)

【時間】<昼の部>OPEN 14:00 / START 14:30
<夜の部>OPEN 18:30 / START 19:00

【料金】前売5,500円/当日6,000円(全自由/整理番号入場/D代別途)

【発売日】2/26(日)より

【プレイガイド】
FLIP SIDE ONLINE TICKET http://www.flipside.co.jp
チケットぴあ (Pコード:161-336)0570-02-9999
ローソンチケット (Lコード:78017) 0570-084-004
e+(イープラス) http://eplus.jp (パソコン・携帯)

【お問合せ】FLIP SIDE 03-3466-1100


見に来れる方は是非おいで下さい!!
ベースはバーベQ和佐田、ギターとキーボードは田川ヒロアキです〜

«新しい記事
サンプラザ中野くん受難(笑)
前の記事»
中国ではもう作曲家が食ってゆけなくなる?!