ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2013年11月 2日

JASRAC独占禁止法違反のニュース

公正取引委員会が「独占禁止法違反には当たらない」とした判決を東京高裁が覆したというニュースは、
いろんな人がメッセージやツイートでも知らせてくれたが、
もちろん私自身も興味深く調べただけでなく、
弁護士からもすぐに電話がかかって来た。

これはまあわかりやすく言うとこういうことである。

昔は他の業者はこの業種に参入出来なかったので名実共にJASRACの「独占」であったが、
2001年に法律が変わって今ではイーライセンスを始めいろんな業者が参入出来るようにはなり、
音楽業界ではJASRAC以外の著作権団体に著作権を管理してもらおうではないかという動きもあってイーライセンス等の他の業者も頑張ってはいるものの
そのシェアはまだせいぜい1%ぐらいのもの。

そしてそのほぼシェアを「独占」しているJASRACは「包括契約」という方法で放送局等から著作権料を徴収している。

このブログでも争点となっている「包括契約」でその中身を公開しない現状では分配は事実上「好き放題」。
放送局などの場合には「サンプリング期間」に流された楽曲リストに基づいて300億円近い著作権料を分配している。

当然ながらその期間以外に流された楽曲の著作権者には何も分配されない。

それに対してイーライセンスは1曲ごとに徴収する方式を取っているのだが、
放送局にとってはこれは少々メンドクサイ・・・

JASRACの場合はどこに分配されるかわかんなくてもとりあえずは金さえ払っておけばよいから簡単である・・・

だからイーライセンス管理楽曲を流したらイーライセンスから「1曲ぶん下さい」と言われてもメンドクサイので、じゃあ
「うちの放送局ではJASRAC管理楽曲以外の楽曲を流すな」
というお触れが出ることとなる。

そうすると結局誰もイーライセンスとは契約したくなくなるからますますJASRACの「独占」は進むという図式である。

ここまで来るともう放送局とJASRACの「癒着」やな・・・

「これではいかんでしょ」
という判決を高裁が出したというのが今回の事件である。

「包括契約」と「1曲ごと」との戦いのようにも解釈される向きはあるが、
実はイーライセンスとか他業者も全部「包括契約」にされてもこれは困ったことになるのぢゃよ。

想像してみて欲しい。
現在おそらくLive Bar X.Y.Z.→Aぐらいの規模の店なら月に3万払えば、
まあ誰に分配されるかはわからんが法律的にはJASRAC管理楽曲は使い放題になるが、
じゃあ他の業者の管理楽曲だってあるんだから、
ある日突然イーライセンスが、
「月に1万円払いなさい!!」
他の業者が
「月に5千円払いなさい!!」
そして全ての業者が我も我もと徴収に来られたらたまったもんじゃない。

本来ならば使った楽曲に対して1曲ずつ著作権使用料を支払うべきなのぢゃよ・・・

今は昔と違ってデータのデジタル化が進んでいるので
全ての使用楽曲のデータをデジタル化して共有することは十分可能やし・・・

でもJASRACはこのデジタル時代に今だにうちの店も含めて手書きの用紙を配布して、
それを手書きで記入したものを職員が手打ちで入力して集計している・・・

「ほらね、メンドクサイでしょ。だから包括契約にしなさい。その代わりどういう基準で誰に分配したかは公開しませんよ」
というのが現状なのである。

うちはJASRACに対して
「包括契約以外の支払い方があると言ったじゃろ!!そのように支払わせろ!!」
と言ってるものであるから、この独占禁止法がどうたらというもの店とは直接関係はないが、
包括契約しか選べない現状が変わってゆくという意味では大きいことである。

「包括契約」を巡って八王子の小さなライブハウスが竹槍で戦争をしかけていたら、
いきなりB29(古っ)が飛んで来てミサイルをぶちかましだしたようなもんである。

JASRACもこれだけ大きな戦いを仕掛けられたらもううちの竹槍なんかに構ってられない状況かも知れないが、もう既に戦いは始まっている。

ツアーが終わって来週東京に戻ったらさっそく弁護士とミーティングである。

«新しい記事
昨日は〜車の〜中で〜寝た〜♪
前の記事»
ミュージシャンは〜楽しい仕事と〜来たもんだ〜