ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
恩師との思い出
母の四十九日
ファンキーはんと大村はん東北ツアー
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2013年4月11日

オープニングアクト

二井原はラウドネスで数多くのビッグネームのオープニングアクトを務めたと言うが、
ワシはと言えば爆風時代に早稲田の学祭に呼ばれてREMの前座をやったのぐらいかなぁ・・・

REMはその後アメリカでビッグネームとなるのだが、
当時誰も注目してなかった彼らを学祭に呼んだ早稲田プロデュース研究会の方々の眼力はなかなかのものだと思う。

しかし前座に爆風スランプを使ったのは大きな誤算であった。

当時のベーシストは身体は大きいが気は小さい現在のベーシストとは違い、
それはそれは火の玉のような男だった。

ラウドネスもそうだったらしいが、
オープニングアクトの機材はメインアクトの機材の前にセッティングする。

オープニングアクトが終わったらその機材は全部ハケて、
メインアクトがいつもやっているステージがそのまま残るというものだ。

PAはもちろん時には照明もろくに当たらなかったりすると言う。

当時のベーシストはそれに腹を立ててステージで吠えた。

「ここは日本じゃ!!ボケ!!!
何でワシらが毛唐の前で演奏せなあかんねん!!毛唐はアメリカに帰れ!!」

いやーどういうわけだかこれで客席は湧いて、
爆風スランプのステージは大盛り上がりで幕を閉じた。

ワシが主催者やったらギャラ払わんな!!(笑)

しかしREMはそこでやっぱ実力があったんやな。
日本ではまだまだ無名でヒット曲など1曲もないのに最後までステージをやってちゃんと客を盛り上げた。

人間も非常にいい人達で、
終演後に楽屋に挨拶に来てくれた時にはワシはどんな顔で会えばいいのか困ったのを覚えている。


さて時は流れて今はX.Y.Z.→Aのツアーちうである!!

今回のツアーは橘高がプロデュースしたふたつのバンド、
Pan-d-raZig+Zagと一緒に廻っている。

いわゆる「オープニングアクト」というものだが、
あんな火の玉のような男のバンドでなくてよかったと心から思うぞ(笑)

意外に思うかも知れないが、
メタル界とかビジュアル系の社会は実は非常に厳しい「縦の社会」である。

先輩達の機材を運び、早くから会場に入ってセッティングし、
楽屋は狭くなるので客入れ前の会場でメイクをし、
自分たちの出番が終わったらX.Y.Z.→Aのローディーをし、
コンサートが終わったら物販売り場で物販を売り、
そして機材を全部片付けて積み込んで次の土地へと移動する。

特にドラマー二人は大変やな。

ワシのドラムを使ってくれるのは全然いいのだが、
いろんなドラマーが「叩きにくい」というドラムセットを、
二人ともそのままのセッティングで叩くのだ。

だからワシはオープニングアクトが終わってもセッティングの微調整をする必要はない。
そのままステージに上がってすぐに叩けるのだ(驚)。

今時の若者が全てこんな「縦の社会」で生きているとは思えないが、
少なくとも彼らは10本のコンサートをワシらと一緒に廻る。

だいたい客はオープニングアクトを目的で来ているわけではないので、
そりゃ「大盛り上がり」というわけにはいかない。

時には盛り上げようと頑張り過ぎて空回りしたり、
機材がトラブったりいろんなことがある。

1バンド20分で転換込みで30分で終わらせねばならない。
毎日毎日メニューを変えて、少しでも少しでも客を掴もうと頑張る。

ワシらが与えてあげられるのは莫大なギャラでも強力なコネクションでも何でもない。
彼らを見たこともないお客さん、たかだかこれぐらいの数のお客さんの前でやるチャンスを与えるぐらいしか出来ない。

でも頑張ったら何人かはファンになってくれるやも知れんぞ。
財布の紐が緩んで君らのCDを買ってくれるやも知れん。

頑張るので若者たち、CDを売るのだ!!
今日びレコード会社など何の力もない。

頼れるのは自分の力だけじゃぞ!!


彼らとのツアーは続く・・・

4月12日(金) 兵庫 神戸 WYNTERLAND
          OPEN 17:30 / START 18:00
           ローソンチケット Lコード:59529 / イープラス / チケットぴあ Pコード:194-608

4月13日(土) 大阪 某所 ファンクラブ "Z to A" イベント
           「SEVENTH HEAVEN リリース記念祝賀会@大阪」

4月14日(日) 滋賀 BARI-HARI
          OPEN 15:30 / START 16:00
           イープラス

5月25日(土) 東京 渋谷 club asia
           OPEN 16:30 / START 17:00
           イープラス

5月31日(金) 大阪 RUIDO
          OPEN 17:30 / START 18:00
           ローソンチケット Lコード:57797 / イープラス / チケットぴあ Pコード:193-506

6月01日(土) 愛知 名古屋 ell.FITS ALL
          OPEN 17:00 / START 17:30
           ローソンチケット Lコード:47408 / チケットぴあ Pコード:193-516


チケット発売中

チケット料金
前売 4,500円
当日 5,000円

«新しい記事
神戸牛パワー
前の記事»
弟子