ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
学びの窓
カンボジア大阪東京3元中継生ライブ大成功!!
遠隔地同時演奏配信大成功!!
カンボジアのメタルドラマー
遠隔ライブ配信2回目レポート
ネット配信同時演奏のやり方と今後の課題
美女と三密3人乗り・・・
独裁国家の強み
カンボジアのヘビーメタル界
カンボジアにてドラムレコーディング!!!
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2012年8月27日

「张帆(Zhang Fan)」からのメッセージ

LOUDNESSが出演予定だったMIDIフェスティバルの最高責任者である「张帆(Zhang Fan)」からメッセージが届いたので紹介しておきます。

------------------------------

Funky先生您好,
(Funkyさん、こんにちわ)

Loudness是世界上一支伟大的乐队,
(Loudnessは世界級の偉大なバンドです)

他们是我们亚洲的骄傲,
(彼らは私たちアジアの誇りです)

我们在2010长江迷笛音乐节上有过非常愉快的合作,
(私たちは2010年に長江MIDIフェスティバルで非常に素晴らしいコラボレーションをしました)

当时现场的几万观众都被他们精彩绝伦的演出所折服,
(あの時は何万というオーディエンスが、彼らの素晴らしいパフォーマンスにノックアウトされ)

为他们报以海啸般的欢呼和掌声。
(彼らのために津波のような歓声を挙げ、拍手を贈りました)

本届贵阳迷笛音乐节所发生的Loudness被迫停演事件实属我和所有迷笛同事以及广大乐迷所不愿意发生的,
(今回の貴陽MIDIフェスティバルでLoudnessの出演キャンセルについては、私と全てのスタッフやファンにとって望む所ではありませんでした)

音乐是无国界的,
(音楽に国境はない)

如果我们人类最终连心灵与艺术的沟通都被抛弃,
(もしも私たち人類の心と魂のつながりや芸術による相互理解が捨て去られたとしたら)

那我们剩下的是否只有敌视和伤害了?
(もう私たちには敵視と攻撃しか残ってないのでしょうか?)

再次就此事件向Loudness致以最诚恳的道歉,
(もう一度今回の事件に対してLoudnessに心を込めて最大のお詫びの意を表すと共に)

并衷心希望在未来,
(未来に希望を託します)

来自日本的金属之声继续回荡在迷笛音乐节的上空!
(日本からのヘビーメタルのサウンドが、引き続きMIDIフェスティバルの上空を木霊することを!)

谢谢您。张帆 上

------------------------------

これは文面こそワシへのメッセージではあるが、
内容は明らかにLoudnessひいては全てのロックファンに対して発信しているメッセージだと感じる。

これを読んでワシは何かしら懐かしい気持ちにおそわれた。

ただのロック好き青年だった张帆(Zhang Fan)がMIDI音楽学校を立ち上げた時、
当時の中国ではそれは「キチガイ沙汰」であった。

誰もが「この学校は政府に潰される」と思っていた。

しかし彼はやり遂げた。
今は学校を飛び越えて中国最大のロックイベントを取り仕切る大プロデューサーである。

当然ながら彼は今日の姿を当時から想像していたわけではない。

彼がいばらの道を選んでそれにくじけずにやり遂げられたのは、
「儲かるから」
と思ったからではない。

それは「ロックへの情熱」、ただそれだけであった。

中国でもそうだが、
日本にもそんな「ロック馬鹿」がいなくなって久しい。


考えてもみて欲しい。

偉大なるロックの先人たちは、
「ロックで世界が平和になる」と信じていた。

ワシらはその先人たちの精神を受け継いで、
今なお「ロック」というものを追求しているのではないのか。

それが「国境問題」など下らないことで一喜一憂しているワシらは一体何なのか?!!

ワシらはファッションと騒音だけを受け継いで、
偉大なる先人たちの教えを何も受け継いでいないのではないのか?!

ロックに国境などないのだ!!

これは別に张帆(Zhang Fan)の言葉の受け売りでも何でもない。
偉大なる先人たちの教えなのである。

偉大なる先人たち達は、
国境などなくなって、ロックを愛する者たちが平和に手をつないで暮らせる世の中を夢見た。

そしてその夢は今だに叶えられていない。

だからワシら「ロックを愛する者」がそれを成し遂げなければならない。
もしワシらの世代で成し遂げられないなら、
ワシらはそれをワシらの「ロック」と共に後世に伝えてゆかねばならない。


中国政府に反感を持とうが何だろうが構いやしない。
同様に中国人が日本政府に反感を持とうがそれは仕方がない。

ひとつだけ言えるのは、
この日本政府は自分たち国民が選んだ政治家がやってる政府であり、
中国政府は北朝鮮同様、彼ら人民が選んだ政府ではないのだ。

中国は経済的には大発展を遂げているが、
その実、その大半の人民はまだまだ貧しい。

「食足りて初めて礼節を知る」
そんな国ではまだまだこのような輩は存在する。

日本で反中感情でこんな事件が起こったとしたら、
ワシは同じ国民としてそいつをぶっ飛ばしに行くが、
中国で起こっているこんなことに対しては・・・
ワシらは中国の同じくロックを愛する者たちと共に、
世界中からこんな悲しい事件がなくなるよう一緒に戦ってゆく、
そんな気持ちでいようではないか!!


LOUDNESSのみんなも、
今回の中止を受けてさぞかし腹立たしい思いをしただろう。
スタッフやファンのみんなもさぞかし嫌な思いをしただろう。

でも中国にも同じように悲しんだり、腹立たしい思いをした人間がたくさんいるということを我々は少しでもわかってあげよう。

「中国政府、バカヤロー!!」
が必ずしも
「中国人のバカヤロー」
ではないように、
時間をかけても中国人にもそれを分かってもらおう。

大丈夫!!ワシらには心強い「同志」がいるのだ。
同じようにロックを愛し、平和を愛し、
そして人間を愛する「同志」達が国境を超えて無限に存在する。

「ロックは世の中を変える」
そんなバカバカしい夢に生きるような人生がもっとあったっていいと思うぞ。

今はまだまだだが、先人たちが夢見た世界がきっと訪れる、
そう思って好きなロックをやって、
世界中の同志達と酒を飲もうではないか!!

«新しい記事
知ってましたか?フロアタム
前の記事»
全中国ドラムクリニックツアー2012年 貴州省「興義」