ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
JASRAC本ツアーに間に合わず!(>_<)
20度で寒がる南国の人々!(◎_◎;)
靖江(JingJiang)日本料理店開店イベント
寒さ恐れてアジア周遊番外編「クアラルンプール」
寒さ恐れてアジア周遊5「プノンペン」
寒さ恐れてアジア周遊4「パタヤ」
寒さ恐れてアジア周遊3「バンコク」
寒さ恐れてアジア周遊2「ホーチミン」
寒さ恐れてアジア周遊1「ダナン」
プノンペンで心のスキマ埋められる・・・
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2010年11月14日

全中国ドラムクリニックツアー2010年 陝西省「西安」

西安許魏を生んだロックの街である。
私は2006年に彼のコンサートで一度やって来ている。

その時に一番印象深かったのがイスラム寺院がある回民街。
ここは地元の人達にも絶賛のイスラムフードが食える街である。

西安空港で合流した沙泳江が
「空港から直でそこに行こう」
というので直行した。

夜来るのは初めてである。

Vision2010XiAnHuiMinJie.jpg

敬虔なイスラムの店が多く、店内にはこんな看板が・・・

Vision2010XiAnYanJinYinJiu.jpg

「とりあえず酒飲まずに何軒かハシゴして美味しいもん食べて、
それからどっかでビール飲もうや、な!!」

よっぽど食いたいものがあるらしい・・・

Vision2010XiAnChaoFanRouChuan.jpg

最初に入った店ではまずこれ!!
名物のチャーハンと羊肉串。

ビールなくて食うのってある種拷問なんですけど・・・

Vision2010XiAnSuanTangJiaoZi.jpg

そして「これだけは何があっても食わないかん!!」
という「酸湯餃子」

辛くて酸っぱいスープに餃子が山ほど積まれている。
イスラムなのでもちろん豚肉ではなく羊肉である。

皮を箸で破ってスープと一緒に食す。これ絶品!!

また彼がこれをお替わりしたりするもんだから完璧に満腹。
いや、実は1軒目で既に満腹だったのじゃが、
酸湯餃子があまりにも美味しくて更に食ってしまったので撃沈しているのじゃ。

2日目は朝から全然腹が減っておらず、
昼過ぎに鳴って名物の「羊肉泡馍」

これは前回の許魏の時にも説明したので今回はパス。
ただこの「馍」が腹の中で膨れて半日ずーっと満腹感が続くという、
恐ろしく腹持ちのいい食い物なのじゃ。

Vision2010XiAnSetting.jpg

会場に着いてばたばたとセッティング。
今回の会場は楽器屋の小ホール。
だいたい5時までピアノの発表会で使ってて6時から本番を始めようというのだから無理がある。

また客が入った!!

Vision2010XiAnAudience.jpg

「今日は600人ぐらい来るよ」と言ってたがそんなにいるか?・・・
どの道各地の反日デモの人数よりは多いだろう。

各地のパール倶楽部、すなわちドラム教室の主催なので
そこの生徒である子供達が中心なのだが、
西安ではロック少年が多かったように思える。

許魏の出世作「時光漫歩」は「日本人ドラマーファンキー末吉」の出世作でもあるのだ。

許魏の音楽を愛して育った全中国の若者が、
政府の陰謀に加担して反日デモに駆り出される。
君らが愛する中国ロックは、このひとりの日本人ドラマーと一緒に作られたんだぞ!!

今日はそんな気持ちをドラムに込めて叩いたぞよ!!

ファンキー末吉ひとりドラムツアーの軌跡(こちら

«新しい記事
ふて寝するしかないなあ・・・
前の記事»
あわや飛行機乗り遅れ・・・