ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
恩師との思い出
母の四十九日
ファンキーはんと大村はん東北ツアー
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2010年6月 1日

しばしの休息を終え、再び稽古開始!!

昨日は赤坂ブリッツに全ての機材を運び込み、
舞台をゼロから組むということで影バンドはお休みだった。

今日から毎日赤坂ブリッツに通う日々が始まる・・・

モードは「音楽監督」になるので、昨日はライブを見に行った。
しばしの休息を「ドラマー」のモードで過ごしたかったからだ。

矢堀孝一バンド。

YaboriKouichiBand.JPG

メンバーも
矢堀孝一(Guitar)
大高清美(Organ)
日野JINO賢二(Bass)
吉田太郎(Drums)
と一流どころである。

あまりの凄腕に張張が目を白黒していた。
「あんな難度の高い曲をほぼ初見で弾いているのか・・・」

デブよ、お前が前回来た時に小林エミさんの譜面を渡されて目を白黒させていたではないか!!
でも今はもうこれぐらいの譜面なら初見で弾ける!!
譜面なんてそんなもんじゃよ!!

大高清美さんのオルガンプレイに目を白黒させていた。
中国ではオルガンをちゃんと引けるプレイヤーがいない。
レスリースピーカーやちゃんとしたオルガンを見たことがないからだ。

オルガンとピアノは似て非なる楽器である。
例えて言うとドラムとコンガみたいなもんである。
中国ではよくドラムをレコーディングした後に
「じゃあコンガも叩いて下さいよ」
と言われるが、
「それ・・・全く違う楽器やし・・・俺・・・とてもじゃないけど叩けんし・・・」
と一生懸命説明する。

オルガンもそうである。
口では説明出来ないが、ぴやっと弾いてぴろぴろっとレスリーが回ってつるっとグリッサンドする楽器である。
(ようわからんが・・・)

つまり奏法が根本的に違うのである!!

最大の見せ場はドラムとのデュオ。
左手でベースラインを弾いて右手でソロをとる。

昔オルガンの人のトリオに呼ばれて行ったことがあるが、
オルガンとベースとドラムのトリオかと思ったら大違い!!
オルガントリオというのはドラムとオルガンとギターなのじゃ!!
ベースラインはオルガンの人が弾くしね・・・

「1曲叩いて行かない?」と言われたが、
酒を飲んでるので遠慮させて頂いた。
その代わりたっぷりとレベルの高い音楽を堪能させて頂きました。

今日からは「見る」側ではない、「演る」側である。
半月ほど赤坂ブリッツの「箱バンド」として頑張らせて頂こう!!

«新しい記事
困ったもんじゃのう・・・
前の記事»
ブルースカーニバル