ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2006年7月29日

北朝鮮美女軍団ロックバンド

北朝鮮から無事帰還!

いやー4日間メールを見れないと300本以上メールが溜まりますなぁ・・・
まあそのほとんどが迷惑メールですが・・・

北京空港に降り立ち、白タクの運ちゃんにまとわりつかれながら、
タクシーに乗って我が貧民街に降り立つと、ほんと平壌の街の清潔さを思い知る。
ゴミひとつ落ちてない街」と言うのはまさにこのことである。

ご存知の通り平壌では観光客が自由に行動することは禁止されているが、
そこはそこ、ThatはThat、ThisはThisである。(ようわからん・・・)
案内人兼監視役のガイドのみならず、その上司である国家機関にまでコネを持つ
(北朝鮮オタク略して)北タクに不可能はない。

主体思想塔前広場でドラムは叩くわ、

Drum.jpg

遊園地に行って地元の子供と一緒に遊ぶわ、

Yuenchi.jpg

しまいには現地の人のピクニックに乱入して一緒に大酒飲む始末・・・

Party.jpg


それにしても日朝関係がテポドンにより非常に緊迫している中、
おりしも偉大なる首領様が、アメリカ帝国主義を打ち破った記念すべき祝日に、
道行くこんな日本人を宴に招き入れ、
あろうことか一緒に日本の歌などを歌うなどして許されるのか!

出発前にアメリカのウェイン・デイヴィスから
Please be careful in North Korea.
The Government is crazy over there.
I don't think North Korean government like Rock 'n Roll.
Just play drums, don't drink beer or go to parties.
と言うメールをもらっていながら、ワシはそれを全部破ってしまったのである。

まあ並のアホならこのぐらいで満足して帰国するのであろうが、
残念ながらワシのアホは国際級である。
ことあろうかワシは更に人民に「ロックを教える」と言う暴挙に出るのである。


まずこの美女軍団を見て欲しい。

Bijo.jpg


偉大なる首領様がおりしも6月9日ロックの日に建てられた
と言う中学校の音楽クラブの美女達である。
(注:北朝鮮は小学校4年、中学校6年制である)

もともと「平壌に住むにはルックスのオーディションがあるのか!」
と言うぐらい見事に美人しかいない街じゃったが、
その中でも音楽を志す女の子にはルックスが不可欠である。
彼女達は毎日の授業を終えると、ここの練習場で歌や楽器を練習し、
そして外国人のお客さんにそれを披露する。

Show.jpg

いやはやこれが可愛いのなんの・・・

そして彼女達の笑顔で送り出されて、
満面の笑みで帰ってゆくのが通常の観光客なのじゃが、
ワシはここで「よし!お前らにロックを教えてやろう!」と言い出した。

Play.jpg

Teach.jpg

こんな暴挙を案内人兼監視役のガイドが許すのか?!!
学校側がこんなことを許すのか?!!

ところがこの国では誰も「ロックとは何ぞや?!」なんてこたぁ知らない。
噂にも聞いたことがないんだから通訳のしようもない。
学校の先生と来たら、
そんなありがたいものをタダで教えて下さるなら・・・
と言うことで、それから毎日ワシはこの学校で
この美女軍団予備軍相手にロックを教えることとなる。
RockSchool.jpg

まあとりあえず彼女達のレパートリーの中から1曲選んで
それをワシがアレンジして譜面にする。
後はそれを手取り足取り教えればいいのであるが、

TetoriAshitori.jpg

それがまさに「言うは易しやるが難き」である。
ベースは弦が3本しかないし、ギターも弦が3本しかない。
エフェクターなんぞあるよしもなく、
アンプに至ってはベースにギターに2台のキーボードまで突っ込んでいるので
スピーカーはブーブーと悲鳴を上げてる始末・・・

しかしワシは声高に言う。
ロックは楽器でやるもんじゃない!」

RockSchool2.jpg

もともとこの国の体制で育った素直ないい子達である。
先生であるワシのありがたい言葉を首領様の言葉と同じように胸に刻み、
かくして北朝鮮音楽史始まって以来、「ロック版、統一アリランの歌」が完成した。

Stage.jpg
お聞かせできないのがまことに残念である。

彼女達はこのアレンジで
また今日も外国人観光客を笑顔で楽しませていることじゃろう。
あーいいことをした!
ビールも旨いっつうもんである。

持って行ったツインペダルとスティックはもちろん彼女達に寄贈し、
ついでにギタリストには橘高モデルのピックをプレゼント。
紐で作ってあげたストラップじゃ肩が痛いじゃろうから、
次に行く時にはストラップと、その他いろいろ楽器を持って行ってやろう。

あれ?・・・ワシ・・・どっかでこんなことしてたなぁ・・・
そうじゃ、ワシが初めて中国来た時もこんなことしてた・・・


彼女達へのファンレター、激励のお手紙はこちらまで。
但し、次に行く時まで渡せません。

Dr.jpg

Bass.jpg
ふたりは一番年上で中学6年生(日本で言うと高校1年生)
バンドのリーダー的存在。
ほのかな色気が漂う。

Gt.jpg
彼女は何があってもいつもニコニコ一番おとなしい子だった。

KB2.jpg

キーボードはふたりいたのに忘れていて、
彼女は初日に自分にだけ譜面が渡されないと嘆き悲しみ、
決心して直訴に来てワシは初めて知った。

KB1.jpg

もうひとりのキーボードの子は
ミストーンとかするといつも「何でこんなことが弾けないんだろう」と悔しがり、
「ごめんなさい、叱らないで」と言う顔でワシを見る。

「先生は首領様じゃないから怒らないよ。ロックは楽しくやろっ!」

Posted by ファンキー末吉 at:15:15 | 固定リンク

2006年7月23日

北朝鮮のVISA

生まれて初めて見た!
これが北朝鮮のVISAである!!!
VISA1.jpg

なるほどVISAの申請にパスポートも要らず、パスポート番号と名前だけでよいわけである。
北朝鮮のVISAはパスポートにVISAのハンコを押すのではなく、別の小冊子(と言っても見開きの1ページだけのぺらぺらのもんじゃが)に専用のVISAを作ってくれるのである。
(日本での申請の時はどうなのかは知らんが)

聞いたところによると、パスポートに北朝鮮のハンコを押されると入国できない国(例えば韓国とか)があると言う話なので、別冊子にしてもらえるとそりゃ助かる。

さあ、そしてこの小冊子を開くとこうなる。
VISA2.jpg

ハングルなのでようわからんが、まあ北朝鮮版パスポートみたいなもんである。
記念に一生持っていたいが、出国の時に没収されると言うので写真に撮って保存しておこう・・・

また、記念と言えば飛行機である。
チケットにはAir Koryoと書かれてあるが、日本語で言うと高麗航空と言うことらしい。

高麗航空の飛行機は赤い星のマークと鶴を描いるらしく、
“金正日党書記委員長の暖かい懐を形状化した赤い色で囲む中に、喜びと幸福の象徴である翼を広げて飛んで行く鶴の姿(韓半島の象徴)が、青い色で描かれている”
と言うことらしいが・・・これも出来たら写真に撮っておきたいもんじゃ・・・

乗ったことのある人の話だと
“椅子は折畳式の形態であった”とか
“機内食は洋食と韓食を混合した形態であった”とか言われるが、
これも乗ったことがある人の方が少ないんじゃから是非記念に写真でも撮っておきたいもんじゃ。

「一応落ちたことはないですから心配しなくていいですよ」
とチケットを取ってくれた(北朝鮮オタク略して)北タクは言うが、
言われなかったら全然気にしないのに言われたら何故か少し怖くなる・・・

今まで乗ったことのある飛行機、
イラン航空、パキスタン航空は機内食がイスラム食で非常に旨かったが、宗教上の理由なのかビールがおいてないのが残念であった。
大韓航空は機内食にビビンバが出て来て非常に旨かった。
中国国際航空はしょっちゅう乗るが、さすがに中国4千年の歴史と言うほどの機内食が出たことはない。

ちなみにワシは今から次の映画音楽の打ち合わせで上海に行って来る。
ちなみにそれは中国国際航空である。
明日朝いちで戻って来て次の日に北朝鮮に発つ。

高麗航空の機内食・・・楽しみである。

Posted by ファンキー末吉 at:13:59 | 固定リンク

2006年7月20日

北朝鮮に行ってくる(?!!)

ワシが音楽を担当した映画、「瘋狂的石頭(Crazy Stone)」は空前の大ヒットとなった。
公開して2週間足らずで興行収入は1000万元(1億5千万円)を超え、
ヒットすると必ず海賊版が発売されるので、その前にとばかりDVDが発売され、
「見たよ」と言ってはいろんな友人から電話をもらい、
音楽の評価が非常に高いので、ネットでは常にそれが話題となるのだが、
別にサントラが出ると言う話もなく(ほんま、権利関係ってどうなっとるんでしょ・・・)
サントラ盤がないんだから仕方なく
DVDから切り取った音をネットに上げてダウンロードさせる輩まで現れる始末。

音楽が評判になるとよくある話で
見も知らない他の映画会社から突然電話がかかって来たりする。

「もしもし・・・映画音楽家のFunkyさんの電話でしょうか・・・」
・・・(それはちと違う!!!)・・・
「映画関係者の友人から紹介されて電話したんですけど、
この秋クランクインするうちの映画の音楽を是非お願いしたいんですが・・・」

8月にはよさこい祭りで高知に帰るし、その後は子供達連れて戻って来るので、
9月ぐらいから製作開始だったらちょうどいいなあ・・・
一応やることにして音楽製作費を聞いておく。

○○元・・・

「お前ら!俺の値段まで映画関係者から聞きやがったか!!!」
と思わざるを得ないほどまた安い値段じゃが、まあ楽しそうだからいいか・・・


そんなこんなしているうちに
北京に住む北朝鮮オタク(略して北タク)の友人から電話が来た。

「ファンキーさん、この前言ってた北朝鮮のビザ取れましたよ、25日に出発します」

酒の勢いで、一緒に北朝鮮に行こうと盛り上がってたのじゃが忙しくて忘れていた・・・
こちらでは北朝鮮渡航のビザは比較的簡単に取れるそうなのである。
後ろめたい渡航はイヤなので、北朝鮮政府に
「ドラムによる音楽交流」
とかわけのわからない正式な申請をしてたら今になって認められたらしい。

話に聞くと日本(と言うか世界中)はテポドン発射で大騒ぎである。
よりによってこんな時期になんで北朝鮮側は
ワシのような人間をなんで正式に招聘するのかまことに不思議である。

北タクは何度も北朝鮮に行っているので顔パスで、
監視の目的も兼ねた案内人も既に仲の良い好朋友なので、
どこかの音楽学校でドラム合戦をするとか、
そこの歌舞団とアリランをロックアレンジで一緒に演奏するのも自由自在らしい。

それはそれで楽しいかも知れんが、問題はこの「時期」である。
嫁は「行かないで」と言ってワシの足にすがりつき、
母は「行くなら親子の縁は切るぞ」と言って泣き喚き、
子供達は「おみやげは金正日のバッジが欲しい」とだだをこね、
中国の友人達は「とりあえず先に墓を立てとくからな」と涙ぐみ・・・(全部ウソ!)

北タクの話によると、携帯電話はとりあえず入国の時に没収されるし、
インターネットは大使館街の決められた場所じゃないと出来ないらしいし、
それでもホテルは国際電話も通じるし、
正規な渡航なのでカメラもビデオも自由だと言うので、
まあ29日の帰国まではメールの返信も出来ないかも知れませんが、
せっかくなんでこの時期の北朝鮮の子供達と交流旅行して来ますわ。

まああのお国柄なんでまた土壇場で渡航禁止と言うこともありうるけどね。
まあ問題は25日までに全ての仕事を終わらせることである。
何かあったら25日までにメールちょうだいね。

ほな。

Posted by ファンキー末吉 at:00:22 | 固定リンク

2006年7月17日

ドラムクリニック

ちょっとしたリハーサルならうちの院子で出来るのだが、大きなコンサートのゲネプロ等だとそうはいかない。
ひと昔前の北京だとリハーサルスタジオなんぞ皆無に等しかったが、最近はいくつかプロユースのスタジオが出来て非常に便利になった。

そんな中のひとつ、FiERCEは、社長が元ドラマーだと言うことでドラム機材が充実しているので結構好きである。
ある日、リハーサルの合間にドラムお宅の社長とダベっているうちにこんなアイデアが飛び出した。

「ファンキーさん、ヒマな時あったらここでドラムクリニックやって下さいよ」

もちろんふたつ返事で引き受けた。
条件など別に無い。
北京のドラマー、ひいては北京ロックのために何かが出来ればそれでよい。

若いドラマーのMuWeiがポスターを作ってくれた。

DrumClinicPoster.jpg

見ると、なんと入場料はタダ!!!
つまりワシへのギャラもタダだと言うことである。

ま、いいのよ・・・中国の音楽シーンのために何か出来ればそれで・・・(涙)・・・

さてその日が近づいて来たある日、パール楽器の中国での代理店にいたSさんから電話が来た。
「次の週、1週間で毎日いろんなドラマー呼んでクリニックをしてもらおうと考えてるんだけど来てもらえないかなぁ・・・」

ワシは確かにここのドラムスクールが開校する時に、
「パール楽器のためになるんだったら何でもやるよ」
とは言った。
しかしその学校のパンフレットに「講師」として名前を載せてよいとは言った覚えは無い!

まあしかし彼はまだいい方である。
去年趙明義から電話があり、大々的にオープンする音楽学校の教師として名前を貸してくれと言うので、
「名義貸しだったら、まあ年に5万元ぐらいでどうだい?」
と言った途端に烈火のごとく怒り出した。

黒豹葉世榮もタダでやってんのにお前だけ金くれとは何事だ!!!」

あまりの剣幕に恐れをなしたワシは、「いいよ、いいよ・・・じゃあ・・・」と渋々承諾した。
そして当然ながらその開校式には呼ばれる。
校門を入ったところにはでかでかとワシの写真・・・

・・・これってサギじゃないですか・・・

ま、いい・・・これもなんじゃらかんじゃらで中国の商売なのであろう・・・
しかしSさんのドラムスクールは勝手にワシの名前を使っているわけなので、
いくら何でもその上タダでクリニックをするのもナンじゃろ・・・

「私はひとりではなくミュージシャンを連れて行ってデモ演奏を聞かせたいんだけど、少しでいいからギャラなんてのは出ますか?・・・」

だいたい、ものを頼んでいる人間が全然ギャラの話なんか出さず、
頼まれた方が悪そうにその代償を尋ねるなんてのがワシはどうも腑に落ちん・・・

まあそれでもメンバーに交通費ぐらいのギャラは出ると言うので出かけて行った。
そのために自宅スタジオで中国最高度の演奏が出来るまでリハーサルをつんで・・・

DrumClinic1.jpg

着いて見たら生徒はガキばかりである!!!

Sさん曰く、「びっくりしたかい?子供の生徒と言うのが一番商業的には一番いいもんで・・・」
確かに子供の教育のためになら親はいくらでも金を使うからのう・・・
・・・まあ勝手に生徒が中国ロックを背負う若いドラマーばかりだと思ってたワシが悪い・・・

かと言って今さら用意した1時間半のプログラムを変更するわけにはいかん。
ドラムのチューニングから始まってスティックの効率的な振り方まではよかったが、
さすがにポリリズムの話まで行くと生徒は半分寝ていた。

そしてせっかくミュージシャンに楽器まで持って来てもらったのだから用意した高度なデモ演奏・・・
・・・感動して食い入るように見ているのはこのスクールの先生達だけである・・・

・・・そして記念撮影とサイン会・・・

SignToChildren.jpg

お前ら俺が誰だかわかっとんのかい!!!

かくして教える側と教わる側のギャップの多いドラムスクールは無事(?)終了し、
今度はもともと予定していたちゃんとした(?)ドラムスクールである。

ミュージシャンはこの日はまた別のメンバーを呼んだので、ちょっと早めに入ってリハーサル。
そしてちょっと早めに来た生徒達も早く開場に入れて、リハを見たい奴にはとことん見せる。
コンサートではなく、クリニックなのである。
ミュージシャンに指示をするワシ、譜面を整理するワシ・・・それを見ることこそ全部彼らにはためになるクリニックであろう。

しかし毎回定期的にやる「授業」と、1回限りの「クリニック」とは根本が違う。
どうしても内容はテクニック的なものに偏らざるを得ない。
中国のドラマーは「急ぎすぎる」と言うか、上っ面だけを勉強して「もう叩ける」と思ってしまう輩が多いので、
途中の喋りでそれを常に修正しながら何とか最後まで演目を演じ切った。

DrumClinic2.jpg

汗だくである。
喋りが多いぶん、ライブよりも疲れる・・・

しかしこの一夜はきっと将来の中国のミュージックシーンにとっても有意義な一夜となったに違いない。
そう強く感じて締めの言葉を述べてお辞儀をした後に、
司会もつとめたこのスタジオのオーナーから一言。

「では最後にここにいるみなさんを代表してファンキーに一言聞きたいことがある。
来月もまたもう一度ここでクリニックやってくれるかな?」

「いいとも!!」

と言ってしまった自分に後悔・・・
せめて交通費ぐらいは欲しい・・・いやほんま・・・


Posted by ファンキー末吉 at:12:17 | 固定リンク

2006年7月 4日

サラダバーの達人

嫁と一緒にピザハットに行った。
噂どおりピザハットはかなり高い。
13寸(インチのことか?)で98元、9寸でも58元、サラダバーが28元・・・

なぬ?!サラダバーがあるのか?
28元っつうたら村のレストランで生ビール大ジョッキが14杯飲めるが、
ここ中国ではあまり生野菜を食べないので是非奮発してオーダーしてみたいものじゃ。

貧乏人ならまず考えるが、
「ひとつ頼んで二人で食べよう」
しかし店側とてその辺は考慮している。
サラダ取り放題にして、それを一緒に来た全ての客にシェアーして食われてしまったのでは上がったりである。

メニューを見て中国語を解読するに、
ここのサラダバーはお皿に1回取りっきりで28元なのである。

「じゃあ多めに取って来てふたりで食べよう」
と言うことになりサラダバーに立った時にその達人と遭遇した。

「あら、あんた、それじゃぁダメよ。サラダバーはこう取るのよ」

見も知らぬおねーちゃんがワシに指南する。
まず質量の高い、密度の濃い揚げパンとか野菜を皿に盛り、
皿のふちに胡瓜とパイナップルを積み重ねて城壁を作り、
そしてその中に入るだけの野菜を詰め込みドレッシングをかける。

更にまた皿のふちに胡瓜とパイナップルを積み重ねて城壁を高くし、
そしてその中にまた入るだけの野菜を詰め込みドレッシングをかける。

更にまたまた皿のふちに胡瓜とパイナップルを積み重ねて城壁を高くし、
そしてその中にまた入るだけの野菜を詰め込みドレッシングをかける。

更にまたまたまた皿のふちに胡瓜とパイナップルをまた積み重ねて城壁を高くし・・・

あまりに感激したので写真を撮らせてもらった。

SaladaBar.jpg

これから30分後、達人はこの倍以上に高くなったサラダバータワーを持って席に帰り、
見ればひとりで平らげていた。

天高く馬肥える秋の空のように清々しい匠の技であった。

ファンキー末吉

Posted by ファンキー末吉 at:07:26 | 固定リンク

2006年7月 1日

BEYOND追悼ライブ

中華圏のロックに偉大な業績を残したボーカリスト黄家駒の命日を偲び、
そして解散した(個人的にはまた復活すると思っているが)彼のバンドBEYONDの楽曲を北京のアンダーグランドバンドがカバーしようと言うイベント。

BeyondLive.jpg

何がどうあれ、なんぼ言うてもバンドが多すぎる!!!

日本のライブハウスでは、出演が決まった時点で出演バンド同士が話し合い、
ライブ当日には既に出演順が決まっているのが普通だが、
団体競技の苦手な中国人ではそうはいかない。

ここではライブ当日の開演直前に出演バンド全員が集まってくじ引きをするのである。

恐ろしい話である。
チラシに乗っているバンドだけで15バンド。
当日更に増えて16バンドが30分づつ演奏しても8時間。
夜の8時半に開演と言うから、順調に行って最後のバンドは夜中の3時から始まると言うことになる。

順調になんか行かん、行かん・・・


かくして今回このイベントに参加することになったいきさつはと言うと、王暁旭と言うひとりの友人からの電話である。

「ファンキー、6月30日空いてるか?BEYOND追悼ライブがあるんだけど、
破砕声音っつうバンドでドラム叩いてくんないか?
ドラマーがその日結婚式なんでどうしても参加出来ないんだ」

つい最近も布衣楽隊でドラムを叩いて来たばかりである。
布衣楽隊のボーカル、老呉(LaoWu)は、わがロック村の村長とも言うべきもんだから、
「ファンキー、ドラマーが今日は家庭サービスでどうしてもライブに参加出来ないんだ。
ちょっと助けてくんないかなぁ・・・」
と言われればそりゃふたつ返事でかけつけてゆくのじゃが、
知らないバンドとなるとどうかのう・・・

悩んでるヒマもなく王暁旭がバンドのメンバーを連れて来てリハーサル。
リハが終わってメンバーが悪そうに一言・・・
「今回のライブはギャラは出ないんだけどいいかな・・・」
間髪入れずに王暁旭、

「いいんだ。コイツはドラム叩いてたらそれで幸せなんだから」

お前が言うな!お前が!・・・

と言うわけで昨日がそのライブ。
会場に着いたら人がわんさか溢れていて、過去布衣楽隊とかで来た時とは全然違う。
BEYONDの人気はそれほど凄いと言うことであろう。

若い娘も多い。
ロックねーちゃんみたいのもいれば、素朴な娘もいる。
見れば派手なバンドには派手なねーちゃんがついてるし、
素朴なバンドには素朴なねーちゃんがついているようである。

ワシはと言えば今日は嫁が「夜遅いのはヤダ」と言って家で寝ているので、視線は最初っから最後までおねーちゃんである。

しかしワシに声をかけてくるのは全てバンドのむさ苦しいお兄ちゃんばかり。
「ファンキー、今日はどのバンドで叩くんだ?お前の見てから帰るわ」
ってな感じで、自分の出番終わったらとっとと帰るはずのバンドのメンバーは居残るわ、
外で自分の出番を待ってる連中も入ってくるわで、
結局ワシの出演時には客席は一気にむさ苦しくなる。

ドラムソロ・・・キャーと言う黄色い歓声が聞こえることもなく・・・
「ウォー!ファンキー!ニュービー(Fuckin' Greatの意、よい子は決してマネしてはいけない中国語)」
お前ら、声がオクターブ低いんやっつうねん!

ライブ終了・・・眼がうるうるしたギャルの視線を感じることもなく・・・
「ファンキー!サインしてくれー!!」
集まって来るのはむさ苦しいお兄ちゃんばかり。
「ファンキー!電話番号教えてくれー!」
かくしてワシの携帯にはむさ苦しいお兄ちゃんの電話番号ばかり増えてゆく。

すぐその場で消去!

かくはともあれビールである。
一緒に飲んでくれる美女がいるわけでもなく、
奢ってくれるお兄ちゃんがいるわけでもなく、
ノーギャラでドラム叩いて、自腹でビールを買いに行く。

「生ビールちょーだい!20元だったよねぇ」
うちの村のビールは大ジョッキで2元なのに街に出ただけで値段が10倍に跳ね上がる。

「あら何言ってんの。生は25元よ」
ビールを注ぎながらカウンターのおばちゃんがそう言う。
ちょっと悲しそうな顔でポケットの小銭を探すワシを見ておばちゃんが一言。

「ああ、あんたはいいわよ。あんただけ特別に今日は20元」

むさ苦しいお兄ちゃん以外にやっと現れたワシの女性ファン!!
おばちゃんの入れてくれた生ビール(心なしか少し大盛り)はひたすら旨かった。

ファンキー末吉

Posted by ファンキー末吉 at:14:30 | 固定リンク