ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
恩師との思い出
母の四十九日
ファンキーはんと大村はん東北ツアー
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

2001年9月18日

サルサの本場、キューバでも・・・

さて先日コンガで出演したテレビ番組の反響がすこぶるよかったらしい。
おかげでコンガの仕事が増えて手が痛い!

今日いきなりS氏から電話が来た。
「ファンキーさん20日はまだこっちにいる?ちょっと出張だよ。
常州まで行ってくれる?」
常州って一体どこなんや!っつう話だが、
何か次は地方出しで同じことをやってくれと言うことらしい。
中央電視台も太っ腹である。

あんまし評判になると日本人であることがバレて大変なので困るんですけど・・・


この曲はウィグル族の民謡を完全にサルサのリズムにアレンジされていて、
陳琳(ChenLin)のアルバム収録曲ではなく純粋にテレビのためだと言うので、
まあ予算ももったいないので全部自分ひとりで録音した。
まあ早い話、ひとりオルケスタ・デ・ラ・ルスみたいなもんである。
パーカッションをかぶせながら、
伊達弦やら寺内やら、みんなの顔を思い出してた。
手が痛い!

中国人がこの本格的なサルサに対してどうリズムをとるのか興味津々だったが、
先日の会場での大盛り上がりの観客は、
2-3のサルサのリズムなど無視して、みんな頭打ちの手拍子だった。
ちょっと揉み手も入ってたりして・・・

ま、いいのよ。楽しんでもらえばそれで・・・


デラルスもラテン諸国ではいろんな笑い話があったようで、
いつも飲み会ではそんな話で大盛り上がりするのだが、
日本の女の子ラテンサルサバンド、CHICA BOOMもそうだったらしい。

コンガ奏者のMIKIからMailが来た。


>  お久しぶり!MIKIでーす!
> メルマガ毎回楽しみにしてます。

> No47を読んで、
> CHICA BOOMがキューバのTVに出た時と同じだ!と思って笑えました。
> 私達も日本の料理を紹介してくれと言われて
> 「それじゃ鳥の照り焼き丼でも作りますか」
> と話しがまとまり、局の人につれられて数人が買い出しへ行ったのね。
> 外国人用のスーパーでは品数も豊富でほとんどのものは手に入るんだけど、
> 出演者の分も含め量がいるだろうと思い、
> たくさん買い込んでレジに並ぶと、スタッフが払う気配無し。
> もしや自前?と聞いてみると「そうだ」と涼しい顔。
> こっちも旅の途中だって言うのに、自前なんてとんでもない!
> 焦って食品をもとに戻して最小限の量を買いました。

> 出演当日は控え室があるでもなく、台本を配られるでもなく、
> 7時に始まるらしいということしか分からず、取り合えずリハーサルを終える。
> ゴールデン・タイムにほとんどのキューバ人が見ている
> ということは事前に聞いてたんだけど、
>最初に一曲演奏してリーダーとボンゴ
> (当時のキューバ大使館員で何故かうちのバンドに入ってた)
> の子が通訳となって5,6分のインタビューが終わると、
> メンバーはどこにいていいのかも分からず、
> 取り合えずスタジオの一画にある流し台周辺に立ちんぼ。
> この間誰からも説明は受けず。

> 「一時間半の番組でしょ?そろそろ作んなきゃまずいんじゃない?」
> という憶測のもとで勝手に料理開始。
> 私は米とぎを担当したんだけど、
> 米袋にいろいろ何やらわからんものが混ざっているので、
> まずそれを取り除き(こんなことやるのもはじめててビックリしたけど)
>スタジオのどこからか細長いホースが流し台に引き込まれていて
> その水圧の異常に低いチョロ・チョロ水でなんとか洗いました。
> 炊飯器はあったかなあー?。
> たぶん無かった。
> 「はじめチョロチョロ」とか言いながらPANで焚いたと思う。

> 「これ、終わらなかったらどうするつもりかねー」
>とこっちが気を揉みながら、
> とにかく各自キョロキョロとスタジオの進行状況を伺いつつ、
> 料理はなんとか完了。
> 「Finito!」作れたよ、と報告するや否や、
> カメラがテーブルに並んだ数個のドンブリを映し出す。

> と同時に司会者が「まーなんておいしそう!」とか言っているうちに
> 出演者がテーブルにドッと押し寄せ、
> カメラの前に立ちはだかるのも構わず、試食し始めた。
> 我々はもはや画面の外。
> すぐ横に置いてあるモニターを見つめるしかなく、一同唖然。
> 「食糧難だもん仕方ないやね。」
> とは思いながらも、こっちも滞在3週間目に突入していて、
> 毎日同じホテルの、お世辞にもおいしいと言えない食事しか
> 食べていなかったので、
> 日本食、特に米と醤油味に飢えてるわけ。

> 全く苦労して作ったのに(しかも自費で)、
> なんとかひと口でもふた口でも食べてやろうと、
> キューバ人で塞がれたテーブルから一つのドンブリを奪い取り、
> みんなで回して食べました。

> お互いの胃袋事情がからんで、ものすごい状況。
> TVの生番組、それもキューバ中が見ているってーのに・・・。
> ほんとに笑えた。ゲラゲラ笑いながら食べた。
> もう10年も前のことだけど、面白かったわー。

> なんか我々のシステムと全く違う社会で、
> 本当に目からウロコの事件ばかり毎日起きていた。
> おかげで脳みそトロけたわ、社会復帰できなくなったもん。
> ひと月もいると「帰りたい!」と思うんだけど、また行きたくなる。
> キューバという国も中毒性のある国でした。

> BY MIKI


はい、中国もなかなか中毒性のある国です。
何かこれらの事柄に腹が立ってしまえばおしまいだけど、
それを笑い飛ばせる人がその国を好きになれるんだよね。


もう私は別に突然「今日どこそこ行ってね」とか言われても驚きません!

今日は午後からレコーディングだからと言うので朝からスタジオ来てたら、
昼間は別のレコーディングが入ってて、
結局夕方まで待たねばならないのも腹が立ちません!

仕事が相次いで非常に大量のギャラを稼いだはずなのに、
いつの間にか自分のパソコンとかレコーディング機器をここに買い揃えていて、
「いやーファンキーさん、
自分のスタジオが北京に出来たねえ、よかったねえ・・・」
とおだてられながら実は
結局そのギャラから天引きされることになってても腹が立ちません!

それが実は事務所の端っこに置かれたデスクと、
その裏のホコリだらけの配電室であっても気にしません!

ここで毎日詰めながら、
実はこの会社のいろんなことをタダでやらされるハメになっても気にしません!


メシ食わせてくれるからねえ・・・
ビールは大瓶でも30円ぐらいやし・・・
これには勝てませんわ!


ファンキー末吉

«新しい記事
日本に帰って来るも、食って飲むのはやはりDeepなアジア街
前の記事»
1億2千万人が見ているテレビ番組に生出演した