ひとりドラムの軌跡

ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump

1999年10月15日

銀座のど真ん中で街頭募金

XYZレコーズとやらを立ち上げて、
金策から契約、出版管理から販促、販推まで一手にさばいているうちに、
「ファンクラブを立ち上げよう」
と言うことになった。
入会案内から名簿作成、入金確認までやってたら当然のごとく・・・
パンクした・・

今や私のパソコンは未処理のMailが山積みである。
プレス工場の見積もり、入金確認の済んでないファン名簿の山、
有料広告のデザイン〆切から受注促進の原稿・・・
いつまでたっても書き上がらない週刊ASCIIの原稿、
いつまでも返事が出せないメル友からのE-mail・・・

そんな山積みの仕事を横目で見ながら、
人はどうしてまたメルマガを書いてしまうのでしょう・・・

うーむ・・・
好きなんやろな、やっぱり・・・
我ながらアホである。

さて今日のお題。

銀座のド真ん中で街頭募金
----------------------------------------------------------------------

昨日は新宿厚生年金で台湾チャリティーコンサートをやった。
五星旗(Five Star Flag)で出演したのだが、
どうしてXYZで出演しなかったかと言うと、
新宿厚生年金会館はいつの間にやら「ロック禁止」になっとったのね・・・

そう言えばはるか昔、
爆風スランプがコンサートをやった時、
MCで館長をネタにしたのが逆鱗にふれ、
終了後に中野とふたりであやまりに行ったことがあったが、
それも厚年ロック禁止の原因の一端ではあるまいか・・・

ともあれ、一応音量はロック並だが肩書きはJazzである五星旗で出演したのだが、
内部事情にどうも納得出来ない部分があり、
日本にいる中国人の知り合いのうち一番の大物(って言い方は失礼だが)の
ジュディー・オングさんにいろいろと相談の電話をしていた時の話である。

「そう言えばジュディーさんも
何やら台湾チャリティーみたいのやるって言う噂じゃないですか」
「やるわよ、明日。銀座のソニービルの前で。
お昼の12時からなんだけど、来る?」
「はあ、まあジュディーさんがやると言うなら僕が行かないわけには・・・」
「あら、よかったわ。そしたら11時半に7Fの会議室に集合だからいらっしゃい」
「はーい」
自分の業務もろくにこなせてないと言うのに人のために募金をしてる場合か!

しかし俺は先日のトルコ大地震の時には何も動かなかった。
・・・と言うより基本的にテレビをあまり見ない俺は、
トルコで大地震があったことすら知らなかった。
友達もいないし、はるか遠くのことだと思ってた。
でも台湾には友達もいるし、縁もありまくりである。
一般的日本人にとってはこの台湾大地震ってのは
あのトルコ大地震の時の俺と同じような感覚なのではあるまいか。
まあせっかく縁があるんだから、
ひとりでも多くに縁をばら撒くこともこの俺の出来ることのひとつではあるまいか。

実のところ昼の12時には人と会う約束をしてたのだが、
その時間を早めてもらい、打ち合わせを早く切り上げ、
約束通り11時半にはソニービルに着いた。

「あのう・・・ジュディーさんは・・・」
「はい、ジュディーさんはまだお越しになってないんですけど、
どうぞ中に入ってお待ち下さい」

中に通されてみてびっくり!
どっかで見たような人ばかりの顔ぶれが一斉にこっちを向く・・・

「あのう・・・ファンキー末吉と申しますが・・・」
「は?」
「はあ、爆風スランプのファンキー末吉と申すものですが・・・」
「ああ、爆風スランプの方・・・」
一番よく見る顔の人がにこにこと笑いながら俺を呼び寄せる。
こう言う場ではやはり爆風スランプのネームは役に立つ。
「爆風スランプの誰さんでしたっけ?」
「ファンキー末吉です」
ファンキー末吉と紙に書いてゆく。
その紙の一番上にはこう書かれていた。
「台湾中部大地震 緊急救援街頭募金 主催:歌で結ぶ絆の会」
そしてゲストの欄にはこんな名前が・・・
橋幸夫、にしきのあきら、黛ジュン、今陽子、山本リンダ、ジュディー・オング・・・・・
そして一番下にはその頭である橋幸夫さんの手によってかかれた俺の名前・・・
そして次々と現れる「よく見る顔」の人々・・・
「ここはどこじゃい!テレビ局かい!」
ってな感じである。
習性のように一番隅っこに退避し、
ズボンをはき忘れて会社の入社式に参列した時のような気持ちで
(わかるかな・・・こんな感覚・・・)
しばし呆然とたたずんでいるとジュディーさんが西田ひかるちゃんと共に現れた。
よく見る顔の人々としばしの歓談を交わした後、
俺の存在に気づいてやっと声をかけてくれた。
「あーら、ファンキーさんいらっしゃい。
みなさんに紹介するわ」
「は、はあ。もう自分で自己紹介はしましたが・・・」
「あらそう、それはよかったわ。
みなさん、こちらは爆風スランプのファンキーさん。
昨日突然参加して下さることになったんですのよ」
俺はもうジュディーさんのとなりにいるしか居場所はない。
「ジュディーさん、街角で募金するって言うから、
僕はてっきりゲリラでやるんだと思ってこんな格好で・・・」
「あらみなさんだって普段着だわよ。気にすることないのよ。
ファンキーさんはいつものファンキーさんでいいの」
そのいつもの格好がスター達とは根本的に違うんやけどなあ・・・
マネージャ軍団と絆の会のスタッフが早々と俺用のプラカードを作ってくれる。
「すみませんが手書きになっちゃうけどこれでいいですか」
「ファンキー末吉(バクスラ)」とかかれたそのプラカード、
それはいいんだけど一体どう使われるの・・・
「本人達がそれ持つわけにはいかないから、
各マネージャーさん達、後ろでそれぞれ持ったげてね」
「スターにしきの」がそうおっしゃるが、
俺にいたってはたったひとりでふらっと来てるので
マネージャーなどいるはずもない。
こりゃ俺だけ自分でプラカードを持つハメになるんじゃあるまいか・・・
「ちょっとトイレに・・・」
ほんとは逃げて帰りたかったが、それではジュディーさんの顔をつぶしてしまう。
トイレで事務所に電話する。
「誰か動ける奴おらんか。
すぐに一人よこしてくれ! 今すぐ誰か来させてくれー!」
叫びが悲痛である。

部屋に戻ると、発起人の橋幸夫さんが趣旨説明をしていた。
テーブルの上には昼食のカレーが並ぶ。
「あ、みなさん。
今回はチャリティーと言うことで、すみませんがこれは自腹でお願いします。
1000円です」
う・・・
俺の財布には536円しか入ってない・・・
まさかこの場で「お金がありません」と言う勇気はないし、
ほんと、消えてなくなりたい気分である。
「お腹がいっぱいで・・・」
と言って後からいらっしゃった清水アキラさんに何とか食べてもらう。
前の打ち合わせで軽く食べたのでよかったが、
実のところ腹が減ってたりしたらあまりに情けなさ過ぎる・・・


「時間です」
とスタッフに言われ、1Fに降りて行くと、
そこにはすでに取材陣の山、人だかりである。
みんなそれぞれマイクを持ってテレビカメラの前で道行く人に募金を募る。
「みなさーん! 山本リンダですぅ。
台湾の大地震の被災者のために募金をお願いしまーすぅ。
こちらには橋幸夫さんもいますよ。
にしきのあきらさんもジュディー・オングさんもいますよ。
そして、黛ジュンさん、今陽子さん、清水アキラさん、西田ひかるちゃん、
そして・・・えーっと・・・」
俺の番になると誰が喋ってても必ず名前が出て来ない。
そりゃそうだ、初対面もいいとこなのだ。
そして誰がどう見ても一番無名である。

取材陣のカメラなど一台もこっち向いてない。
「みなさん! 絆の会の橋幸夫です。
今日は歌手仲間が集まってみなさまに募金のお願いに来ました」
そして俺だけ歌手ではない。
誰がどう見ても場違いである。
となりの西田ひかるちゃんに隠れるように募金箱を持って凍っていると、
並んでいた人達が我々のいる所に順番に入って来て募金を入れてゆく。

しかし!
考えて見たまえ!
世の一般の人が同じ金を入れるとしたら、
「スターにしきの」と「いちドラマー」の募金箱、どっちに入れる?
「西田ひかる」と「40のオッサン」の募金箱、どっちに入れる?
当然ながら俺以外の人のところに募金は殺到し、
我さきに握手を求めて去ってゆく。
中には小銭を少しづつみんなの募金箱に入れてゆく人もいて、
やっと俺の箱にも小銭が入ると、冗談でなくとても嬉しかったりした。

そんな中、俺の箱にもついにお札が!・・・
あるおばはんがなんと、全員の募金箱に1000円ずつ入れていったのだ。
凄い!
おばはんは凄い!
そしてそれをさせるスター達は凄い!

よく見てると、なんとそのおばはんはさっきからもう何周もしているではないか!
最後には札ではなく小銭になったが、
それでももうかなり多額の募金をしたことだろう・・・
凄いもんじゃ・・・


結局俺のところは小銭しか集まらなかったが、
全体的にはかなりたくさんの募金が集まった。
そしてしまいには結構楽しんでしまったりした俺がいた。

絆の会のみなさんはそれはそれはフレンドリーで、
この場違いな田舎モンを優しく、ほんとに暖かく迎えてくれた。
何にもお役にたてなくてごめんなさい。
今度音楽でお役に立てることがあったらまた呼んで下さい。

募金してくれた人たち、ほんとにありがとう。
気を使ってくれたスタッフのみなさん、ほんとにありがとう。
そして最後に・・・
カレー代1000円払ってくれた人、どうもありがとう。
(結局払うに払えんかった自分が情けない)


この模様、明日のワイドショーに流れるんだろうか・・・
いっそのこと全然写ってなかったらまだいいが、
ちょっとだけ写ってたらやっぱり恥ずかしい。

ドラマーはやっぱスティック持ってなんぼやなあ・・・

ファンキー末吉

Posted by ファンキー末吉 at:04:40 | 固定リンク

1999年10月 6日

読者からの指摘により第5号の訂正文

第5号にて、
台湾中部大地震の義援金を赤十字社に送っても、
まだ今は直接台湾に届かない
と言う情報を流しましたが、
そんなことはないそうです。
至急にここに訂正しておきます。

以下の情報は読者のひとりである平野耕一さんから送られました。

----------------------------------------------------------------------
赤十字社に渡ったお金はそのまま使われるのではなく、
赤十字社が行う救援活動の資金として使われます。
従って、「中国の紅十字会にお金を渡す」ということはあり得ません。

ただ、中国の紅十字会とも連絡をとっていることは事実です。
それは「1国1社」の原則を守る以上、台湾の「紅十字会」は
北京の「紅十字会」の支社として存在するからであります。
そういう意味では確かに不安はないわけではありません。

この件に関して、詳細は赤十字社がwebに書かれているので
それに譲り転載はいたしません。お手数ですが、各自でご確認ください。

日本赤十字社(トップ):
http://www.sphere.ad.jp/redcross/

該当記事のあるページ:
http://www.sphere.ad.jp/redcross/in/index.htm

さらにその詳細:
http://www.sphere.ad.jp/redcross/in/99/9900.htm
-------------------------------------------------------------------------
台湾紅十字のwebはこの記事を書くに当たってサーチしました。

http://www.redcross.org.tw/
こちらの方は私自身は詳細を確認しておりませんが、
taiwa-jpというメーリングリストでは「台湾紅十字のほうでも
同じ旨のアナウンスがあった」との報告を受けた記憶が有ります。

-------------------------------------------------------------------------

平野さん、ありがとう御座いました。

購読者数が1500を超えた今、
このメルマガももうすでにひとつのメディアになっとる。
情報を発信する時には注意が必要じゃなあ・・・

みの吉っつあんも猫と遊んどる場合とちゃうでぇ・・・

ファンキー末吉

Posted by ファンキー末吉 at:15:50 | 固定リンク

1999年10月 5日

第5号に添付しわすれた「みの吉和尚の独り言」

う・・・
第5号に「みの吉のひとり言」を添付するの忘れた・・・
でもそれだけ送りつけたら、これってもの凄くアホウかも知れん。

すんまへん・・・

-------------------------------------------
みの吉和尚とは・・・・

日本人、いやアジア人が初めてアメリカで大成功を収めたハードロックバンド
「ラウドネス」
のボーカルとして、
当時は
「アメリカのハイスクールで今一番流行っていることは何?」
と言う質問に
「ラウドネスの変な英語をマネて歌うこと」
とまで言わしめた、
二井原実のペンネーム。

「アメリカ人は日本製の車に乗り、
日本製のカーステレオで、
日本のハードロックバンドの音楽を聞く」
と大パッシングを受けたその張本人は実はただのアホやった。

「お前英語で喋っててもこんなにアホなんか」
と言う質問に
「自慢やないけどなあ、
バンヘイレンも、モトリークルーも、AC/DCも、
みーんな俺のことアホやと思てるで」
と答えた男。

こんな日本の恥を世界に送り出したのは誰じゃ!

文責:ファンキー末吉

-------------------------------------------
みの吉和尚のひとり言
-------------------------------------------

居候のネコと共同生活すること早二ヶ月がたった。
ネコ恐怖のわしもなんとか撫でてやることも出来るようになった。
オスとメスがいるのですが、メスの方は全くわしを寄せつけず困ったもんでした。
何故困ったもんでしたかと申しますと、
ここ二日ばかりすっかり「さかり」のついたネコちゃんになってしまったわけ。
くっ、くっくっ・・・凄いね〜〜〜『さかりのついたメスネコ』って。
ひゃ〜〜〜〜〜エッチ〜〜〜〜〜〜〜〜!でごわす!

あのね〜〜〜〜ありゃハッキリ言ってネコちゃいます。
あれは、立派な『女』です。
正真正銘「猫なで声」で近寄って来てからだを悩まし気にスリ寄せて来ます。
はじめに頭をわしの体に擦り付けて首、胴体、しっぽと
全身を愛撫するがごとくわしに擦り付けて来ます。
ひとしきり前戯が終わってから、なんと!
しっぽを少しななめ下にして「お0んこ」をわしに押し付けてくるように近ずいて来ます。
そして超強力な『バック』のポーズで受け入れ体制万端で
「早く〜〜〜〜〜〜んにゃ〜〜〜〜!来て〜〜〜!」
という表情で待ってます。
ど〜〜〜したらええんでっか?
そんな、超強力な『バック』のポーズでいつまでも待たれても・・。
すまん!わしは人間や!
惚れてくれるのは分るがわしのじゃ君には「大きすぎる」。
(ひゃ〜〜〜〜変態!!)
ティッシュを取って恐る恐る「お0んこ」を触ってやる。
(だってシャ〜〜〜ないねんもん!わしのせいやないで!そーでもせんとおさまらんのですわ・・・)
すっ凄いあえぎ声!
どのくらい触ってやればええのか分らんのですが、
とりあえずネコさんも「いく」のでしょうかと疑問を持ちながら
わしの抜群なフィンガーリングテクニックを駆使して、悶絶させました。
「ぎゃ〜〜うお〜〜〜!んぎゃ〜〜〜〜〜〜ぐるぐるる〜〜〜〜!」
前代未聞の
「さかりのついたメスネコ」対「日本一の世界をまたに掛けたロックヴォーカリスト」
のアニマルペッティング!
(ひゃ〜〜〜〜変態!!)
爆笑でっせ!久しぶりに大笑いさせてもらいました。
「さかりのついたメスネコ」おもろいわ!

で、ところでオスの方は全く彼女に相手にされず「しょんぼり」してます。
きっとメスの方が先に飼われていてオスが後から来たのが原因なのか・・・。
メスの方は自分の事を「人間」と思っているふしがあり、
それでオスの方を受け入れないのかもしれない。
ここでみなさんに質問!
なんとかこのカップルを交尾させたいのですが良い方法を御存知の方は禿げメールく
ださい。

あの女は全く「さかりのついたメスネコみたいな女」やと言う言い方がありますが
シャレになりませんぜ!
ひゃ〜〜〜〜〜エッチ〜〜〜〜〜〜〜〜!でごわす!

ある日オスのねこちゃんが凄くかわいい格好でわしのベッドで寝ていたので
早速ポラで写真を撮りました。
残念ながら「死体」にしか見えませんでした。
なんか写真のええテクニックはないかな?
これもついでに教えて!

みの吉
----------------------------------------------------------------------

すまん!
アホウでっしゃろ。
こんなアホウと一緒にバンドやってまんねん!

ファンキー末吉

失礼しましたっ!

Posted by ファンキー末吉 at:13:30 | 固定リンク

台湾大地震の話を受けて(第5号)

500で初めたこのメールマガジンだが、
5回目にしていつのまにやら購読者数が1500にもなっている。
う・・・凄い。
これってもっと責任持って発信せなアカン立場っつうこと?
うーむ・・・・
ま、ええか。


さて今日のお題。

台湾中部大地震について。
----------------------------------------------------------------------

読者である「そうだゆうこ」さんからMailが来た。

> マグマグ
> の中に、台湾地震の募金のお知らせが、入っていましたが、赤十字社
> に送っても、まだ今は直接台湾に届かないそうです。
>
> ファンキーさんももうご存知でしたか?
> 私は、今さっき知りました。だから、ローソンの募金も駄目なんだそうです。なぜな
> ら、そのお金は、中国大陸に行ってしまうから。
>
> それに、この場におよんで大陸政府は、結構汚い手を使っているようです。ロシアが
> 救助の医者や、物資を届ける為に通ろうとした事を許さなかったり、そのため医者が
> 台湾に来れなくなったり・・・
>
> 台湾は、今年大陸で水害が起こった時、何千万ドルもの支援をしたのに
> 今回大陸が、支援したのは10万ドルだったそうです。それも初めは条件付きで、
> 「台湾はこれを中国の一部として受け取らなければいけない」とか・・・・まあ別ルー
> トで条件無しの支援金は、届いたらしいですが、
> だから、台湾は、その後に大陸からの他の支援を断ったらしいです、それには色々な
> 事情があったからなのです。
> 私としても台湾と大陸に仲良くなってもらいたいと思うけど,今回は、この場におよ
> んでそういう事をする大陸政府に腹が立ちました。
>
> 何処の国の政府も同じかもしれないけど・・・・
>
> 久しぶりなのに固い文ですみません。
>

ちなみに彼女は中国語がぺらぺら。
今年のクラリオン・ガールの全国オーディションで最終選考まで残り、
優勝は惜しくも逃したものの、特別賞を受賞した美人!
(美人かどうかは関係ないじゃろ!)

うーむ・・・

かいつまんで中国と台湾の歴史を言うと、
むかし国民党っつう社長が中国を経営してたところ、
ある日クーデターが起こり、
共産党っつう社長の会社になってしまった。
会社を追われた旧社長とその一派は、
台湾にて旧屋号である「中華民国」を名乗るが、
新屋号である「中華人民共和国」はそれをよしとしない。
新会社としては、自分の会社の一部である台湾を、
旧社長が無理矢理乗っ取っていると主張し、
旧社長としては、
自分たちの会社を新社長達が乗っ取ったと主張している。

うーむ・・・

また話がややこしくなるのが、
国連と言う、言わば公正取引委員会みたいな団体が、
「新社長の会社がいわゆる中国と認める」
としたもんだから旧社長は立場がない。
ところがアメリカと言う大会社が今度は旧社長の会社に肩入れし、
今度は会社としては小さいはずの旧社長の会社が、
売上等ではるかに新社長の会社を抜いてしまった。
そりゃもう世間の人としてみたらその旧社長の会社も無視出来ない。
まあ、新社長の会社ともお付き合いしたいし、
旧社長の会社ともお付き合いしたいと言うところか・・・

またここの社員たちときたら世界でも有数の「利に聡い」民族なので、
そんな会社レベルの確執などものともせずに、
社員間の交流はますます活発になって来ている。
そこに暗躍するのが新社長の関連会社で、
先ごろ新社長一派に吸収合併された香港。
社長同士がいくら、「あの会社の連中とは付き合うな」と言ったところで無駄と言うもんである。
香港をクッションにそれはそれは多大なる交流が行われているのが現状と言うもの。

そんな中で今日、チャンネルVと言うアジア最大の衛星放送MTV番組を見てたら、
もういち早く台湾中部大地震に対する、
香港のスター達版「We are the world」が流れていた。
まさに香港の大スター勢ぞろいである。

ところが日本の芸能界がお隣の国に対してこれをやるかと言うと、
残念なところそうでもない。
でもこれはしゃあない。香港芸能界と違って台湾と縁がそれほど多くはないからね。
かく言う俺も、トルコ大地震の時は何もアクションを起こさんかった。
親戚も友人もおらんのやから・・・と言うのもあまりに悪いが・・・
すまんかった!

まあ台湾にも親戚はおらんが、
考えてみれば、お世話になっているドラムメーカー、
パール楽器の工場が台中にあるではないか。
聞けば従業員も400人とかいて、
世界に輸出するパールドラムの90%はここから配送されていると言う。
もしここが壊滅すれば、
世界中のパールドラマーは音楽活動に貧することになるだろう。
よし! 世界中(特にアジア)のパールドラマーを集めて何かやるぞ!
と拳を振り上げパールに電話をしたところ、
「すみません、うちの工場ほとんど無傷で、
従業員もみんな無事に出社してます」
とのこと。
いやいや「すみません」には及びません!
無事なのが何よりですから・・・

まあ振り上げた拳を振り下ろす場所もなく、
日々の雑務に追われていたら、
知り合いのロックレコードの人間から、
「チャリティーコンサートやろう!」
と持ちかけられた。
前回のMailで10月14日と書いたが、
いろいろあって10月13日に決定した。

場所は新宿厚生年金会館。
18時会場18時半開演。
出場者は
ビビアン・スー、
太陽とシスコムーンのRURUちゃんを始めとして、
五星旗(Five Star Flag)、
a-min
・・・・とこれは日本にいる中国系アーティスト(俺はいったい何や!)勢ぞろい!
残念ながらジューディー・オングさんは欠席となったらしいが、
その太陽とシスコムーンのメンバーもかけつけると言うし、
西城秀樹さんや、シャズナにも打診中と言うことらしい。

(お問い合わせ)
株式会社 中華藝能
〒150-0011 東京都渋谷区東2-29-6 北岡ビル302
Tel.03-5467-8308 Fax.03-5467-8321
http://www.chugei.com/

なにせ急遽のチャリティーなので詳細はまだまだ未定である。
また続報はお伝えするものの、
とりあえずはこのぐらいしか私に出来ることはなさそうだと言うのが現状である。


本当は今の時期、上海のJazzフェスに出演している予定であったが、
それが突然延期になり、
仕方ないからWeiWeiを送り込んだギリシャパルテノン神殿跡や
エジプトのピラミッド跡で開かれる中国人最大のイベントにでも顔を出そうと思ったら、
案の定WeiWeiはまだ日本でおるやないかい!
テレビ中継のための機材トラブルのため中止(もしくは延期?)になったと言う。
なんじゃ、そりゃ!

しゃあないから台湾にでも行ってボランティアでもするか。
と思ってたら、
またミーティングと称した長ーい飲み会の中で、
「XYZのファンクラブ立ち上げよか」
と言うことになり、
急遽先日の札幌と仙台でチラシを撒き、
ホームページ(www.micras.ne.jp/funky/XYZ/FunClub.html)でもUPしたら、
いきなりドドーンとMailが来てしまい、
よう考えたらシステムも担当者も何も決まってないので、
仕方がないから全部自分でやらねばならない。
ボランティアに行く前にボランティアに来て欲しいわい!

Posted by ファンキー末吉 at:03:50 | 固定リンク