ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
中国の若いバンドのレコーディング
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
クメール語講座
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

ファンキー末吉楽曲配信サイト

2009年4月17日

いっぱつ録りの難しさ

日本でエミさんのライブを何本かこなし、再びアルバムレコーディングが再開される。

Gee Babyというスタンダード曲がある。
ライブでも度々演奏しているエミさん十八番の曲である。

この曲をレコーディングしようと思うのじゃが、
ところがライブでのあのスリリングな感覚はどうしてもクリックに合わせてやってると出ない。
「こりゃいっぱつ録りしかないで」
ということになってあれこれ考える。

ベースはラインで録るのでどこで演奏してもいいが、
ギターはアンプを鳴らさねばならない。
ドラムブースにアンプを置くと
当然のことながらギターの音がドラムにかぶってしまうので都合が悪い。
そうなるとコンソールルームに置くしかないのだが、
それじゃあ歌はどこで歌う?

ドラムブースで歌うとドラムの音が入ってしまうし、
コンソールルームで歌うとギターの音が入ってしまう。
仮歌と割り切って後で歌い直してもいいのじゃが、
ひょっとしてそのテイクが神様が降りて来たようなテイクになったら悔やまれる。

仕方がないのでケーブルを引っ張って行って風呂場で歌うこととなる。

EmiSingsInBathroom.JPG

長年歌いなれた曲である。凄まじい・・・
「風呂場に黒人がおるぅ・・・」
と仮谷くん。

もちろんクリックなんか使わない。
みんなで早くなってもそれでよし、遅くなってもそれでよし。

考えてみればこんなレコーディングは96年にソロアルバム「亜洲鼓魂」を録って以来である。
オーケストラと一緒なブースでドラムを録る。
あの緊張感あふれる演奏はもう「超えられない」域まで来て、
中国ではこのアルバムは「名盤」と称されるに至った。

あれから10数年。録音技術は格段に進歩し、
ドラムを叩く時は「どこで差し替えるか」まで考えながら叩くようになっている。

その「逃げ」を一切排除され、ひたすらその瞬間だけに燃え尽きて叩くのは至難の業である。
ライブでは出来ていることがレコーディングだと出来ない。
それはひとえに「欲」があるからである。
「もっとうまいはずだ」とかよけいなことを考えるから出来ないのである。

潔さは必要である。
「全部で3回録音してそれで終わり!その中から一番ええのを選ぼう」
もうJazzの世界である。

1回目は少々ちぐはぐなところがある。
2回目はほどよくまとまっている。
3回目は考え過ぎている。

結局は2回目をOKテイクにするのじゃが、
やっぱ「いや、もっと叩ける」と思うのは人の常である。
しかしもう一度やったところでどんどん悪くなるであろうことは経験上じゅうじゅうわかっている。

不本意ながらテイク2をOKテイクとする。
なーに、しょせんはこれが実力というもんじゃ。
もっと精進して神業のドラムが叩けるようになるまで頑張るのじゃ。

これから北京に発つ。

«新しい記事
村のレストランが帰って来た
前の記事»
またもや女の子バンドのレコーディング