ファンキー末吉楽曲配信サイト

2008/08/29

もの凄い雨やったなあ

レコーディング終わってエンジニアの崎本くんを駅まで送りに行った。

「雷の音が怖い」と言う嫁も、
ひとりで家にいると怖いので子ども連れて一緒に乗り込んだ。

大雨ではあるが、行きの道はまあ「雨が強いなあ」というぐらいだったが、
「どっかで生ビールでも飲みたい」と言うワシのわがままにより、
コースを変えて別の道を帰ったのが運のつき、
ワシらは生ビールどころではなくなったのである。

だいたい駅までの道に山道があるというのが、
この「八王子ロック村(自称)」である二井原家近辺の恐ろしさである。
豪雨は山を直撃、溢れ出す水は道路両脇の山肌から全て道に流れ出す。

「道が川じゃぁ!!」

小学校の頃見た「マイティージャック」の浸水シーンよろしく、
ファンキースタジオ専属軽自動車ファンキー号は水をかき分け進む。

車とは実はタイヤホイールの半分が水につかるとエンジンが止まるらしい。
エンジン音が心なしか力がない。

力なく減速しながらそれでも車は進む。
止まりそうになりながらも何とか下り坂になっては息を吹き返す。
下れば水も溜まるのでまた水につかり、
一時は車の電気系統がふーっと全部消え、
そしてまた復活しては水の中を進む。

もしここで止まってしまったら・・・

ワシは携帯を握りしめ、
いつでも二井原に助けを呼べるようにしながらアクセルを踏み抜く。
プスプスと力ない音を立てながら、
車はようやく滝山街道にぶち当たった。
左側の道は警察により封鎖されている。
ここを右折すればうちはもう目と鼻の先・・・

・・・と、右折する途中についにエンジンが止まった。
イグニッションキーを回すがスターターは回らない。
慌てるワシ、子供に授乳しながら放心する嫁・・・
警察がかけよって来る。
このままおっぱい丸出しの嫁と共に救出されるのか・・・

ふと見るとギアは「D(ドライブ)」のままである。
これではスターターは回らない。
「N(ニュートラル)」に入れ直して無事にセルが回る。

警察に会釈して右折し、
何事もなく無事帰宅。
駐車場にて嫁、やっとおっぱいをしまう。

その後もの凄い雷の音で寝れず。
予報では今夜も更に200mmの雨が降るらしい。
大丈夫かファンキースタジオ!!

同じカテゴリの記事