ファンキー末吉楽曲配信サイト

2010/10/03

黒茶屋

いつも中国の旨い物を紹介しているので今日は日本の旨い物を・・・
というわけで黒茶屋!!

八王子のうちの自宅から車で走ること30分、
五日市線武蔵五日市駅下車送迎バス有り。

昨日は贅沢にも家族全員でそこに食事に行ったのぢゃよ!!

嫁のお母さんがいつも子守りに来てくれているのでお礼がてらと思ったのぢゃが、
これが予想以上に喜んでくれて嬉しかった。

秋川上流の河っぺり一帯に敷地があるこの自然公園のような立地条件もさることながら、
何百年も歴史がある古い民家を改造したたたずまいが素晴らしい!!
なにせあまりに素晴らしいのでうちの子供達が出て来た料理を残せない気分になって、
嫌いなはずのナスの天ぷらまで食ってしまったというほどである。

古い民家の座敷に通され、そこは我が家族だけ!!
基本的に部屋貸しの完全予約制のようである。

お値段はバカ高かと思ったら実はそうでもない。
温泉付きのセットで4000円からのコースがあるというからなかなかリーズナブルでもある。

しかし高級であることには変わりない。
中ぐらいのコースを頼んでお品書きを見た途端に子供がぶったまげた。

KurochayaMenu.jpg width="400" height="298" class="mt-image-none" style="" />

どんなのが出て来るのだろうと思ったらまずは前菜でこれである!!

KurochayaZensai.JPG

まずはビールを頼んでいたのぢゃが、
とりあえずはこれは「日本酒ぢゃろう!!」ということで、
「岩魚(いわな)の骨酒」というのを注文した。

KurochayaIwanahonezake.JPG

まあコンセプトは河豚のヒレ酒と同じなのぢゃが、
これが焼き魚の香ばしさと熱燗の旨さで絶品!!
つまみいらずである。

しかし料理はどんどんと出てくる。

KurochayaKonnyakusashimi.JPG

とりあえずこの辺の名物でもあるこんにゃくを刺身でもらう。
これは別売りで1人前500円。
この竹の器も外の売店で売ってある。

もともと風情とかには興味もない人間だが、
酒飲みとしてはこれは何か嬉しい限りである。

KurochayaYamame.jpg

そしてメインディッシュの中で一番楽しみだったのは、
階下を流れる川魚の塩焼き!!
今日は鮎はなかったので山魚(やまめ)。

この網はちゃんと魚を焼くための串の溝もあり、
魚だけでなく自然野菜や肉まで出てくる。

一緒に焼く!!
この魚の焦げ目が食欲をそそるぜ!!

KurochayaBBQ.jpg

この焼き魚の味が「やっぱビールぢゃろ!!」ということでビールを追加、
その他地元野菜の天ぷらとかも出て、
子供の残したものも食ってたらもう腹一杯である。

主食は炊き込みご飯とよもぎうどんとを選べるが、
どちらも食いたいので人数の半々で頼んでたのぢゃが、
結局みんな完食出来ず、ワシと真ん中の子供で全部平らげた。

もう満腹!!もう食えん、もう飲めん!!!
・・・と思ってたら個室だと思ってほったらかしてた下の息子が、
気がつけば高級和室の障子を片っ端から破って歩いてた。

KurochayaShoujiyaburi.JPG

やっべー!!!!弁償すんのいくらかかるんやろ・・・

お勘定の時に平謝りに謝る。
「修繕費をお勘定に乗せて下さい」
こんな怖い人相をしてても謝るときは真剣に謝るワシである。

しかしレジの女性定員は一言、
「そのお金は受け取れませんので大丈夫です」

タダかよ!!

というわけでワシは思った。
「高級な店はサービスも高級である」

超高級な店ではあるが、考えてみればひとり1万円もかかってない。
料理も食いきれないぐらい出た。
サービスも満点、料理も酒も最高!!

みなさんよかったら行ってやって下さい。

黒茶屋

同じカテゴリの記事