ファンキー末吉楽曲配信サイト

2008/12/27

デブと共に関西ツアー2日目京都

さて、プレッシャーも徐々に克服して来たデブ。
2日目の京都ではエミさんに、
「どしたん?昨日と全然ちゃうやん!」
とプレイを絶賛されつつも、
周りが見えるようになると目が行くのが美女。

実はPaulPositionには3人の美女がいるのじゃ。

PaulPositionBijo1.JPG

まずデブ一番お気に入りのドラムのアヤちゃん。
一番のアイドル顔でデブとオヤジを虜にする。

そしてステージで非常に華がある色っぽいベースのユッコちゃんと、
非常に可愛くて守ってあげたいタイプのキーボードのマミちゃん。

PaulPositionBijo2.JPG

デブは言う。
「どうして美人なのに楽器なんかやろうと思うのか?」

そう、中国では「美人」とはすなわち「金になること」。
楽器のように習得するのに何年も苦労せねばならない道を選ぶ人はいない。

例えて言うと、ワシは「美人Jazzシンガーを探してくれ」と頼まれたことがある。
いろんな音楽仲間に聞いてみたらみんな笑ってこう言った。

「美人がどうして金にもならないJazzとかRockとか歌わねばならんのじゃ?
歌もうまくて顔もよかったら普通一番金になる流行歌歌うじゃろ!」

しかし日本では美人のプレイヤーがこんなにいる。
美しいからステージでも映える。
ドラム、ベース、キーボードのソロ回しを見てデブは狂喜乱舞した。

お前・・・ワシの超絶ソロ聞いてもそこまで感激せんかったじゃろ・・・

デブご満悦の日々であった。

同じカテゴリの記事