ファンキー末吉楽曲配信サイト 日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2008/12/27

デブと共に関西ツアー3日目移動日

せっかくじゃからデブを京都見物にでも連れて行ってやろうと思っていたのじゃが、
とにかく連日の朝までの飲みで疲れ果てている。
「大阪まで帰るぞ!」
デブと共に投宿先である大村亭へと向かう。

大村亭に並ぶ数十台のギターに「ここは博物館か!!」とびっくりすつつ、
とりあえず梅田の「なにわ湯」で汗を流す。
八王子で「湯楽の里」、
神戸では宿泊した温泉サウナ「クアハウス」と日本の温泉を堪能したデブであったが、
今は心は「美女」のみである。

「大村はん、美女御一行の宿は君んとこらしいやないん」
話によるとマンションの別部屋をゲストルームとして借りて彼女たちが泊まり、
大村亭にはむさくるしい男どもが泊まると聞いていたが・・・

「男衆の人数が多いんでね、とりあえず男衆はゲストルームに、
女の子達はうちに泊まってもろてます」

これを通訳してデブが喜ぶこと喜ぶこと。
「それでボクたちはどちらに泊まるんですか?」
大村はんも考えに考えて、
「5人もいるゲストルームに見知らぬ男ふたりを押しこむのも可哀そうやし、
まあうちのギター部屋にでも・・・」
と聞いて飛びあがらんばかりに喜んだ。

「ボクは今日こそあの美女たちとお近づきになるんだ!!」

さてホルモン鍋を食って美女の帰りを待つデブとワシ。
しかし夜遅くに彼女たちが帰って来た頃には既に泥酔状態である。
帰って来てお決まりのあいさつを交わしてすぐふすまを閉める彼女たち。

「ピシャッ!!」

デブと私は狭いギター部屋でお互いのいびきに悩まされながら寝る。
そして目が覚めたら美女は既にいない。

お決まりである。
デブよ、これが日本の正しいロックの世界なのじゃよ!!


同じカテゴリの記事