ひとりドラムの軌跡
ドラムセットと伴奏をPA設備さえあれば全世界どこにでも行きます!!
呼んで下さい!!こちら


ファンキー末吉BLOG モバイル版はこちら
最新のひとりごと
布衣秋のツアー2018雲南省
支援は人のためにあらず
カテゴリー
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カテゴリを追加
キャンピングカーにて国内ツアー!!
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画
バックナンバー
バックナンバーを表示

このブログのフィードを取得

powered by ウィズダム

X.Y.Z.→A オフィシャルサイト 八王子 ライブバーX.Y.Z.→A 爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
今回新録された楽曲のみを
おまけComplete」
としてCD化しました。
OmakeCompleteJacket.jpeg 爆風スランプトリビュート盤を既にご購入されている方は、このCDを買えば「完全版」となり、更には他のCDには収録されていないファンキー末吉の「坂出マイラブ」も収録されてます。
「完全版」としてセットで買うと500円お得な2枚で3500円のセット販売もあります!!
ファンキー末吉関連グッズ
(書籍)











ファンキー末吉関連グッズ
(CD、DVD)


















ファンキー末吉関連グッズ
(その他)

爆風スランプトリビュートアルバム WeLoveBakufuSlump
日本の音楽が危ない 第2弾 コンセプトアルバムの発売に支援を!クラウドファンディング募集中

2009年1月 5日

K大サーカス

子供たちの高知の友人一家がサーカスを見に行くと言うので、
末吉家も一緒にどうですかと誘われた。
嫁が「何か重慶雑技団の音楽のヒントになるかも知れんから行って来ぃ」と言うので、
期待せずに行って来たらこれが想像以上に楽しかった。

そう言えばこのサーカス団を見るのは小学校の頃以来である。
田舎だったのでタダ券が回って来たので何度も見に行って飽きた記憶がある。

あの頃から比べると、もうこのサーカス団はひとつの「企業」である。
両親もサーカス団、子供もここで生まれて、
全国を団員と動物たちと旅をしながら大きくなって、
「自分もこのサーカス団の花形になるんだ!!」
みたいなブルースが一切ない!!

また団員がイケメンと美女ばっかなのよ!!

アクロバットをするわけだから当然スタイルはいいし、
化粧は舞台衣装なのでみんな派手で美しいし、
小さい頃はそんなことに興味がないから見てなかっただけか、
もしくは本当に団員のルックスは飛躍的に上がっているのだろうか・・・

ところが・・・

Circus.JPG

この演目を見た時にいきなり重慶雑技団の子供たちを思い出した。
重慶に行った時に同じ演目を練習でやっていたからである。

あの子たちは遊びも知らず、おしゃれも知らず、
物心ついた時からずーっと練習している。
「生きていること」すなわち「練習すること」である。

そういう目で見ると、もしかしたらこの団員たちは、
体育大学を卒業して、そのままこの「企業」に入社した人たちなのか?
などと考えてみたりもする。

危険な演目には必ず命綱がある。
そりゃそうだ。
簡単なジャグリングや動物使いのミスなどを見るに、
むしろ「頼むから命綱をつけてくれ」と思ってしまう。

技だけで言うとそりゃ雑技団にはかなわない。
雑技団の子供たちにとっては
「別にこのレベルの演目で命綱はいらない」
というだけの話である。

ワシは別に「サーカスだったら命綱をつけるな!」と言いたいわけではない。
最終演目の空中ブランコは、安全のために下にネットをひいているが、
むしろそれをうまく使ってフィナーレを決める。
非常に出来あがった演目である。

体育大学を卒業した団員達を危険にさらす権利は誰にもない。
彼女たちに「おしゃれよりも、恋よりも」と強要する権利はない。

子供の団員がいないのは労働基準法の問題か?・・・
ワシの好きな旅芸人の一家は今後どうなってゆくのだろう・・・

思いは多岐にわたる。

ロックがいつの間にやら「テクニック不要」の音楽になってしまった。
ギタリストは超絶テクのソロを弾く必要もなく、
かっこいいリフを生み出してそれを弾けるテクニックだけがあればいい。
ドラマーは超絶テクニックを叩く必要もなく、
ひたすらリズムを刻んでいればいい。

それはそれでいい。
ある人はそう生き、ある人はああ生きる。
それだけの話である。

インスピレーションはもらった。
北京に帰って頑張って重慶雑技団の音楽を作ろう。

«新しい記事
正月の次は旧正月
前の記事»
重慶雑技団ふたたび