ファンキー末吉楽曲配信サイト

2010/06/05

アウェーインザライフ初日終了!!

いやーいろんなことがありましたが何とか初日終了しました!!
ワシとしてはいろんなキュー出し、機材トラブルがなかっただけで大成功である!!

今日の新兵器!!

KyounoShinheiki.JPG

真ん中は、万が一ワシから出すいろんな重要な音が、
何かのトラブルで出なかった場合のエマージェンシーボタン。
ゲネプロの時にはこれはワシの後ろ側にあったのじゃが、
ドラムを叩き出したら後ろ向いて押せないことが発覚してこの位置に変えてもらった。

このボタンを押したら、曲の最後の大事な同期データはPA席から出してもらえる。
しかしそんな事態が起こらないようにするのがワシの仕事であり、
「万が一」起こったとしたらそれに対処しておくのもワシの仕事である。

おかげでワシは曲が始まる前は戦争状態である。
Protoolsを次の曲にセットし、
ちゃんと走るかチェックした後にバックアップのHDレコーダーをセットし、
それもちゃんと走るかチェックした後、
スタートボタンに手を置きながらきっかけが出たらボタンを押し、
クリックを聞いたらドラムを叩き始める。

とりあえずその辺にミスがなかったのは音楽監督としてはまずまずの滑り出しなのじゃが、
やっぱ難しいのは「セリフ」である。

ゲストで出た大槻も四苦八苦してたが、
どうもお客さんにはワシらのような素人が四苦八苦してるのが面白いらしい。

稽古の時にもいつもワシは笑われる。
「ファンキーさん、他の人は話す時だけマイクを持ち上げて、
普段は下げてるんですが何でファンキーさんだけマイクをずーっと口のところに当てたまた固まってるんです?」

だから今日はマイクを降ろした。
ワシも役者さん達ほどではないが、
もう何回も稽古したのだ!!段取りはわかっている!!

と思ったら大間違い!!
「本番で新しいことをやるな!!」
というセオリーがある種ある。
何も「冒険をするな」ということではない。
アドリブで崩壊するぐらいだったら決められたことを守るのが、
とりあえず音楽でも何で鉄則である。

しかし「欲かいた」という言葉がある通り、
ワシはきっと「出来るだろう」と思ったのじゃろう。
マイクを降ろした。

そしたら次のセリフの時に口元にマイクがないまま、
マイクを降ろしたままセリフを言っている・・・

アホである・・・

客席も大爆笑だったらしい・・・
(ワシはもういっぱいいっぱいだったのでそんなことまで見ている余裕はなかったが・・・)

ゲストのオーケンもしかり、
素人がこんな風にパニクっているのは面白いらしい。
オーケンも相当ウケていた。

橘高はワシに言った。
「末吉さんも大槻も、このまま演技がうまくなったら面白くないんです!!
ずーっとこのままの演技でいて下さい!!」
と・・・

そうもいかん・・・ワシは毎日それをやっているのじゃ!!
ヘタウマのドラムも叩いてれば上手くなるじゃろう・・・

皆の衆!!今のうちじゃぞ!!
末吉の素人丸出しの演技を見れるのは!!!
(結局最後までこのレベルだとは思うが・・・)

最終日のゲストである水木一郎さんがいらしてワシにこう言った。
「あれ見て私も肩の荷が軽くなりました!!」
と・・・

明日は昼夜2回公演!!
(今日もゲネプロがあったから似たようなもんじゃが・・・)
頑張るぞよ!!!

同じカテゴリの記事