ファンキー末吉楽曲配信サイト

2008/05/07

二井原リハ合宿状態

Funkyスタジオはもともと二井原大邸宅の近所の木造一戸建てを改造したもので、
1階部分は玄関と台所と風呂とトイレ以外は全てぶっ潰してスタジオにしているが、
2階部分はそのまま手つかずの日本家屋である。

もともとあったリビングもぶっ潰してしまったので、
スタジオにあるべきロビーと言うものがない。
そこで中二階にある茶室(前住人は優雅な趣味をお持ちやったんやなぁ)をそのままリビングとして使用することにした。

FunkyStudioLiving.jpg

スタジオ真上の二部屋はリハの爆音がそのまま聞こえるので、
昼間は子供はここで寝かすこととなる。
休憩時間はここにたむろしているメンバーが子供を見てくれるので嫁も楽である。


ちなみに昨日も一昨日も、近所に住む橘高一家が遊びに来た。
隣人である二井原家の子供も遊びに来る。
橘高ジュニア3+二井原ジュニア2+ワシの子供1で総勢6人。
まるで「託児所」である。

これに高知にいるワシの二人の子供が夏休みにでも遊びに来た日にゃぁ総勢8人。
こりゃぁ確かに子だくさんバンドやわぁ・・・
「少子化反対!」


ところで今回の二井原バンドは、

1、ドラマーは北京から
2、ギタリスト1の田川くんは山口から
3、おっさんコーラス隊1の飯田くんは愛知から
4、おっさんコーラス隊2の稲田くんは群馬から

と言うことで、必然的にFunkyスタジオに泊まり込まねばならない。
残り3部屋を宿泊施設とするのじゃが、
とりあえずオーナーの特権としてベランダのある南側の一番大きい部屋は末吉家が頂くことにしてベッドを購入。

FunkyStudioSueyoshikeRoom.jpg

この部屋で嫁が赤ちゃんの授乳をするので「開けるな危険」である。


そしてその隣の北向きの和室は田川部屋。
おっさんコーラス隊は、
そのために「おっさん部屋」を用意しているにもかかわらず何故かそこではなくここにたまる。

FunkyStudioTagawaBeya.jpg

ちなみに田川くんは非常に練習熱心である。
夜中に起きだして来てはスタジオでギターの練習に余念がない。
「よ、やってるね」とビール片手に励ましに降りて来たら、
電気もつけず真っ暗闇のスタジオでひとりもくもくと練習してた。

そうか・・・盲人ギタリストには電気はいらんのか・・・


と言うわけで残りひと部屋、
ベランダに面した東南の洋間を「おっさん部屋」として開放しているのじゃが、
何故におっさんコーラス隊は自分の部屋ではなく田川部屋でたむろするのか・・・

ドラムブースの真上だから音がうるさいのか?
いやリハをやってないからたむろしてるんだからそれはない。

理由は・・・

FunkyStudioOssanBeya.jpg

足の踏み場もないからであった。


合宿状態のリハは続く・・・

同じカテゴリの記事