最新のひとりごと
<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  

2021年08月08日(日)
ファンキー末吉のクメール語教室最終章(特殊文字と数字)

カンボジアから中国に帰って尻切れとんぼになってたのが気がかりでしたので、なんとか最終章をまとめたいと思います。

まずは特殊文字!!

教科書には「合成シンボル」とかわけのわからん表記がされてたけど(英語の教科書を辞書引いて日本語に直すので)、一応次の「特殊文字」と一緒くたに考えます。

័យ:A子音だと「アイ(ai)」、O子音だと「エイ(ei)」

使用例は

បណ្ណាល័យ:ボンナライ(図書館)

ទង់ជ័យ:トゥンチェイ(勝利の旗)

など・・・って「勝利の旗」とかどこで使うん?(笑)


័រ:A子音もO子音も「オア(oa)」

使用例は

ជ័រលុប:チョアルブ(消しゴム)

ទំព័រ:トゥムポア(勝利の旗)

など・・・これ先生に「教科書のお何ページを開きなさい」とか言われてペンペンされたなぁ〜(懐)


័ព្ទ:A子音もO子音も「アッ(プ)(ap)」

使用例は

ទូរស័ព្ទ:トゥーラサッ(プ)(電話)

កិរិយាស័ព្ទ:ケリヤサッ(プ)(動詞)

など・・・いやね、「電話」っつうのはよく使うけど「動詞」っつう単語はねぇ・・・(涙)


:A子音もO子音もっつうか次の単語以外使わんのやと思うぞ・・・「オア(ap)」

ព័ត៌មាន:ポアラミエン(情報)・・・ってかこれ特殊な読み方やと思う・・・どうしてこう発音すんのか今だにわからん(涙)


次は「特殊文字」っつうか上記も十分特殊やけど(笑)
まあ「特殊用法で使う文字」っつうかこうでしか使わんようである・・・丸暗記(>_<)

ក៏〜ដែរ:コー〜ダエ(も〜である)

これよく使う!(◎_◎;)


ដ៏〜:ドー(とても〜である)

ណាស់よりフォーマルな使い方と言うけれど・・・ណាស់でええやん(>_<)


あとねぇ〜ややこしいのがこれ!!

:これが付いた文字は読まない・・・ってほな書くなよと言いたい(涙)

まあタイ語のルーツにもなってるという由緒あるクメール王朝の文字ですから・・・(>_<)

これ「読まないならええわ」と当初無視してたんだけど、これが結構出て来るのよねぇ〜・・・

ចាប់អារម្មណ៍:チャプアラーム(興味がある、面白い)とか、カンボジア人にクメール語でメールしようと思って、「最後にどの文字が付いてそれを読まないんやっけ?」と頭を抱える時がある・・・

まあそれも含めて「修行」ですな・・・(涙)


次に「独立母音」!!・・・通常母音は子音とくっついて発音されるものだけれども、次の文字はそれだけ単独で特殊な発音をする母音(子音と一緒になったのもある)である・・・らしい(涙)

本当に特別な文字らしく、私の教科書、小学校1年生レベルで出て来るのは以下の例のみ!!

:アイ(əi:アは口を大きく開けない)

使用例:ឥឡូវនេះ:アイラウニッ(ヒ)(əilavnih):今すぐ

:アイ(əi:アは口を大きく開けない)

使用例:ឦសន:アイソン(əison):北西(っつうか使うことないと思う(涙))

:ウ(ク)(uk)

使用例:ឧទាហរណ៍:ウ(ク)ティアホー(əison):Exsample(例)


:アウ(av)

使用例:ឪពក:アウプッ(ク)(avpuk):お父さん


:Rルー(rɯ):巻き舌で「ウ」の口でルーと言う

意味はorという意味で、その発音であるរឺを使ったりする・・・ほなそれで統一せーよ!!(涙)


:Lルー(lɯ):Lの発音を意識して「ウ」の口でルーと言う

「聞こえて来る」みたいなhearの意味、その発音であるលឺを使ったりする・・・ほなこれもそれで統一せーよ!!(涙)


:アイ(ai):アは口を大きく開ける

使用例:នៅឯណា?:ナウアイナー:どこ?の意


:アオ(ao)

使用例:ឱកាស:アオカッ(ハ)(aokah):Opportunity機会(使わん(涙))


ឲ្យ:アオイ(aoi)

អោយ:(〜にあげる、〜にの意)と全く同じ発音で同じ用法・・・ほなこっちに統一セーよ!!いやこっちちょっと長いし〜短い方が打ちやすい(笑)


さて最後に数字!!

数字なんかアラビア数字でええやん!!と思うのですが、考えてみれば私たち日本人もお隣の中国人も「漢数字」というのを使ってます。

外国人が見たら、このクメール数字のような奇妙なものに映るのではないかと想像します・・・


1、
2、
3、
4、
5、
6、
7、
8、
9、
0、


はい、ゼロh「0」なのですが、あとは決してすぐには思えられません(>_<)

あと、難しいのが読み方!!
クメール数字は1〜5まではいいのですが、6は5と1、7は5と2、8は5と3、9は5と4、という風に数えます。

1、មួយ:ムオイ
2、ពីរ:ピー
3、បី:バイ
4、បួនブオン
5、ប្រាំプラム
6、ប្រាំមួយプラムムオイ
7、ប្រាំពីរプラムピー
8、ប្រាំបីプラムバイ
9、ប្រាំបួនプラムブオン
0、សូន្យソーン

10覚えなきゃならないところが5つで済むなら御の字と思いきや、二桁の数字がまたこれが難しい(>_<)

10、ដប់:ドッ(プ)
20、ម្ពៃ:ムペイ
30、សាមសិប:サームサップ
40、សែសិប:サエサップ
50、ហាសិប:ハーサップ
60、ហុកសិប:ホッ(ク)サップ
70、ចិតសិប:チェッ(ト)サップ
80。ប៉ែតសិប:パエットサップ
90。កៅសិប:カウサップ

これねぇ〜1〜9までは簡単でええのに、なんで二桁になるとこうややこしくなるの!!とお嘆きのあなた!!その通りです(笑)

これは電話番号とか、例えば5551とかを言うとき、ប្រាំプラムប្រាំプラムはいいとして、次に6をប្រាំមួយプラムムオイと読んでしまうと、「6」なのか「51」なのかがわからん・・・(全体で556なのか5551」なのかわからんとなる)

だからこういう時は「55」と「51」に分けて読むんです!(◎_◎;)

55、ហាសិប:ハーサップប្រាំプラム

51、ហាសិប:ハーサップមួយ:ムオイ

ついでに

100、រយ:ローイ
1000、ពាន់:ポアン
10000、ម៉ឺន:メーン
100000、សែន:サエン
1000000、លាន:リエン


もうこれで全部!!(涙)

パソコンのキーボードにはまだ見たこともない文字もいくつかあるけど、まあほとんど使わんということやな!!

今まで習った文字だけでほとんど全てのクメール語を読むことが出来ます!!(キッパリ)

しかし読めたところでそれがどういう意味なのかはわからん(>_<)
これからはひとつひとつ単語を増やしてゆくしかありませんな!!

世界の中でもかなりマイナーな言語であるクメール語、しかも「喋れるけど文字は・・・」という人が多い中、クメール文字の日本語の解説という更にマイナーな講座でしたが、世界でも物好きな誰かのためになればと思います。

ファンキー末吉のクメール語講座

お役に立てますればm(_ _)m


よろしければクリックを〜
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


カテゴリ:クメール語講座
 
最新のひとりごと
<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  
最新のひとりごと
JASRACとの戦い
Live Bar X.Y.Z.→A
Pさんの話
おもろい話
おもろい話(中国のその他の地方)
おもろい話(北京)
おもろい話(日本)
おもろい話(最優秀作品)
おもろい話(香港とその他の外国)
アウェーインザライフの素敵な仲間たち
カンボジア希望の星プロジェクト
キャンピングカーにて国内ツアー!!
クメール語講座
デブが来りてピアノ弾く
ドラムの叩き方
ファンキースタジオ八王子
全中国Pairのツアー
全中国ドラムクリニックツアー
北朝鮮ロックプロジェクト
布衣全中国ツアー
日本人なのに教育を受けられない問題について
李漠(LiMo)の話
筋肉少女帯
重慶雑技団
零点(ゼロポイント)復活計画