ファンキー末吉楽曲配信サイト 日中友好こども(大人も可) サマードラムスクール 2019

2019/04/15

真夜中に酔っ払ってドラム教室

初めての街、安徽省六安でのライブが終わって、
打ち上げは出前でも取って店でやろうということになった。

ライブバーなので酒はあらゆる種類がある。
いつもはレストランで飲むとビールの次は白酒しかないので困ったのよねぇ・・・

飲んでると地元のドラマーがやって来て色々質問する。
パラディロルを練習してるんですが、実際にはどうやって使うんでしょうか」

お前なぁ・・・
優しく説教を開始!!(笑)

だいたいこんな質問をするヤツに上手いヤツはいない。
熱を込めて説教しているうちに、「じゃあ」ということでステージに上がって教え始めた。

まずは
「お前が使いたいフレーズはこんなだろ?」
と、叩いてみせる・・・

これ系のソロは今回のツアーではアモイでやったことがある。

でもねぇ・・・ダブルで叩く部分って、その分音量が下がるからロックコンサートではなかなか使えんのよねぇ・・・

やっぱ客が「ワー!」っと来てる場合だとシングルストロークにかなうものはない!!
それだったら「フラム」が一番いいんじゃない?

両手、右手、左手の3つを組み合わせるので、必然的に16分音符で叩くと「16分の3つ取り」という「ポリリズム」になる。

そんな「16分の3つ取り」の中で、違ったテンポのシャッフルに聞こえるフレーズ。

もっと難しい3連符の4つ取り!!

6連符でダブルパラディロルを使うフレーズもあるよ。

でもね、こんなものは通常ドラマーとしての仕事では滅多に使わない!!
ドラマーで一番大切なのはリズム!!
テンポが狂わず音量にバラつきがないこと。これに尽きるよ!!

一番よく使うシェイクのリズム、
例えば2拍目4拍目のボリュームが100だとして、
ゴーストノートを20だとしたら、それをずーっとキープ!!
次の小節も全く同じにせよ!!

そして譜面にしたら全く同じだけど、
ゴーストノートのボリュームを変えたら、グルーブが全く異なる!!

これもそのようなボリュームにしたら次の小節も全く同じにせよ!!

だいたいねぇ〜若いドラマーに一生懸命教えても、
「ああ、それなら僕は出来てます」
みたいな・・・ソロとか派手なことにばっかり気が行く(>_<)

まずね、リズムは一定!!ボリュームも一定!!
これから始めなさい!!

・・・という酔っ払いドラム教室でした〜

同じカテゴリの記事