ファンキー末吉楽曲配信サイト

2014/12/07

マグロ漁船初回リハーサル無事終了!!

非常に狭い狭いファンキースタジオ八王子にフルセットのドラムセットを組んでリハーサルが始まった!!

MaguroGhosenRehearsalStart.JPG

音楽プロデューサーの馬上又(通称ヨウヨウさん)が言うには、
このスタジオはかなりフィーリングがよいそうだ。

アイデアがどんどん浮かんで来るというので、
このメンバーでそれをどんどんと「音」にしてゆく。

この仕事はロックミュージカルで、
さすがは彼は映画音楽の大家でもあるので舞台のイメージを映画音楽風に音をつけていってるようだ。

問題はワシの通訳(>_<)

いや〜ワシの中国語レベルってここまで難しい中国語を訳せるレベルじゃないのよね・・・
でも何とか通訳出来たということはこの辺の「観念的」な会話って音楽の仕事でもよく使うからかな・・・

あと、喋る方がワシのレベルを十分理解して訳しやすいように喋ってくれてるのもある。

何とか3日間のリハーサルを終え、
それぞれのアイデアをレコーディングして帰る。

それを持ち帰って彼はまた1ヶ月間いろいろ考えて、
1月上旬にはまた八王子にやって来てリハーサル。

初期のリハーサルはやっぱ日本でやるそうだ。
ファンキースタジオのフィーリングもいいし、
何よりも全員で北京行くよりも彼ら夫婦が日本に来る方が経費が安くてよい。

「今度は今回の仕事量よりもっと増えるからね」
と言ってたのでもっと過酷になるだろう・・・通訳が(笑)

予算の中には中国式にちゃんと「メシ」の予算も入っていて、
必ずみんなで食事に行く。

そこで更なるコミュニケーションを取って団結力を高めるというものなのだが、
そこでも頑張らねばならないのは通訳(涙)

いや〜全てを終えてさよならした時にはほんとぐったりしたもんな・・・(笑)

アイデアを全てレコーディングしてミックスダウンを終え、
ワシは名古屋にツアーに行き
プロデューサー夫妻は数日遊んで帰ると言うので渋谷のホテルを取った。

彼ら夫妻はイスラム族なので、
送ってゆく道すがらイスラム寺院があるというので立ち寄った。

MaguroMuslimTemple.JPG

いや〜日本にもイスラム寺院があるのな(驚)
聞くところによると1万人を超える信者がいると言う・・・

八百万(やおよろず)の神がいる日本土着の宗教と共に、
中国からやって来た仏教を「八百万もいるんだからひとつぐらい増えても」ということで見事に取り入れて発展した日本の宗教観・・・

生まれた時は神社(神教)
若いうちはクリスマス(キリスト教)
死ぬ時はお墓(仏教)

とうまく使い分けて来た日本人にとって、
唯一絶対のアラーの神は進出して来るのはなかなかかも知れんなと想像しながら寺院を見学させて頂いた。

宗派によっては酒を飲んではいけなかったり、
彼のように酒もタバコも大丈夫なものもあるが、
共通して豚肉はNG!!

これが日本ではなかなか大変なのよ・・・
ラーメンはほとんど豚骨やし、何の料理に豚肉の成分が含まれてるかわかったもんじゃない(涙)

とある焼き鳥屋では、カウンターで焼いているところを見ながら座れる席があって、
そこで豚肉のアスパラ巻きとか焼いていたのでもうNG・・・(>_<)

そんなものと一緒に焼いているような鶏肉なんか食べられやしないというわけだ・・・

まあ本来ならば他の肉でもちゃんとお祈りをして調理した肉じゃないと食べられなかったりするのでそりゃそうじゃろう・・・

というわけでこの日の昼飯は磯丸水産にした。
海鮮ならまあその危険は非常に少ない・・・

MaguroGyosennIsomaruSuisann.JPG

自分で貝とか焼いて食べられるのは楽しいな・・・

その後は楽器屋さん巡りをしてたくさん楽器とか買って、
街を歩いてたら彼らとはぐれた・・・

こりゃ大変とばかり探してたら選挙演説の車の前で一生懸命写真を撮っていた。

MagurogyosennNihonkyousanntou.JPG

日本共産党(笑)

なるほどな、彼らにとっては不思議な光景かも知れん・・・
まず一党独裁で「選挙」っつうもんがない、
そして中国では絶対に逆らえない独裁組織である共産党が、
日本ではこうして一生懸命街頭演説しとる・・・(笑)

そんなこんなで彼らも大喜びで日本を満喫した。

しかし考えてみたらまだ3本しか終わっていない(>_<)
あとリハーサル57本と本番30本・・・

マグロ漁船まだまだ先は長いです・・・

同じカテゴリの記事