ファンキー末吉楽曲配信サイト

2010/03/25

いい知らせと悪い知らせ

北京空港に降り立ったらいつものように老呉(LaoWu)が迎えに来てくれた。
駐車場に止めたら金を取られるし、
到着楼だと駐車禁止を取られちゃうので
いつも着いたら出発楼に上がって電話をしてそこでピックアップしてもらってたのじゃが、
最近はそういう輩が多いので出発楼に出迎えは禁止になってしまった。

ところが「上に政策あれば下に対策あり」のこの国では、
「出迎えではないですよ、見送りですよ」
ということで助手席に人を乗せてればOKとなる。

というわけで今日は彼は奥さんを助手席に乗せて堂々と「出迎え」に来てくれた。

開口一番彼が言った言葉が、
「いい知らせと悪い知らせがあるけどどっちから聞きたい?」
である。

まあ別にどっちから聞いてもどうせ両方聞かねばならないのだからどっちでもいいと答えたら、
「じゃあまずいい話、
うちの村が潰されて立ち退きになるという話、
あれは運良くまだまだ数年先の話になりそうだ」

貧民街を潰して都市開発をしようという政府の政策に追いやられて、
住むところがなくなった天然記念物のトキのように貧乏ミュージシャンの大移動がもうすぐ始まるはずだったのじゃが
まあこれでしばらくはもう一安心である。

「そして悪い話、
それを受けて大家が家賃を値上げするぞと言い出した」

北京の土地の値上がりは往年の日本の比ではなく、
ちょっと前から比べてもう3倍、
1平米3万元(45万円)するんだから完璧に八王子より高い!!

それに伴って賃貸しの部屋代もどんどん上がってゆき、
おまけに隣村も潰されて住むところを失った貧民がうちの村に流れて来ているので完璧に貸し手市場である。

ま、値上がりも仕方あるまいと思ってその値段を聞いたら、
「今年から5万元(年間75万)って言うんだよ」
と言うので腰を抜かしそうになった。

今まで25000元だからいきなり倍である!!

老呉(LaoWu)が一生懸命値切ってくれて結局年間3万9千元(約60万)
まあ8部屋あってこのぐらいの値段は日本だと安いが貧民街では法外である。
大家は村が潰される前に稼げるだけ稼いでおこうという魂胆であろう・・・。

ま、仕方ない。嫌なら出て行くしかないのだ。
5月にまた半年分納めなければならないので銀行行って引き出して奥さんに託した。

FangJianFei.JPG

北京もむっちゃ住みにくくなって来てるんですけど!!!!

同じカテゴリの記事