ファンキー末吉楽曲配信サイト

2010/03/26

日本人学校に殴り込み!

中国を愛し、音楽を愛し、
そしてこの地でガンに冒されて死んでいった飛鳥さんのために
飛鳥倶楽部を再建しよう!!ということで北京に来ている。

ところが飛鳥さんは日本人、奥さんは中国人、
そのふたりの子供であるヒロキ君の国籍は日本。
中国で生まれ、中国で育ったので現状ではまだ中国語しか喋れない。

もう小学校に上がる年なので、
この4月からは北京にある日本人学校に入ろうということで一生懸命日本語を勉強している。

昨日亡き飛鳥さん宅でご飯をご馳走になっている時に
「今日は日本人学校の面接だった」
というのを聞いて「あれ?」と思った。

「日本語を喋れないと日本人学校に入れない」と言うのだ!!

ワシの前妻は中国人だったので子供をインターナショナルスクールに入れようと考えたこともあるが、
「両親のうちどちらかが英語を喋れないと受け入れない」
と言われた。
「親が学校側とコミュニケーション出来ない」
ということと、
「子供の言語が英語となった場合、親とコミュニケーションブレイクダウンに陥る」
ということが理由らしい。

同様に日本人学校も、
「母親が日本語を喋れないので受け入れられない」
と言っているという・・・

小学校は「義務教育」じゃぞ!!

仮にも日本の国籍を持つ子供が、
「日本人として義務教育を受けたい」
というのを日本人学校は拒むのか?!!

ワシの娘も実は北京の小学校に半年ほど通ったが、
本来ならば中国人の通う小学校に日本国籍を持つ人間が正式に通うことは非常に難しい。
仕方ないので「裏金で」ということになり莫大なお金を払って学校に通わせてもらった。

娘は当時日本語しか喋れなかったが、
何のこっちゃない、通えばすぐに中国語しか喋れなくなり、
日本に帰って日本の小学校に通えばすぐにまた日本語しか喋れなくなった。

子供なんてそんなもんである。
そりゃその時々には少し苦労するが、
言語の問題はそんなに大きくないとワシは思っている。

ところが「日本語が喋れない」という理由で義務教育を拒否されたら、
この子はどうやって北京で教育を受ければいいのじゃ?!!

未亡人である奥さんがワシのように中国人学校莫大なお金を払って通わせることは不可能じゃぞ!!
ということは、
「日本国はこの日本国籍を持つ子供に教育を受けささない」
ということを言っているのである!!

そんなアホなことあるかい!!

ということで今日、早起きをして日本人学校に殴り込みに行ってくる。
「お前なあ!!ワシを誰やと思うとる!!
大問題にされたくなかったら面接とか四の五の言わずすぐに入学を許可しろ!!」
ってなもんである。

飛鳥倶楽部再建以前にまだまだいろんな問題が山積みである。

同じカテゴリの記事