ファンキー末吉楽曲配信サイト

2009/04/19

村のレストランが帰って来た

二井原実田川ヒロアキなど、
北京に来たことのあるミュージシャン全てに舌鼓を打たせた村のレストラン「状元紅」。
オリンピックの締め付けにより潰されて早や半年。
その跡地には「紅辣椒」というレストランが出来ていた。

HongLaJiao.JPG

大繁盛だった「状元紅」と違っていつ見ても客が入っていたためしがない。
最近では「全品2割引」と張り紙をしているが客が入っていたためしはない。

「レッド・ホット・チリペッパーだってよ。
ロックな名前じゃないか。今日はここで食べよう」
と口にしたうちのアホなエンジニアはみんなに総スカンにあう。

「俺達は状元紅が帰って来てくれるのを心待ちにしてるんだ。
誰がこんなレストランに食いに行くか!!」

そんなみんなの思いが通じたのか、ついに状元紅が戻って来た。

ZhuangYuanHong.JPG

跡地には紅辣椒がまだ陣取っているので、その斜め前にオープンである。
これでもう紅辣椒の先行きは決定的になったと言えよう。

「ロック村の社員食堂」というべき状元紅。みんなでいそいそと食べに行った。
味はもちろんのこと、二井原実が「坂田師匠」と名付けた女主人も健在である。

SakataShishou.JPG

坂田師匠、いつもはむっつりしてるので「アホの坂田」に酷似しているが、
きっと初めてのことなのだろう、「一緒に写真を撮ってください」などと言われて、
初めて見るこの笑顔がスパイスとなり、この日は少し食い過ぎたようだ。

嫁が大好きだった「インゲン豆の唐辛子炒め」も健在ならば、
二井原実が絶賛したチャーハンも健在である。

極寒の冬も越して気候もよくなって来た。
皆の衆、北京に来るなら今ぞよ!!

同じカテゴリの記事