ファンキー末吉楽曲配信サイト

2019/11/13

布衣2019年秋のツアー雲南省

中国の桃源郷(と勝手に呼んでいる)雲南省の入り口、昆明!!

もうミャンマーのすぐ隣である・・・

昆明自体はハンパじゃなく大都会だが、海抜が高いせいか澄み切った空気と青空に心が癒される・・・

会場は前回やった芸術村の会場ではなく、爽子でやったショッピングモール内の会場。

この日はオーディエンスが非常に乗りがよく、ドラムソロでもどんどん声を出して来るので、それに合わせてセッション!!

いや〜ライブは観客とのセッションだとはよく言ったもんだ・・・

終了後、この辺はショッピングモール街で開いてる店はないだろうと思ってたら近くに素晴らしい飲食街が!!



そこで打ち上げ!!

昆明で打ち上げ!! - Spherical Image - RICOH THETA

いや〜雲南料理は辛いんだということを痛感しつつ翌日は桃源郷大理へ〜!!

街中ではミュージシャンをよく見かける。
この辺のバーでは生演奏(弾き語りがほとんどだが)をやっていて、そこで働くミュージシャンが多いのだろう。

およそ中国でミュージシャンやってればファンキー末吉を知らないヤツはいない(笑)ので、当然ながらよく声をかけられる。

「Funkyさんですよね、一緒に写真撮って下さい!!」
「ええよ〜んで君は?地元のミュージシャン?」
「いや、仕事でこっちに来てあそこのバーで歌ってるんです」

ほな行くわ〜ということで歩いてたら、また別のバーのオーナーから声をかけられる。
「この店のオーナーは音楽好きで自分でも音楽やってるんです」
と冒頭の彼。

ほなお茶でも飲んでくか〜

まったりと知らない人と世間話でもして冒頭の彼の店へ〜

私が行けばBEYONDの曲とか許魏の歌(私は許魏の名盤を録音したドラマーとして有名)とか歌ってくれることは多いが、布衣の曲とは・・・!(◎_◎;)

アンダーグラウンドとは言え、全国津々浦々で誰でもすぐに布衣の歌を歌えるって凄いなぁ・・・

舞台上から「僕が奢りますから!!」とは言ってたが、
次の歌手が来て、「僕が奢りますから」とビールを山ほど(>_<)

次の歌手が来て舞台を降りて来て一緒に飲み出したら帰れない(>_<)

こうやって桃源郷の昼は過ぎてゆくのである・・・(笑)

次の日は去年付け毛をしてもらった美容院に行ってみる・・・
美容師さんも犬もネコも覚えていてくれたようだ・・・

いつものように髪の毛の根本の黒いの脱色して付け毛!!

おう、やっぱカラーフォームより派手でええのう・・・

付け毛でドラムソロ!!

そうそう、この一角が全部停電で、ヘタしたら生音でライブかと思ったが、
電源車が来て無事にライブが出来た\(^o^)/

中国はなかなかまともに始まらんことが多いが、始まれば必ずちゃんと(でもないけど)終わるのだ〜!!

同じカテゴリの記事