ファンキー末吉楽曲配信サイト

2019/05/06

布衣2019年春のツアー黒竜江省ハルビン

前回はちょうどツアー中に母が亡くなり、ハルビンへは日本から当日直行で駆け付けたのだが、今回はちゃんと移動日でハルビンには前日に着いたので、珍しく「観光」なるものをしてみようと街へ繰り出した。

元ロシアの彩りが濃い「中央大街」!!

1924年に建設されたと言われる花崗岩で敷き詰められた道に何とウサギが!(◎_◎;)

野良か?・・・んなことはあるまい!!・・・食われないことを願うぞ(笑)

ロシア料理店も多く、以前北京のロシア料理店で食った何やらペースト状のものをパンに塗ってウォッカのツマミにする料理を探したが見つからず(>_<)

一行は諦めてバーストリートとやらに向かった・・・

ロシア風の(行ったことないからわからんが)地下に入ってゆくアンダーグラウンドなバーで生バンドが演奏してたので入って行った・・・

一番前のお姉ちゃん、バンド撮らずにワシを撮ってるやん(笑)
・・・と思ったら隣のテーブルのお兄ちゃんにも写真をねだられる・・・

私は決して「街を歩いてた振り返られる有名人」ではないが、
ここ中国の北の端の街でさえロックを愛する人たちには知られてるんだなとびっくり!(◎_◎;)

そのうちバンドも気づいて、ドラマーが緊張し始める(笑)

いやいや、緊張せんでよろし!!
ちょっと「伝説」が尾ひれが付いて盛られてここにまで伝わってるだけやし〜(笑)

「Funkyさん、ちょっとドラム叩いて行きますか?」
スタッフにそう言われるが、この日はちょっと断った。

バンドもいいバンドだったしプレイも上手かったのだけれども、
基本は中国ロックのコピーバンドで、私がステージに上がって許魏(Xu Wei)の曲なんか叩いたとしても(Funky末吉の名前が伝説化したのは、許魏(Xu Wei)の伝説のライブ映像によるものが大きい)、バンドも客も大喜びするだろうけど、私自身バックバンドみたいでそんなに楽しいセッションでもない気がする・・・

ドラムソロくれたら叩くけどな・・・(笑)

まあJazzなら叩くな・・・などと考えながら、
「昔は必ず叩いてたなぁ・・・」
などと回想した。

中野に
「末吉がセッションとか好きなのは俺がカラオケに行くのと同じだね?」
と言われたのだが、全く違う(笑)

きっと日本にいる時には「自分は腕のいいドラマーなんだ」ということを何とか人に伝えたい!!・・・そんな気持ちが大きかったのだと思う。

つまりは「そのように評価されてなかった」という気持ちが大きかったので、それが自分をセッションに駆り立てていたのだろう。

だからJazzとか高度なセッションの方がありがたい。
ソロとか与えられれば、その場にいる全員がぶったまげるようなことが出来るぞ・・・みたいな「自己顕示欲」が旺盛だったのだろう。

中国に来てからは「正当に評価されてる」と思うので、
そんなにガツガツとセッションに飛び込んでゆく必要もない。

ただ、とてつもなく高度な演奏技術を必要とされるジャンルなら、
世界の中で誰かがそれを叩いているわけだから、
「俺に叩けないわけがない」
とばかり「挑戦欲求」がむくむくと湧いて来るのだが、
酔っ払ってドラム叩いてもろくなことないからなぁ・・・(笑)

まあこの日はバンドのみんなに頼まれてステージで記念撮影して宿に帰った。
素敵なバンドだったし素敵な夜だった・・・

バンドのボーカリストが
「あんたのドラム見たことあるよ」
と言ってたので、どうせ許魏(Xu Wei)のライブ映像だろうと思ってたら
「布衣のライブだよ」
と言った。

そうかぁ・・・去年のライブには彼も来てたのか・・・

私たちバンドは場所は変わっても毎日同じ演奏をしている。
でもこの街、特にこんな北の外れの街に住んでるロックファンは、
この街のライブハウスでだけ私の演奏を聞く。

バンドは「今日はイマイチだったけど明日頑張ろう」とか思うけど、
この街の人達にとってみたら、
「今日のライブは今日だけ」
なのだ・・・

ってなこと思いながらドラムソロ!!

いや〜このライブで一番面白かったのは、
どんなライブでも中国ではよく客が客席にダイブするのだが、
ひとりの巨漢がやっとのことステージに上がって、
「今からダイブするぞ!!みんなよろしくね」
という態度で客席を煽った時の、客の
「やめてくれ〜」
という表情!!(笑)

まあ怪我人もなく無事にライブが終わりました〜

ダイブやモッシュや危険だからやめようね〜(笑)

同じカテゴリの記事